昭和の小型スポーツカー「S8」と「ヨタハチ」、あなたはどちらが好み?

ホンダ「S」の系譜

現在、ヒストリックカー人気が高まっており、その中でもホンダ S800、S600は非常に人気の高いモデルとなっています。1960年代に作られたモデルにも関わらず、8,000rpmで最高出力を発揮する高回転型の直4 DOHC エンジンを搭載しており、二輪車メーカーとしてスタートしたホンダの技術の粋が詰め込まれている特別なモデルといえます。

■ホンダS800 スペック
791cc直4 DOHC エンジン
最高出力70PS/8,000rpm 最大トルク6.7kgm/6,000rpm
最高速度160km/h
車重755kg

■ホンダS600スペック
606cc直4 DOHCエンジン
最高出力57PS/8,500rpm 最大トルク5.2kgm/5,500rpm
最高速度145km/h
車重695kg

いずれも幌のオープン仕様とシューティングブレイク風のクーペが用意されていました。

このS600、S800が現存台数や知名度から知られていますが、このSシリーズの元祖は1962年に発表された当時の軽自動車規格で製作された「S360」となります。製作されたものの市販化はされなかったのですが、このわずか360ccの水冷DOHC4気筒エンジンは、商用トラック「T360」に搭載され、市販されています。

4気筒エンジンは製造コストが高くなってしまう事から、後にN360やホンダZ等に搭載される空冷2気筒エンジンが軽自動車の主流になっていくのですが、このT360も時代の仇花というべきか、面白い存在ではあります。

さて、市販化されなかったS360ですが、1963年にボディサイズを拡大、またエンジンを531ccに拡大させたS500をリリース。こちらは44PS/8,000rpm、4.6kgm/4,500rpmといった数値を絞り出しましたが、翌1964年にホンダS600へと進化した為、S500の生産台数は500台前後といわれています。

S800は1966年にリリース。こうしてみると、毎年のようにホンダはSシリーズを進化させてきたことがわかりますね。ちなみにS800とS600の見分け方ですが、ボンネットにボコッとパワーバルジの膨らみがあるのがS800となりますので、すぐわかるようになっています。実際にはこのバルジに意味はなかったそうなのですが、差別化という意味では成功したといえますね。

次ページ非力というなかれ!空力に拘ったスポーツカー、トヨタ スポーツ800

この記事をシェアする

最新記事