最小回転半径5.6m!カムリより小回りが利く和製ハマー「トヨタ メガクルーザー」

トヨタ メガクルーザーとは?

トヨタ メガクルーザー

トヨタ メガクルーザーは、陸上自衛隊に配備される高機動車の民生版として、1996年から2001年に販売されました。

いかにも質実剛健といった趣きのスクエアで無骨な外観、全長5m、全幅全高は2mオーバーの巨大な体躯が醸し出す存在感など、公道で注目を集める異色のSUVです。

メガクルーザーは、開発経緯や外観が米軍が導入した高機動多目的車「ハンヴィー」(民生版はハマー H1)と似通っていることから、和製ハマーとも呼ばれました。

発売当初の価格は962万円で、当時のトヨタ センチュリー(925万円)やホンダ NSX(830万7,000円)と同じく高価格車でした。

1,000万円近いプライスタグが付けられたメガクルーザーですが、もともと自衛隊車両として開発されたため、初期モデルの装備品はマニュアル式クーラーやカセット一体式チューナーなど質素なもの。また6人乗り(2人+4人)の内装は、一部がビニールという割り切った設計です。

つまり車両価格の大半は、メガクルーザー本来の性能に注ぎ込まれているのです。

トヨタ メガクルーザー(前期型)の主要スペック

■ボディスペック
全長×全幅×全高:5,090×2,170×2,075mm
ホイールベース:3,395mm
地上最低高:420mm
最小回転半径:5.6m
車両重量:2,900kg
乗車定員:6名
 
■エンジンスペック
エンジン種類:直噴式直列4気筒OHVインタークーラーターボ
エンジン型式:15B-FT
総排気量:4,104cc
最高出力:155ps/3,200rpm
最大トルク:39.0kgm/1,800rpm
燃料:軽油

■走行メカニズム
変速機:4AT
ステアリング形式(前後):ボールナット式
サスペンション(前後):ダブルウィッシュボーン
ブレーキ(前後):インボード式ベンチレーテッドティスク
タイヤサイズ:37×12.50R17.5-8PRLT

最小回転半径の5.6mは、現行型カムリ(5.9m)よりも小さい値です。これは後輪に逆位相専用の油圧式4WSを装備しているためで。巨体の割りに小回りが利く印象です。

地上最低高は420mmで、ランクル200の225mmの倍近くあります。これは、デフやインボードディスクブレーキを通常よりも高い位置に配置することができるハブリダクション機構付きアクスルを採用することで実現しています。

また、デフでの減速に加えハブ内のギアでも減速されるたえ、急な登り勾配でもクリープ現象で発進できるそうです。

トヨタ メガクルーザーの派生車

トヨタ メガクルーザー

メガクルーザー自体が陸上自衛隊の高機動車の派生車のようなもの。メガクルーザーのバリエーション的な派生車はありません。しかし、メガクルーザーのシャーシを利用した車両はいくつかあります。

6代目トヨタ ダイナに設定されたスーパーダイナはシャーシを短縮して使用していましたし、3代目コースターに設定された4WD車では、メガクルーザーのエンジンとシャーシ(ハブリダクションと副変速機を省略)を利用しています。

トヨタ メガクルーザーを購入するには?

トヨタ メガクルーザー

メガクルーザーは2001年に製造を終了しており、2018年3月現在個人が新車で購入することはできません。その販売台数は、わずか132台。中古市場では、プレミアム性も高く、価格も高値安定で推移しているようです。

ちなみに2018年2月末現在、ネットの中古車検索でヒットしたのは1台のみ。

またマニアに人気の車種だけに、一度手に入れたら手放すユーザーが少なく、割安な中古車を見つけるのは至難のワザかもしれません。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives