エスティマ スマートの内装色【ホワイトとベージュの違いを比較】

トヨタ エスティマ 2016

エスティマ プレミアムスマートの内装:ホワイト編

エスティマ(ESTIMA)のアエラス プレミアムスマートのホワイトの内装色は、このようなデザインになっています。

トヨタ エスティマ 2016
トヨタ エスティマ 2016
トヨタ エスティマ 2016

後ほど詳しく紹介させて頂きますが、このホワイトの内装色を選択すると、シートもインパネもホワイトカラーを採用。エスティマ(ESTIMA)の印象とは全く異なるヨーロッパのクルマのようなイメージを持ちました。

また、このホワイトの内装色を選択した時のシートは、このような感じ。

■フロントシート

トヨタ エスティマ 2016

■セカンドシート

トヨタ エスティマ 2016

■サードシート

トヨタ エスティマ 2016

このように各シート全面ホワイトカラーを採用。かなりインパクトがありますよね。

ただ、このようにシートもインパネもホワイトカラーを使用しているため、他のモデルよりも車内が広く感じました。この開放感も今回新発売されたアエラス プレミアムスマートのホワイトの内装色のメリットの一つなのかなと思いました。

ただその一方、私が実際にエスティマ(ESTIMA)を見て気になったのは、他のグレードのモデルよりも汚れや黒ズミが目立つ事。


トヨタ エスティマ 2016

ディーラーさんの話によると、汚れにくいように防汚処理をしているようですが、やはり他のグレードやカラーと比べて汚れは目立ちやすいとの事。

アエラス プレミアムスマートのホワイトの内装色は、スタイリッシュさや開放感はとても良いですが、汚れやすい事はデメリット・欠点なのかなと感じました。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、お客さんの中には、「汚れやすいから。」と言った理由で、このホワイトの内装色を避ける方もいるようですよ。

もし新型エスティマ(ESTIMA)のホワイトの内装色を購入したら、シートの
汚れにいつも以上に気を使う必要があるのかなと感じました。

エスティマ プレミアムスマートの内装:ベージュ編

一方、エスティマのアエラス プレミアムスマートのベージュの内装色は、このようなデザインになっていました。

トヨタ エスティマ 2016
トヨタ エスティマ 2016
トヨタ エスティマ 2016

そしてシートのカラーやデザインは、このようになっています。

■フロントシート

トヨタ エスティマ 2016

■セカンドシート

トヨタ エスティマ 2016

■サードシート

トヨタ エスティマ 2016

シートに採用されているベージュの色が明るいので、ホワイトの内装色のモデルと同様に、「このカラーの車内・室内も明るく開放感のあるデザインになっているのかも!?」と、試乗する前は思っていました。

しかし、実際にこのエスティマのベージュの内装色のモデルを見てみると、インパネやルーフがブラックになっているため、予想以上に落ち着いた感じの内装に…。

トヨタ エスティマ 2016

ルーフやインパネのブラック(黒)とシートのベージュの組み合わせが上品で、ファッション性が高いデザインになっているように感じました。また、黒とベージュの色使いは、オシャレに気を遣う女性に人気がでそうなデザインになっているように感じました。

ちなみに、私の妻は全グレードを通じて、このエスティマ(ESTIMA)のアエラス プレミアムスマートのベージュの内装色が一番好みとのこと。上品さのあるベージュのシートカラーと黒で統一した内装が気に入ったようですよ。

また、私も家族で使用するミニバンとは思えない上品さのあるこのエスティマ(ESTIMA)のベージュの内装色は、とても良いと思いました。

エスティマ プレミアムスマートの内装比較:インパネ編

内装色によってインパネのカラーが異なるエスティマ(ESTIMA)のアエラス プレミアムスマートですが、それぞれこのようなデザインになっていました。

■ホワイトの内装色のインパネ

トヨタ エスティマ 2016

■ベージュの内装色のインパネ

トヨタ エスティマ 2016

そんなエスティマ(ESTIMA)のアエラス プレミアムスマートのインパネは、カラー以外で違いがあるのか気になったので、実際に見て確認をしてみました。

プレミアムスマートのインパネは内装色で違いはある?

エスティマ(ESTIMA)のプレミアムスマートの2つのモデルのインパネですが、シフトレバーやハンドル・ドア内側パネルなど、基本的なデザインに違いはありません。

トヨタ エスティマ 2016

ただ、この2台のモデルの内装色で唯一違う部分が…。それは運転席と助手席側の送風口(サイドレジスター)部分のデザイン。

エスティマ(ESTIMA)のホワイトの内装色の運転席と助手席側の送風口部分は、光沢感を抑えたサテンメッキ調の加飾を採用。

トヨタ エスティマ 2016

ホワイトの内装色とマッチしていて、とても良いデザインだと思いました。

一方、ブラックのインパネを採用したベージュの内装色では、このように送風口部分にピアノブラック調の加飾を採用。


トヨタ エスティマ 2016

送風口の部分のデザインが異なるだけで、ずいぶんとインパネの内装・インテリアの雰囲気が異なりますよね。

わずかな違いですが、このようなこだわりが内装・インテリアの上質感を生み出すのかなと感じました。

トヨタ エスティマ 2016

エスティマ(ESTIMA)の上位モデル”アエラス プレミアムスマート”のホワイトとベージュの内装色は、それぞれこのようになっていました。

実際にこの2台のインテリアを見て、スタイリッシュさ&開放感があったのは、ホワイトの内装色の方。一方、ベージュの内装色は、落ち着いた感じの上品なデザインになっているように感じました。また、予想以上に引き締まった内装になっているように感じました。


この2つのモデルは選択する内装色で、車内の雰囲気が全く異なります。もしエスティマ(ESTIMA)のプレミアムスマートの内装色で悩んでいるのなら、ぜひともご自分の目で確認をしてみてくださいね。

車内の雰囲気の違いを実感できると思いますよ。

画像 試乗レビュー速報
エスティマの影響?新型オデッセイのフルモデルチェンジは2019年か?!
世界初のハイブリッドミニバンはエスティマって知ってました?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives