幅広いカスタマーから愛されるパサートならではの魅力

見惚れるほど美しいPassat / Passat Variant

Passat Variant

そんなPassatには4ドアセダンとVariantと呼ばれるステーションワゴンが用意されています。

どちらもゆとりある室内スペースと荷室を持ち、街中からワインディング、ハイウェイまで快適に移動できる、なんとも優等生な実用車として高い評価を受けています。

セダンは全長、全幅、全高が4785×1820×1490mm、ホイールベースは2710mm(いずれもTSI Comfortline)。

実物を眺めるともっと大きく感じますが、それはプロポーションが美しく、すらりと伸びやかだからです。

現行Golfと同様に、Passatはフロントアクスルからフットボードまでの間を共通化したMQBと呼ばれるモジュラー生産方式を採用しており、これまでのモデルと比べるとフロントアクスルの位置がグッと前にあります。

このためFF車とは思えないほど、フロントオーバーハングを切り詰めたスタイルが可能になり、さらにMQBではエンジン搭載位置を低く設計したのでボンネットを低くすることができました。

機能に裏打ちされた“いいもの感”

Passat Variant Interior

横基調のフロントグリルで幅広感を表現するのとあわせてワイド&ローを印象づけた新型Passatは、こうしてスマートなエクステリアを手に入れ実用性と美しさを両立しました。そして、ボディサイドの彫りが深い彫刻的なキャラクターラインをはじめとする精緻なつくり込みが、美貌をさらに際立たせています。

インテリアも然り。シートに収まると、右から左までルーバーが一直線に貫いた意匠に目が留まることでしょう。

全部エアベントのように見えますが、じつは左右両端と時計を挟んで中央の2ヵ所のみで、その間を見事に同じデザインでつないでいるのです。

分割箇所が一瞥しただけではわからないほどの仕上げ。それを量産車として実現するフォルクスワーゲンの技術力には驚きを隠せません。

ただしこのハイクオリティは、華やかさやゴージャスといった趣とは一線を画したものです。

近年のフォルクスワーゲンのデザインテーマは“シンプル&クリーン”。いい意味でスノッブの対極にあるクールなこだわりが、「尋常ではない……」なんて表現したくなるほど素晴らしい品質を生み出しているのです。 

それは内外装から感じ取れるだけでなく、メカニズムや乗り味などクルマのあらゆる部分にも行き渡っているのですが、新型Passatにはそれをとくに強く感じます。

これみよがしの豪華さや強烈な個性で惹きつけるのではなく、機能に裏打ちされた“いいもの感”で魅せるフォルクスワーゲン・Passat。

幅広いカスタマーからクラスレスに受け入れられているのは、そんなところに価値を見いだしているからに違いありません。

この記事をシェアする