ハスラーの外装の画像レビュー|マイチェンモデルを徹底チェック!

ハスラー画像0084

2015年12月にスズキから発売された軽SUVのハスラー(Hustler)が
マイナーチェンジを行いましたね。

今回特別仕様車も大幅に新しくなりJスタイル2が発売された事が
注目されていますが、標準モデルも新色が追加されるなど大幅に進化。

そんなハスラー(Hustler)の標準モデルを先日見に行ってきたので、
外装・エクステリアについて徹底的にレビューしていきます。

※2016年1月3日の記事です。

Chapter
外装レビュー1:正面から
フロントグリルに違いはある?
ヘッドライトにちょっとガッカリ・・・
バンパーはシルバーをそのまま採用
外装レビュー2:横から
ホイールのカラーにビックリ
外装レビュー2:後ろから

外装レビュー1:正面から

今回マイナーチェンジをしたハスラー(Hustler)の標準モデルを正面からみると
このような感じ。

今回私が見たモデルは新色のアクティブイエロー×ブラックの2トーンカラー。
そしてグレードは、中間グレードのGグレードになっていました。

この私が確認することができたハスラー(Hustler)のアクティブイエローですが、
思ったよりもソリッドな感じのカラー。

今トレンドの少しくすんだ感じのイエローになっており、ハデさを抑えた
感じが良いと思いました。

フロントグリルに違いはある?

ハスラー(Hustler)の標準モデルのフロントグリルはこのような感じ。

マイナーチェンジ前とかわらずメッシュ状のデザインになっています。

また、スズキの”S”エンブレムは装備されていますが、
特別仕様車に装備されているハスラーエンブレムの装備は無し。

なので、特別仕様車のJスタイル2の見た目や外装に見慣れてしまうと、
少しシンプルに感じてしまうかもしれません。
(実際に私はそうでした・・・)

ただ、ハスラーエンブレムはオプションで装備すう事できるので、
もしフロントマスクにインパクトが欲しければ、エンブレムを購入するもの
良いかもしれませんね。

<次のページに続く>
次ページ
ヘッドライトにちょっとガッカリ・・・

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ