ポルシェ911、1970年製と2017年製を動画で比較!

ポルシェ 911とは?

911は、356の後継車として1964年にデビューしたモデルです。2シーターで登場したものを後に2+2とした356とは異なり、当初から4人乗車ができるよう設計されていました。

911のボディフォルムは時代が進むにつれて大きく変化していますが、4人乗りのRRクーペであること、フロントに丸型のヘッドランプを備えることなど、基本的なコンセプトはほとんど変わっていません。

では、ポルシェが公式に公開したそれぞれのモデル比較の動画をみてみましょう。

911がデビューしたころ、駆動輪の上にエンジンを配置するRRレイアウトは、トラクション性能を高めることに有利とされ、スペースユティリティ的に見ても利点が多かったことから、スポーツカーのみならず乗用車でも採用例がありました。

しかしコンパクトカーやミニバンでFFが主流になった現在は、スペース効率が悪く、かつエンジン冷却や走行安定性にも問題があるなどの理由で、911以外の乗用車では採用する例は極端に減っています。

そういった点からも911が、かたくなにRRに拘り続けていることがわかるでしょう。

動画に登場する1970年式の911 S 2.2 タルガは、コクピットの上部のルーフが取り外し可能なオープンモデルで、ロールバー形状のBピラーが特徴です。

タルガトップの場合、ルーフはメタルトップなので美しいルーフの形を維持することができます。

サイズとスペックの違い

ポルシェ 911 S タルガ 1967

※画像は1967年製911 S タルガ

ポルシェ カレラS

1970年製と2017年製の911のボディサイズやスペックは、どれくらい異なるのでしょうか?

【1970年製911 S 2.2 タルガ】
エンジン:水平対向6気筒2.2L
最高出力:180ps(133kw)/6,500rpm
最高速度:230km/h
ボディサイズ:全長4,163mm×全幅1,610mm×全高1,320mm(ホイールベース:2,268mm)

【2017年製911カレラS】
エンジン:水平対向6気筒3.0Lツインターボ
最高出力:20kW(420ps)/6,500rpm
最高速度:308km/h
ボディサイズ:全長4,505mm×全幅1,835mm×全高1,295mm(ホイールベース:2,450mm)


モデルコード991と呼ばれる現行型911は、前期モデルまで自然吸気エンジンを採用していましたが、2016年以降の991では、燃費とパワーを両立するためについにターボエンジンに切り替えられました。

一方、1970年の911 Sといえば、当時のレギュラーラインナップではトップの性能を備えたモデルですが、やはり技術の進歩にはかないません。最高出力、最高速度ともに現行モデルが大幅に上回っています。

もうあと50年もすると、現行911に対して”当時はハイスペックだった”と語られる日が来るのかもしれませんね。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事