オンナにとってクルマとは Vol.57 ベビーカー・オン・ザ・ロード

Vol.57 ベビーカー・オン・ザ・ロード

これでも購入時には、販売店に用意されていた7㎏の重りを赤ちゃんに見立てて乗せ、たくさんのベビーカーを試走(?)した。

安定感のあるものから、小回り性の高いもの、なめらかな押し心地のものと、それぞれの感触がけっこうちがう。車輪が太く大きいものは、やっぱりグイグイ進む感じで頼もしかったのだけど、子供を片腕に抱きながら、片手でクルマのラゲッジに積むことを考えると、重量がシビアな問題だ。

悩みに悩んだ末に、5.4kgと超軽量ながら、4つの車輪が自由に動く「オート四輪」というのに惹かれて日本製のベビーカーに決めたのだった。

ところが。初めて家から出て、近所のお散歩で使ってみると、ぜんぜん思うように押せなくて焦った。よくよく考えてみれば、試走した販売店の床はフラット。

でも近所の歩道ときたら、無数の段差や継ぎ目、ゴツゴツとした砂利や意味不明のひび割れ、いい加減な工事をしたのかコンクリートの凹凸と、トラップの連続だ。

おまけに、歩道が途中でなくなってしまったり電柱で塞がれていたり、やむなく車道にはみ出るしかないところもたくさんある。すぐ脇を、ビュンビュンと通っていくクルマたちに恐怖を感じ、小さな命を守って無事に家に戻れるのか、冷や汗をかきながらのお散歩になってしまった。

世の中の子育て世代は、こんなにも大変な思いをしていたのか。ひとりで普通に歩いていた頃にはわからなかった恐怖、不便さへの憤りが今さらながら込み上げてきた。

交通社会とは、最も弱い存在を守りながら発展していかなければならないのに、それが置き去りにされているから、近年はクルマに乗車中の交通事故よりも、歩行中の交通事故が増えているのではないだろうか。

子育て世代に、子育てをしやすい街の条件を聞いてみると、1位は公園や自然が多いところ、2位は大きなショッピング施設があるところ、なのだという。

私は、子供の交通事故が少ないこと、というのを真っ先に挙げたくなった。都道府県の交通事故件数ランキングだけでなく、子供の事故率が低い街ランキングも、ぜひ調査して欲しいものである。

----------------------------------------
まるも亜希子/Akiko Marumo
エンスー系自動車雑誌『Tipo』の編集者を経て、カーライフジャーナリストとして独立。ファミリーや女性に対するクルマの魅力解説には定評があり、雑誌やWeb、トークショーなど幅広い分野で活躍中。国際ラリーや国内耐久レースなどモータースポーツにも参戦している。

アヘッド ロゴ

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives