誕生から28年!いまもなお愛される初代NSX

モータースポーツから市販車へ

ホンダ NSX 初代

1980年代、日本のモータリゼーション黎明期に4輪に参入したホンダは、性能や品質という点ではすでに世界トップレベルに近づいていました。しかし、自動車の持つ官能要素やスポーツ性能を訴える、いわゆるスーパーカーのような車両は存在せず、欧米勢に太刀打ちできていませんでした。

そこでF1を筆頭とするモータースポーツでの活躍を武器に、さらなるブランドイメージの向上をかけて、莫大な資金を投じて”最高のスポーツカー”開発に挑みます。

開発にあたっては、世界に君臨する高性能な車たち、特にフェラーリを意識していたのは有名な話です。そんなライバルを越えることが目標になっていました。

革新的ボディ構成とエンジン

NSX 初代 オールアルミ

スポーツカーの性能は乱暴に言ってしまえば、「走る」「曲がる」「止まる」しかありません。これを極めるのが大変なわけですが、そのための大きな武器となったのがNSX最大の特徴とも言えるオールアルミのモノコックボディです。

市販車としては、当時、世界でも類を見ない革新的な構造で、車体の軽量化と高剛性の両立を可能としました。量産にあたっては、それまで使用されていた鋼板やプラスチックと違い、成型や溶接方法など製造には高い技術力が必要でした。また手作業のプロセスが多いなど、課題も多発したと言います。

走行試験に選んだステージのひとつは、現在でも世界中の自動車メーカーが使用するドイツのニュルブルクリンク。荒れた路面を持つ世界的にも過酷なコースとして有名です。サーキット近くに専用の工場を建設してテストを繰り返すことで、ボディ剛性やスタビリティなどを煮詰めていきます。

ホンダ NSX 初代 エンジン

軽量なボディに搭載されるエンジンは、3.0リッターV型6気筒のVTEC(のちに3.2Lに拡大)。NAながら当時の自主規制値いっぱいの280psを達成しています。

初代NSXのC30Aエンジンのカタログスペックを見てみると、最高出力280ps/7,300rpm、最大トルク30.0kgm/5,400rpm。自然吸気エンジンらしい高回転です。

低回転時と高回転時の吸気効率を最適化するホンダ自慢の可変バルブタイミング機構VTECは、その特徴的な吸気音が他メーカーのスポーツカーに無い官能要素になっています。

NSX開発のきっかけとなった”ミドシップレイアウト車両の研究”にのっとり、車体の中心に近い場所にエンジンを搭載し後輪を駆動する方式を採用しています。このミドシップレイアウトは、ハンドリング性能を求めるにはもっとも優れています。

レイアウトデザインの意味

ホンダ NSX 初代 レイアウト

NSXのパッケージを仔細に眺めると、コクピットの後部に搭載されたV6エンジンは横置きで限られた空間に収められ、さらにエンジンルーム内の補器類は排気系からの熱害を和らげるように配置し、構成部品の寿命までも考慮されていることがよくわかります。

また無理のない着座姿勢の運転席は、既存のスポーツカーが「車が主役で存在している」のに対して、ドライバーに無理強いをしない扱い易さにも重点を置いていたことがわかります。

このようなポイントは、硬派、軟派という話ではなく、ホンダが自社のブランドイメージを謙虚にとらえ、かつ世界に通用する価値観を創出するため、深く思慮していことが垣間見えます。

次ページ現在もなお愛され続ける初代NSX

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives