ダイハツ キャストの内装レビュー1|アクティバのインパネはシンプル!?

キャストアクティバ画像0016

2015年9月9日に発売されたダイハツの新型キャスト(CAST)。

発売前から注目を集めていたキャスト(CAST)が、
遂に先日、発売されました。

私も発売日にこのクルマを見てきたのですが、思ったよりも良い感じ!

思ったよりも丸っこいデザインで、タフロードやオフロードよりも
街中を運転するのにピッタリのSUVタイプの軽自動車なのかなと思いました。

そんなキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の内装・インテリアの写真・画像を
撮りながら、スミズミまで確認してきたので、紹介したいと思います。

※2015年9月11日の記事です。

グローブボックス

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)のオープントレイの下には、
グローブボックスを装備。

このグローブボックスを開けてみると、このような感じです。

深さは十分なんですが、思ったよりも奥行きが無い・・・。

このサイズの車としては標準的なサイズなのですが、
車検証を入れると、おそらく殆ど他の荷物は積む事は、難しそうです。

また、これ以外にも助手席の下に、替えのクツなどを置ける
アンダーボックスが装備されていました。
(写真を撮り忘れました・・・)

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の助手席側の収納スペースは思ったより多く
個人的には満足できるレベルだと思いました。

助手席側のドリンクホルダー

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の運転席側のドリンクホルダーは、
備え付けタイプのドリンクホルダーが装備されていましたが、
助手席側のドリンクホルダーは、プッシュ式(折りたたみ式)になっていました。

実際にプッシュをして、使用状態にしてみるとこのような感じ。

ワンプッシュで開閉できるので、とても便利だと思いました。

また、格納時は助手席のインパネがスッキリとしていますよね。
見た目もスッキリとしていて良いと思いました。

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)のインパネ・内装は、競合車・ライバル車の
ハスラーに比べて、見た目が少しシンプルなのが残念でした。

しかし、実際に機能性・使い勝手に関しては、競合車のハスラー(Hustler)よりも
こちらの方が圧倒的に良いように感じました。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ
商品詳細