一般的なエンジンオイルとレーシングオイルは、なにが違うのか?

エンジンオイルの役割とは?

オイル

まずは、一般的なエンジンオイルの役割を振り返ってみましょう。

エンジンオイルの役割は、1)シリンダー内の潤滑、2)シリンダー内の密閉性保持、3)エンジン冷却、4)スラッジや煤の洗浄、5)防錆作用の5つがあります。

それら5つすべてを満たすようにエンジンオイルにはさまざまな添加剤が加えられています。そのレシピはメーカーごとに異なっており、それがときには○○社のオイルが良い、△△社のオイルを入れたら壊れた、などのような噂につながります。

それだけの機能を一手に引き受けるエンジンオイルですから、多少高価な製品を使用したほうが良いのは想像に難くありません。では、一般のエンジンオイルと高性能の頂点、レーシングオイルの違いとはなんでしょうか?

次ページ一般的なエンジンオイルとレーシングオイルの違いは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives