2016年完成?ポルシェデザインのタワーマンションが豪華すぎる!

ポルシェデザインの超豪華タワーマンション

「ポルシェデザイン・グループ」、皆さんはご存知でしょうか?

2003年11月に「ポルシェデザイン」「Design by F.A.Porsche」「ポルシェセレクション」という3つのブランドを個別に展開していた複数の会社を統合、ポルシェの子会社として設立され、腕時計、バッグ、ステーショナリー、アパレルなど様々な製品を販売しています。その「ポルシェデザイン」がフロリダのマイアミビーチに2016年に完成予定の豪華タワーマンションのデザインも手掛けるというのです。

今回はその豪華タワーマンションをご紹介。その豪華な内容に驚愕間違いなしです!

「ポルシェ デザイン タワー タワーマイアミ P’0001」

それでは、早速概要をご紹介します。ポルシェデザイン・グループが手掛ける豪華タワーマンションの名は、「ポルシェ デザイン タワー タワーマイアミ P’0001」。60階建ての建物に132ユニットを持つタワーマンションです。

そして、車好きな皆さんにとっての一番興味深いポイントが、愛車で部屋まで行ける事!このタワーマンション、なんと車専用のエレベーターが完備されており、高層階の部屋にも車で移動できるのです。

60階建ての高層マンションなのに部屋まで車で行けるとか、もう破天荒すぎて私のような凡人にはとても考え付きません。しかし、実際形にして見せられると車好きにとってはたまらなく魅力的ですね。天候に関わらず部屋の前で乗り降り可能、しかも愛車をいつでも眺められて、保管状態も文句なし。まさに車好きには夢のような話です。

さらにこのマンション、ユニット毎の設備はもちろん豪華なのですが、共用スペースの設備も驚愕の豪華さです。サンライズ、サンセットが眺められるプールやレストラン、カフェ、スパやサウナ、ジムなどリゾートホテル顔負けの設備をはじめ、24時間対応のカーコンシェルジュ、各種コンシェルジュサービスなども提供します。

気になるお値段や各ユニットの内容は?

さて、こんなに豪華なポルシェ デザイン タワーですが、お部屋の広さやお値段はどのようになっているのでしょうか?
まず、ユニットの種類ですが、大きく6タイプになるようです。それぞれのユニットタイプには「P'0395」、「P’0880」「P’1571」などの名称がつけられ、「P’0395」が最も廉価で「P’1571」がペントハウスで最上級の部屋となります。各ユニットの概要は下記のとおりです。メイドさんもいます。

「P’0395」
2階層、ベッドルーム×3、浴室×3、小浴室×1
ガレージ50平米、395平米

「P’0441」
1階層、ベッドルーム×3、浴室×3、小浴室×1
プール、ガレージ47平米、合計441平米

「P’0481」
1階層、ベッドルーム×3、浴室×3、小浴室×1
プール、ガレージ53平米、合計481平米

「P’0550」
1階層、ベッドルーム×3、浴室×3、小浴室×1
プール、ガレージ53平米、合計550平米

「P’0880」
2階層、ベッドルーム×3、浴室×3、小浴室×1
プール、ガレージ105平米、合計880平米

「P’1571」
4階層、ベッドルーム×4、浴室×6、小浴室×1
プール、屋上テラス、ガレージ105平米、合計1571平米


一番小さいユニットでも屋内でガレージが50平米とか、もう驚きです。ペントハウスに至っては1ユニットで4階層、しかも、ガレージだけでちょっとした戸建並の105平米!贅沢にもほどがあります。

さて、それでは気になるお値段ですが、$480万ドルから$3,250万ドルだそうです。1ドル120円として日本円に換算すると、約6億円から39億円ですね。6億円物件は日本でも東京あたりの高層マンションでありそうですが、39億円とかになるとさすがにスケールが違います。

それでは最後に、公式のイメージ動画をご覧ください。



しかし、世の中には凡人には想像もつかないお金持ちがいるものですね。投機目的での購入も多いようですが、とりあえず現時点でほとんどのユニットが予約済のようです。
筆者もこんなレベルは夢のまた夢としても、憧れの車の1台くらいは手にしていたいと思います。

この記事をシェアする

関連する記事

    最新記事