10年前に話題となった神のシフトチェンジ…同乗者を疲れさせない運転とは?

「シフトチェンジの神」と話題となった運転動画

10年前に大きな話題をよんだ車載カメラによる動画です。

ホンダ CR-XらしきMT車を頻繁にシフトチェンジを繰り返してワインディングロードを走らせています。シフトチェンジの頻度はなんと2.6秒に1回!画面で見る限りでは変速ショックなども少なそうです。

そこまで頻繁にする必要はないと思いますが、シフトチェンジがお好きな方なのでしょうね。マツダをはじめ、新車で買えるMT車も少しずつですが増えています。パドルシフトなど、MT車感覚で運転できるAT車やCVT車と、MT車はやはり違いますよね。

同乗者を疲れさせないよう運転とは?

靴底が薄い靴を履きましょう

シフトノブ

MT車をカッコよく乗るための準備として、靴はとても重要です。厚底スニーカーなど、底の厚い靴はペダルの感覚がわかりにくく、また幅が広いとクラッチペダルやブレーキペダルを踏んでいるとき、横のペダルも一緒に踏んでしまう危険性もあります。高価なブランドのドライビングシューズを揃える必要はありませんが、ソールが柔らかくて薄く、ペダルがしっかり踏めて滑りにくいものを選びましょう。

シートポジションをしっかり調整

ペダルをきちんと正しく踏めるよう、シートポジションも重要です。また、MT車は当然ですがAT車に比べると圧倒的にシフトチェンジの回数が多くなります。つまり、ステアリング操作をしながらシフトチェンジをすることも多いので、ステアリングとの距離や角度も意識する必要があります。

上級車になれば通常の4WAYアレンジに加えて、腰回りのサポート調整をするランバーサポートが付いた8WAY、10WAYなどの調整ができるようになっています。取扱説明書を見ながら、ベストな位置に調整しましょう。

変速ショックはなぜ起こる?

MT車はシフトチェンジをした際(とくに5⇨4、3⇨2などシフトダウン)に、エンジンの回転数があがり、グォーンとエンジンが唸り、車がガクンガクンと振動して驚くことが初心者ドライバーにはよくあります。

これがいわゆる変速ショックの代表的な症状です。変速ショックはタイヤの回転と、エンジンの回転があっていないために起こります。

たとえば、走行中にシフトチェンジをするため、アクセルOFF(アクセルペダルから足を離す)にして、クラッチを切る(クラッチペダルを踏む)とします。クラッチを切っているので、エンジンのパワーはタイヤまで伝わりません。アクセルもオフなので当然エンジン回転数はアイドリングレベルまで落ちてしまいます。

しかし、タイヤは平たんな道であれば慣性のままに転がり続けます。この状態でクラッチをつなぐと強いショックが発生します。これが「タイヤとエンジンの回転数があってない」という状態です。

スムーズなシフトチェンジをするには?

変速ショックが少ない、滑らかなシフトチェンジはどうやったらできるのでしょうか。

スポーツ走行をしたいのであればギア比や最大トルク時の回転数、最高馬力の回転数、ファイナルギヤ比も含めてスピードとギヤの関係を知る必要があります。
しかし、まずは変速ショックを無くしたい、というレベルであれば…

1速⇨0~15km/h
2速⇨15~30km/h
3速⇨30~50km/h
4速⇨40~70km/h
5速⇨60~100km/h

でシフトチェンジをし、減速の場合は、これらの速度より10km/h程度遅めでシフトダウンしゆっくりクラッチをつなげばショックはほとんど起こりません。

実践あるのみ

通常の走行であれば走りながらシフトアップ、ダウンをしながら感覚で覚えていくのがベター。

そして同乗者がいる時には、普通はシフトアップする為に車を加速させていくところを、シフトチェンジの瞬間は定速度にしてシフトチェンジすると、変速ショックを少なくでき、同乗者の疲労や不安を軽減することができます。

同乗者は自分で運転していないためシフトチェンジのタイミングがわからず、身構えすることもできません。免許を持っていない、持っていても普段運転しない人ならなおさらです。

いきなり訪れる変速ショックでただ乗っているだけでも疲れる、というのはこういうことです。運転の上手い人はMT車でもAT車でも同乗者の疲れが少ないはず。変速ショックを少なくして上手な運転を心がけましょう。

フィット
ホンダ | フィット
134.8万円
年式:2014年
走行距離:3.6万km
詳細を見る
ヴォクシー
トヨタ | ヴォクシー
213.8万円
年式:2014年
走行距離:1.0万km
詳細を見る
スイフト
スズキ | スイフト
87.8万円
年式:2014年
走行距離:5.5万km
詳細を見る
フォレスター
スバル | フォレスター
181.5万円
年式:2012年
走行距離:2.4万km
詳細を見る
インプレッサスポー...
スバル | インプレッサスポーツ
135.0万円
年式:2011年
走行距離:3.7万km
詳細を見る
N-ONE
ホンダ | N-ONE
144.1万円
年式:2016年
走行距離:0.3万km
詳細を見る
3シリーズ
BMW | 3シリーズ
428.0万円
年式:2016年
走行距離:0.7万km
詳細を見る
ヴェゼル
ホンダ | ヴェゼル
215.8万円
年式:2014年
走行距離:4.1万km
詳細を見る
N-BOX
ホンダ | N-BOX
118.5万円
年式:2013年
走行距離:1.7万km
詳細を見る
N-BOX
ホンダ | N-BOX
129.8万円
年式:2012年
走行距離:2.8万km
詳細を見る
ステップワゴン
ホンダ | ステップワゴン
109.8万円
年式:2011年
走行距離:7.0万km
詳細を見る
デリカトラック
三菱 | デリカトラック
89.0万円
年式:2009年
走行距離:4.0万km
詳細を見る
フリード
ホンダ | フリード
211.6万円
年式:2017年
走行距離:2km
詳細を見る
アルトラパン
スズキ | アルトラパン
92.8万円
年式:2017年
走行距離:5km
詳細を見る
エブリイワゴン
スズキ | エブリイワゴン
139.9万円
年式:2017年
走行距離:4km
詳細を見る
ジムニー
スズキ | ジムニー
149.9万円
年式:2017年
走行距離:4km
詳細を見る
ジムニー
スズキ | ジムニー
151.9万円
年式:2017年
走行距離:4km
詳細を見る
スペーシア
スズキ | スペーシア
157.0万円
年式:2017年
走行距離:5km
詳細を見る
タント
ダイハツ | タント
162.0万円
年式:2017年
走行距離:3km
詳細を見る
ウェイク
ダイハツ | ウェイク
171.0万円
年式:2017年
走行距離:6km
詳細を見る
ソリオ
スズキ | ソリオ
178.7万円
年式:2017年
走行距離:9km
詳細を見る
シエンタ
トヨタ | シエンタ
209.0万円
年式:2017年
走行距離:4km
詳細を見る
ヴォクシー
トヨタ | ヴォクシー
267.4万円
年式:2017年
走行距離:9km
詳細を見る
セレナ
日産 | セレナ
280.0万円
年式:2017年
走行距離:7km
詳細を見る
C-HR
トヨタ | C-HR
298.0万円
年式:2017年
走行距離:3km
詳細を見る
ハリアー
トヨタ | ハリアー
310.0万円
年式:2017年
走行距離:9km
詳細を見る
ミライース
ダイハツ | ミライース
79.8万円
年式:2016年
走行距離:5km
詳細を見る
ミライース
ダイハツ | ミライース
79.8万円
年式:2016年
走行距離:4km
詳細を見る
キャリイ
スズキ | キャリイ
83.8万円
年式:2016年
走行距離:0.1万km
詳細を見る
eKワゴン
三菱 | eKワゴン
84.9万円
年式:2016年
走行距離:3km
詳細を見る
ハイゼットカーゴ
ダイハツ | ハイゼットカーゴ
89.8万円
年式:2016年
走行距離:4km
詳細を見る
ハイゼットカーゴ
ダイハツ | ハイゼットカーゴ
95.0万円
年式:2016年
走行距離:4km
詳細を見る
エブリイ
スズキ | エブリイ
99.8万円
年式:2016年
走行距離:5km
詳細を見る
エブリイ
スズキ | エブリイ
119.8万円
年式:2016年
走行距離:5km
詳細を見る
デイズ
日産 | デイズ
128.0万円
年式:2016年
走行距離:15km
詳細を見る
ノート
日産 | ノート
127.8万円
年式:2016年
走行距離:14km
詳細を見る
ノート
日産 | ノート
144.0万円
年式:2016年
走行距離:12km
詳細を見る
タント
ダイハツ | タント
156.0万円
年式:2016年
走行距離:10km
詳細を見る
タント
ダイハツ | タント
152.8万円
年式:2016年
走行距離:3km
詳細を見る
デイズルークス
日産 | デイズルークス
167.9万円
年式:2016年
走行距離:16km
詳細を見る

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事