125ccで115万円の理由 ~Vespa 946

125ccで115万円の理由 ~Vespa 946

アヘッド Vespa 946

車名の〝946〟は、ベスパの量産第一号車「ベスパ98」が発表された1946年にちなんだもの。そして、そのスタイリングは、さらに前身の試作車「MP6」をモチーフにしているという。

だからと言って、単に歴史的なイメージに115万円というプライスタグがぶら下げられているわけではない。

まず、足回りにはABSの他、このクラスでは世界初となるトラクションコントロールシステム〝ASR(=アンチ・スリップ・レギュレーション)〟を装備。また、灯火類には被視認性のための高照度LEDを採用するなど、極めて現代的な手法で安全性が高められている。

一方、昔からベスパを知っているユーザーなら、その手触りに安心感を覚えるに違いない。ボディパネルの多くはプレスされたスチールであり、それらがフレームも兼ねるモノコック構造を継承。スクーターにこれを採用しているのはベスパだけのアイデンティティだからだ。

しかも、基本構造は「98」や「MP6」の時代から変わっておらず、もっと言えばスクーターの生産以前に手掛けていた鉄道や航空機の設計技術がそっくりそのまま転用されたものでもある。

アヘッド Vespa 946

驚くべきはその生産方法で、工場内に専用ラインが設けられ、少数の職人が一台一台、ハンドメイドで組み上げている。その作業には、ハンドルグリップのステッチ縫製からボディの溶接、最後のポリッシュ仕上げまで、あらゆる工程が含まれているのだ。

「先進と伝統」。その混在が「946」というスクーターであり、先進を新技術の開発費へ、伝統を効率的とは言えない人件費へ置き換えてみれば、おのずとその車体価格には納得させられる。

とはいえ、それが不恰好なものであれば、誰もお金など出しはしない。何より「946」が素晴らしいのは、そのスタイリングの出自が歴史上のモデルだという主張に、誰もが納得する一貫性を備えていることだろう。あるいは、それを知らなくとも、明らかに「他とは違う」という印象を抱かせている点にある。

かつての名前やデザインを復刻させるという手法自体は珍しくないが、その名に重みがあればあるほど、リスクは大きい。失敗すれば、世界中の顧客の非難にさらされ、ブランドイメージは失墜するからだ。しかし、ベスパはそれを恐れず、まず流麗さで抜きん出てみせ、そこにヒストリーと希少性を加えて、人々の心を掴んでみせたのだ。

日本への割り当て台数は、正規輸入で僅か20台となる。今後、ベスパの新たなアイコンとしてその名が刻まれるのは間違いないだろう。

アヘッド Vespa 946

●Vespa946
価格:¥1,150,000
総排気量:124cc
最高出力:11.6ps(8.5kW)/8,750rpm
最大トルク:9.6Nm/7,750rpm

問い合わせ先:ピアッジオコール
TEL:050(3786)2635

------------------------------------------
text : 伊丹孝裕/Takahiro Itami
1971年生まれ。二輪専門誌『クラブマン』の編集長を務めた後にフリーランスのモーターサイクルジャーナリストへ転向。レーシングライダーとしても活動し、これまでマン島TTやパイクスピーク、鈴鹿八耐を始めとする国内外のレースに参戦してきた。国際A級ライダー。

アヘッド ロゴ

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives