インプレッサは安い?ホントかウソか徹底比較

インプレッサとは

スバル インプレッサ

インプレッサとは、スバルブランドを展開する富士重工業が生産・販売している乗用車です。

車名は「紋章」「金言」などの意味を表す英語「IMPRESA」に由来しており、日本では「インプ」の愛称で親しまれています。2013年には販売台数クラスNo.1にも輝いた、多くのドライバーに支持されているクルマといえます。

なぜ人気なのか

インプレッサが支持される理由はいくつかあります。

スバルこだわりのエンジンや、4WDシステム、運転支援システム、そして外観・内装の美しさなど、どれもが一流。ドライバーに支持されるのも当然です。

そんな中、「安さ」が魅力の一つ、という声も。”インプレッサ”とは本当なのでしょうか。

本当に安いのか

では実際にインプレッサに近いモデルの車種との価格の比較をしてみます。

スバル・インプレッサスポーツ 約159万円~
マツダ・アクセラスポーツ 約171万円~
トヨタ・カローラフィールダー 約151万円~
ホンダ・フィットシャトル 約164万円~
三菱・ランサーエボリューションX 約390万円~

確かに、車体価格で見ると、少し安めですが価格帯は大体同じのようですね。

ここにまた維持費等もかかっては来ますが、インプレッサ自体は燃費は特別良いわけではないので維持費はそれなりにかかることになりそうです。ということで、実際に価格で比較してみると他のクルマと大差は無いと思われます。

「安い」の真意

ここまで見てみると、インプレッサは、経済的に他のクルマよりも特別秀でているわけではなさそうです。

しかし、インプレッサが安いと言われている真意は、価格を比較してみる「相対的な」安さではなく、持ち合わせている性能や仕様から見た時の「絶対的な」安さ、つまり「コスパがいい」ということなのではないでしょうか。

そして、だからこそインプレッサは多くのドライバーから支持を得ているのだと思われます。

ということでインプレッサ、まだまだ支持は伸びそうですね。とはいえ乗ってみなければコスパの良し悪しもわかりません。

一度実際に乗って体感してみる価値ありそうです!

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事