クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

【東京オートサロン2018】スポーツからドレスアップまで、ドレスアップ心を満たすWedsホイール

人気のクレンツェシリーズに2つの新製品

【オートサロン2018】 Weds

ウェッズブースの目玉はもちろん、デモカーのLSに履いているKranze(クレンツェ)シリーズの新製品 Weaval(ウィーバル)です。

クレンツェは3ピースホイールブランドのフラッグシップに位置づけられるブランドで、このたびオートサロンでお披露目されたWeavalは太い糸と細い糸をひねりながら編み合わせたようなデザインで、複雑な曲面はまるで手工芸のような美しさ!

さらに、このデザインテイストに大径感と足長感を強調した1ピースモデル『Kranze Weaval 100EVO(ウィーバル 100エボ)』も同時リリースされました。

また同じクレンツェシリーズでは、K-CAR&コンパクトカー向け2ピースモデルもラインナップしており、3  次元デザインをスポーク側面、センター部に取り入れた『Kranze EVITA Klein Form(エヴィータ クラインフォルム)』も新発売され来場者の注目を集めていました。

他シリーズにも続々と新製品を投入

ほかにも、MAVERICK(マーベリック)からは、深めのコンケーブデザインとスポークサイドにリブを設けて天面部をより細く見せ軽快感を演出したストレートスポークモデル『MAVERICK 1010S(マーベリック 1010エス)』。

LEONIS(レオニス)からは、深リム感を演出した『LEONIS GREILA β(グレイラ ベータ)』と、従来同様に足長感を強調しつつ、アンダーカットを施し軽快感も表現した『LEONIS SK(レオニス エスケー)』の2モデルが発表。

またWedsSportからは、AMFモデルの『WedsSport SA-77R』を新発売。スポーツモデルらしいシャープ感とデザイン性が両立された7本のツインスポークが特徴です。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives