V10のアウディ R8、V8時代から何が変わったか

新世紀のスーパースポーツとして登場したアウディ R8

アウディ R8 クーペ 2017

アウディ R8がリリースされたのは2006年のこと。近未来的なエクステリアのミドに4.2L V8エンジンを搭載。このエンジンは最高出力420psで、それをアウディ自慢のクアトロシステムで路面に伝えるという、新世紀のスーパースポーツモデルとして鮮烈な印象与えました。当時の日本での販売価格は1,670万円でした。

その後2009年には、上位グレードとなる5.2FSI クワトロを発表。こちらは、最高出力525ps/8,000rpmを発生する高回転型5.2L V10 エンジンを搭載したモデルです。

スーパースポーツでありながら、上品な雰囲気を兼ね備えたさエクステリアが受け、ヒット作となったR8には、2010年に5.2FSIクワトロをベースとしたオープンモデル、スパイダー5.2FSI クワトロも用意されました。

このR8は、初代が2016年まで約2万700台を生産。同年にフルモデルチェンジを受け、第2世代へと進化を遂げています。

アウディのスーパーカー、R8のスペックや中古相場は?
540馬力の新型アウディR8 スパイダー、どう進化した?

V10エンジン仕様はV8を凌駕した!? 新型アウディ R8の実力とは!?

アウディ R8 クーペ 2017

新型となったアウディ R8には前モデル同様、5.2L V10エンジンを搭載しています。ただし、このモデルチェンジにともないV8エンジンが廃止となりました。

さておき、フェラーリやポルシェでさえダウンサイジングターボ化の波に抗うことができない中、R8の自然吸気エンジンは一部のマニアにとって大きな魅力として映るでしょう。高回転型V10エンジンのエキゾーストノートは、ドライビングプレジャーの塊といえる存在です。

最高出力は540psに向上しており、ハイスペック仕様のR8 V10 plusにいたっては、最高出力610psというスペックが奢られています。

また2017年の夏にはオープンモデルのスパイダーR8もラインナップされるようですから、こちらも楽しみな存在です。

■アウディ R8 V10
ボディーサイズ:全長4,426mm×全幅1,940mm×全高1,240mm
エンジン:5.2リッターV10 DOHC 40バルブ
最高出力:397kW(540ps)/7,800 rpm
最大トルク:540Nm(55.1kgm)/6,500 rpm
車重:1,454kg 
駆動方式:4WD
トランスミッション:7段AT

前モデルのエントリーグレードともいえる4.2L V8に比べ、5.2L V10は、出力で120psアップ、またボディも100kgほど軽量化されていることから、運動性能においてすべてのポイントが向上しているといえましょう。多気筒化のメリットといえる高回転化による出力向上が目に見えるカタチで現れているといえます。

この自然吸気エンジンならではのレスポンスの良さを活かすため、低負荷時にエンジンの片バンクを休止させて燃費効率を改善するCOD(シリンダー オン デマンド)、燃焼室と吸気マニフォールドの両方にインジェクターを設け、最適な燃料供給を実現するデュアル・インジェクション、55km/hを越える速度でドライバーがアクセルOFFにしたときに、エンジンとミッションを切り離すコースティングモードなど、燃費性能を改善しています。

また、エンジンユニットを単一化する事による、製造ラインのコスト低減も、メーカーサイドとしては大きなメリットになると言えるでしょう。

いずれにせよ、R8の性格からしてV10エンジンのみとしたのは吉と出そうです。

次ページ運動性能だけでなく、各種装備も進化しているR8

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事