なぜブレーキを踏んだ時に「キーキー」音を立てることがあるのか?その対処法は?

ブレーキが鳴きやすい条件

無題

ノーマル状態のモデルの「国産車」に限って言えば、冬の寒い日の乗り出しで発生しやすい音。乗り始めてすぐの、冷えている状態のブレーキを踏むと、キーキーと鳴くことがあります。もちろん、これは異常ではありません。

ブレーキの鳴きは、ブレーキ動作時の振動が伝わって音が出ます。この音を吸収するために、パッド・ローター・シムが吸音材としての役目を果たして音を小さくします。この吸音は、パッドとローターの柔らかさがポイントです。

どちらも金属でできており、柔らかさとはは遠い素材に感じられますが、ブレーキが動作するとパッド・ローター共に高温となり金属とはいえ弾性を持ちます。この弾性によって音を吸収するようにできているのです。

そのため、冬の寒い日の「乗り出し」で、ブレーキが極度に冷えている状態では硬い金属同士が擦れることになるため、鳴きも大きくなります。ちなみに、いわゆるメタル系のパッドなど、スポーツ走行用に制動力を強化したパッドの場合、温まっても音が出ることがありますが、これはノーマルのパッドに比べて柔らかさがないためです。

どうしたら対策出来るのか?

あまりブレーキの鳴きが酷いときは、「鳴き止め剤」を利用するすることである程度、症状を軽減できます。これは、ブレーキパッドの周囲に吹き付けて使うのですが、金属同士が擦れた時の共鳴を緩和してくれるものです。

また、純正ではないブレーキパッドの中には、ブレーキのコンパウンドを選択できる場合もあります。そういったブレーキパッドへの交換も効果がある可能性はありますが、サードパーティ製のブレーキパッドはどちらかというと制動力向上に重きを置いているため、あまり効果的な対策にはならないかもしれません。

ブレーキパッドが下限に近付いてくると、鳴きが大きくなる事もありますので、冷間時以外でも鳴きが激しいときはパッドの摩耗も確認しましょう。

ブレーキローターの不具合

多くの国産車では、ブレーキパッドとローターの同時交換をするケースは少ないと言えます。GT-Rのようなモデルは別として、ブレーキパッドとローターの交換は別に行われることの方が圧倒的に多いでしょう。

実は、これが鳴きの原因になるケースがあります。一つは、ブレーキローター側にエッジが立ってしまい、本来接触しない部分のパッドとローターが接触しているケース。また、ブレーキローターに古いパッドの研磨剤などが付着したままとなったり、ジャダーと呼ばれる凸凹ができていることが原因となることも。

このようなローターに対して、新品のパッドを交換すると接触面が均一でないことから、冷えていなくても鳴くようになります。対策としては、ブレーキローターの研磨か、或いはローター交換のどちらかが必要です。ブレーキパッド交換と同時に行ったほうが効果が高いので、パッド交換をする前にローターの状態を確認しておきましょう。

加えて、10万キロを超えるような車両の場合は、キャリパーオーバーホールを含めたメンテナンスと、ダストブーツなどの交換で改善がみられるケースもあります。

欧州車のブレーキは鳴きやすい?

欧州車の中でも、ドイツ車。メルセデスとBMWは、特別スポーツモデルでなくてもブレーキの鳴きが激しいと言われています。ブレーキダストも多く、気が付くとホイールが真黒になっていることも。これは、純正でメタル系に近いパッドを使っているために生じる現象です。

また、このパッドを用いることで、ローター削りながら制動力を確保しているためとも言えます。高速域などの高温状態では鳴くことはありませんが、市街地走行の信号待ちなどでは鳴くことがあります。

欧州車のブレーキは、冷却も含めて設計されているケースが多く、キチンと冷却されています。そのため、低速ブレーキングでは鳴くことがあるのです。

鳴きとダストの量は効きとの比例関係にもあります。その為、より鳴きにくいパッドを求めると、制動力もそれなりになる、とも言われています。鳴き止め剤などは、制動力とは別のアプローチで鳴きを軽減することが可能なので、試してみるのも良いでしょう。

エンジンブレーキを上手く使いながら、ブレーキ利用を最小限に抑えると、鳴きもダストも気にならないかもしれませんね。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事