荷室サイズをディーラーに聞いてみた|スペーシア 荷室画像レビュー2

新型スペーシア0026

ターボ車にもSエネチャージを搭載した事で注目を集めている
スズキのスーパーハイト系ワゴンのスペーシア(SPACIA)。

このスペーシア(SPACIA)はSエネチャージが登載されてた事ばかりが
注目を集めていますが、荷室・ラゲッジスペースのアレンジの豊富さも
このクルマの良いところ。

このように助手席までフルフラットに出来るのは、スペーシア(SPACIA)
だけの特徴です。

また、荷室・ラゲッジスペースのサイズも競合車のN-BOXやタントに
勝るとも劣らない広さになっています。

そんなスペーシア(SPACIA)の荷室・ラゲッジスペースのサイズを
ディーラーさんに教えてもらいました。

※2015年10月17日の記事です。

Chapter
スペーシアの荷室・ラゲッジスペースのサイズ
その1:開口部のサイズ
その2:後部座席を使用時の荷室サイズ
その3:後部座席を格納時の荷室サイズ

スペーシアの荷室・ラゲッジスペースのサイズ

その1:開口部のサイズ

スペーシア(SPACIA)をリアから見るとこのようなデザインになっています。

また、ラゲッジゲートを開けるとこのようなデザインになっています。

荷室開口部の下端部が狭くなっているのが少し気になりますが、
背の高いクルマだけあって荷物はたくさん積めそうですよね。

この時の荷室・ラゲッジゲートの開口部は、このようなサイズになっています。

■スペーシア(SPACIA)の荷室開口部のサイズ
荷室開口幅(※最大値):
1,130mm
荷室開口高:
1,110mm
荷室開口部の最低地上高:
535mm

スペーシア(SPACIA)の荷室・ラゲッジスペースを見て特に良いと思ったのは、
地上から荷室の床までの高さ。

残念ながら競合車のホンダのN-BOXには若干及ばなかったものの
荷室・ラゲッジスペースの床が低い。

なので、重たい荷物を積む時などはとても便利なだなと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
その2:後部座席を使用時の荷室サイズ

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ