車のシートカバーのオススメ3選!交換に当たっての注意点は?

ラインナップ豊富で純正のような仕上がり

最初にお勧めするのは、Autowearのシートカバー。純正シートのデザインを崩すことないことに加えて、純正オプションのシートカバーのようなフィッティングの良さが特徴です。

シートカバーは、安く作るために、しっかりとした型取りなどをせずに作られているケースも少なからずありますが、同社では専門のデザイナーにより、一台一台きちんと設計されています。

そのため、装着時に変な浮きが発生したり、カバーが入らないということがなく、まさしく純正のようなフィット感を実現します。当然、座り心地も純正シートの良さを損なうことなく、違和感のないものとなっています。

シートカバーの生地は柔らかいものを使っているため、触れる部分の感触も良く、カラーバリエーションやデザインも豊富です。加えてステッチカラーの変更なども可能。ドレスアップの幅が広がる一枚ですね。

次にお勧めするのは素材へのこだわり

次にお勧めするのは、Refinadのシートカバー。こちらのシートカバーは比較的安くで購入でき、本革素材とPVC素材を上手く組み合わせていることが特徴です。

一般的なシートカバーの素材は合成皮革が多く、ひび割れが発生するなど長く使っていく上で不都合が多い面もあります。しかし、本製品では、劣化しやすい背もたれ中央部などに本革を採用。メンテナンスを必要とするものの、高い耐久性を誇ります。

また、ジュースの水分やたばこの火など、ちょっとしたダメージにも強い加工が施されたサイド部分はPVCで構成。コストと機能性を両立しています。

車内を可愛く彩りたい時にオススメ

最後は、車内を可愛く彩りたい時にオススメな、Carcuteのシートカバーです。女性向けという訳ではないですが、主に女性が好む可愛いデザインのシートカバーを多くラインナップ。

シートカバーだけでなくハンドルカバーや車内グッズなども取り揃えており、トータルでのコーディネートも可能です。女性でも手軽に取り付けが可能な構造と、簡単に取り外して洗濯機で洗える素材を使っていることが特徴です。

食べ物をこぼしてしまうようなこと小さなお子様がいる場合などにも最適な一枚と言えます。

シートカバーの注意点

ホンダ シートカバー

シートの保護、ドレスアップという点でも非常に便利なシートカバーですが、注意点もあります。

一つは、サイドエアバッグ。特にサイドエアバッグがシートに装着されているタイプの車種の場合、サイドエアバッグがキチンと動作しない可能性があります。エアバッグがドア側に装備されている車種もありますが、シート側に付いている車種であれば、サイドエアバッグへの対応の有無などについては注意が必要です。仮にシートカバーがサイドエアバッグに対応していても、装着が適切でない場合正常に動作しない可能性がありますので注意しましょう。

また、シートヒーターやベンチレーション機能が付いた車種では、これらの機能が上手く動作しない、動作はしても十分な効果を得られないなどのケースも考えられます。

シートカバーは、手軽なドレスアップとして非常に便利ですが、利用に際しては注意が必要ですね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事