ガラス汚れ気になりませんか?米国で1番売れているクリーナーを使ってみました!

今回、Stonerの商品を田宮さんに使っていただきました。

Stoner【呉工業】3月ロケ


横浜在住。現在の愛車はBMW 330i。洗車は、1シーズンに1度程度ということだったが、取材を通じてストーナーの手軽さを知ったことで「これならもうちょっと頻ぱんに洗車ができます」とのことでした。

そんな彼に、メルセデス・ベンツ E350と愛車の330iにStonerを施工して頂きました。

そもそも呉工業ってどんな会社!?

呉工業は、「KURE 5-56」で知られる防錆潤滑剤をはじめ、自動車関連のワックスや洗浄剤、添加剤などを展開するメーカー。

そんな呉工業が日本総輸入販売元として自信を持って展開するのが、プレミアムカーケアブランドのStoner(ストーナー)です。

アメリカではプロから一般ユーザーまで幅広く支持されているプレミアムカーケアブランドStoner(ストーナー)。なかでも全米No.1(※Glass Cleaner 2014 UNIT NPD Market Share Data)のシェアを誇る「インビジブルガラス」は、その代表的な製品のひとつとなっています。

『インビジブルガラス』の使い方は簡単!!

着色やUVカットのフィルムなどが貼られた面を含む、ガラス製の窓やミラーなどに使えるこの製品。

クルマの外側ガラス面を清掃する場合は、噴射口のロックを解除してからガラス面に直接スプレーし、乾いたきれいなウエスで拭き取るだけと、使い方はとても簡単。

汚れがひどい場合は、キズつきを抑止するため、先にガラス面を水洗い。

内窓にも使えちゃいます!

Stoner【呉工業】3月ロケ

室内側のガラス面に使用する場合は、液ダレや飛散で内装などを汚さないよう、ウエスにスプレーしてから拭けばOKです。

使用した田宮さんの感想は!?

本当に視界がクリアになるんです!!

Stoner【呉工業】3月ロケ

使用方法は、一般的なガラスクリーナーと同様ですが、その仕上がりはとても美しいもの。

まず驚かされるのは、その洗浄効果。独自のクリアドライ成分が、油膜や頑固な汚れを除去。おもしろいほど汚れがタオル側に回収されます。

それでいて、拭いた後にギラつきやいわゆる拭きスジがほとんど残らない。

これは、界面活性剤や着色料など、ガラス面に残留する成分が含まれていないことが理由のようです。

同じウエスを使い続けているとウエスが濡れてきて、拭きスジがわずかに残っているように感じることもあったのですが、そんな場合は乾いたウエスを使って拭き上げを行えば、完璧な仕上がりになります。

両面を「インビジブルガラス」で清掃したフロントガラスは、感動してしまうほどの透明感。

気持ちが良いだけでなく、運転時のクリアな視界は安全にもつながるものなので、ドライバーにはとても重要な要素なのです。

ちなみに、撥水効果のある商品もあります。

Stoner【呉工業】3月ロケ

Stonerガラスクリーナーには、この「インビジブルガラス」の秀逸なクリーニング性能に、耐久性に優れた撥水効果をプラスした「クリーン&リペル」もラインナップ。

Stoner【呉工業】3月ロケ


使い方は「インビジブルガラス」と同様なのでとても簡単。

外側にこちらを使えば、雨天走行時は水滴が小さなツブとなって飛ぶように流れます。

※施工前

Stoner【呉工業】3月ロケ


こちらも、拭きムラを感じたときは乾いたウエスを使うよう心掛ければ、手間いらずで超クリアな視界を確保できます。

撥水効果を求めるユーザーには、こちらがお薦めです。

※施工後

「ガラスクリーナーなんて、どれも大差ないのでは?」と思っていたのですが、「インビジブルガラス」と「クリーン&リペル」は、その考えをあらためさせられる製品なのでした。

次回は、Stoner製品のボディ用コートとレザークリーナーをご紹介します。こちらも簡単に施工できて仕上がりも満足なのでお勧めです。お楽しみに!

この記事をシェアする