クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

チタンマフラーの美しい焼き色の付け方とは?

チタンマフラーの美しい焼き色…

クルマのカスタムメニューの定番として、マフラー交換が挙げられます。これには出力の向上、軽量化による走行性能への寄与、といった「性能面」でのポイントもありますが、それ以上に明確に表れる効果として、サウンドや見映えといった「ファッション性」も挙げられます。

素材として、通常のスチールに加え、アルミマフラー、そして今回のテーマ「チタンマフラー」といったものがありますね。チタンマフラーのメリットは、前述の要素の「全てを満たす」事ができるため、非常に人気が高いといえます。

その魅力は軽量であること、サウンドの変化(甲高い音になるといわれています)に加え、あの美しい青いグラデーション、熱に反応した「ヒートグラデーション」にあるといえましょう。

チタンマフラーを美しく「焼く」には?

金属は熱で変色する性質があります。特に放熱性が悪いチタンは色が付きやすい為、結果あのように美しい色に変化するとされています。

よく見られる「青色」は、200度~250度でつくと言われ、それ以上の温度(400度あたり)になると、紫~黒色に変色していくようです。排気による熱、そして部位による温度差によりあの「ヒートグラデーション」が発生すると言えます。エキパイの良く見えるバイクなどでは、その色の具合でオーナーの乗り方がわかるとも言われます。

しかし、なかなかいい焼き色がつかない、というケースも多く、そうした場合には「バーナー」で意図的に焼く事で、色を変化させることも可能とされています。ただ気を付けなければならないのは、この場合「自然な焼け具合」でなくなってしまう事や、均一に熱を入れる事が難しい為、ムラが出来てしまい美しい仕上がりでなくなってしまう事もあります。

また汚れをしっかり落とす等、下地処理をキチンとしておかないと、そうした汚れでムラになる事も懸念されます。

次ページメーカーが行っている電解処理…

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事