ハスラーのインパネ|全4種類のパネルカラーを画像で比較

ハスラー画像0007

SUVテイストの軽自動車ハスラー(Hustler)は、街乗りにも
アクティブレジャーにもピッタリのクルマという事で、大ヒットしていますね。

このクルマの特徴と言えば、エクステリア・見た目だけではなく、
内装・インテリアもカラフルでオシャレなこと。

そして、ハスラー(Hustler)はボディカラーにあわせて全4色の内装・
インパネデザインを用意しています。

そんなハスラー(Hustler)のインパネのデザイン&カラーを紹介していきます。

※2015年102月9日の記事です。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ

特別仕様車のインパネカラー その1:レッド

ハスラー(Hustler)の特別仕様車フェニックスレッドパール×ホワイトに
採用されているレッドのインパネはこのようになっています。

かなりハデですよね。

個人的には全4種類あるハスラー(Hustler)のインパネの中で一番明るい
インパネのカラーだと思いました。

ただ、ここまで明るい感じのインパネカラーは少ないので、
ハデなクルマが好きな人にはおススメなのかなと思いました。

ちなみに、フェニックスレッドパール×ホワイトのモデルを購入すると、
ドアの内側の部分もこのようにレッドになります。

また、標準モデルのフェニックスレッドパール×ブラックでは、
このように赤いインパネにならないので、ご注意を・・・。

特別仕様車のインパネカラー その2:カーキ

こちらは、深いグリーンが特徴のカーキ色のインパネデザイン。

また、ドアの内側パネルにもこのようなカラーになっています。

渋いカラーで男性に人気がありそうなカラーですよね。

このカーキ色のインパネは、ハスラーの特別仕様車”J-STYLE(Jスタイル)”の
クールカーキパールメタリック×ホワイトの2トーンカラーに採用されています。

ちなみにディーラーさんに話を聞いても、このカーキのインパネは
お客さんから好評でかなり人気が高いカラーになっているそうです。

私もハスラー(Hustler)の様々なインパネや内装を見ましたが、
このカーキ色が一番お気に入りです。

ハデ過ぎず、地味すぎずとても良いカラーだと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
特別仕様車のインパネカラー その3:ホワイト
商品詳細