スズキのイグニスを実際に見て気が付いた2つの不満

スズキイグニス画像0002

2016年2月18日にスズキから小型クロスオーバー車の新型イグニス(IGNIS)が
新発売されますね。

今回新発売される新型イグニス(IGNIS)はもうすでに東京モーターショー2015や
東京オートサロンなどで出展されており、注目を集めていました。

私も実際に東京モーターショーなどでこの新型モデルをいち早く
確認する事ができたのですが、ハスラーのようなポップ見た目や内装に大満足。

また、1.2リットルサイズの普通乗用車では珍しい後部座席の
スライド機能など便利で使い勝手の良い機能も盛りだくさんで見た瞬間に
このクルマは売れるだろうな~っと思いました。

ただ、新型イグニス(IGNIS)にはこれって軽自動車っぽいな~っという不満・欠点も・・・。

実際にこの新型モデルを見て気になった新型イグニス(IGNIS)の
不満・欠点を紹介したいと思います。

※2016年2月16日の記事です。

不満2:新型イグニスのガソリンタンク容量

また、新型イグニス(IGNIS)を実際に見て、また、頂いたカタログを見て
気になったのは、ガソリンタンク容量。

カタログに記載されているこの新型モデルのガソリンタンク容量は、
このようになっています。

■新型イグニスのガソリンタンク容量
2WD:32リットル
4WD:30リットル

ちなみに、新型イグニス(IGNIS)に近いカテゴリーのガソリンタンク容量は、
このようになっています。

■競合車・ライバル車のガソリンタンク容量
トヨタ パッソ  :40リットル
トヨタ ヴィッツ:42リットル
ニッサン マーチ:41リットル
スズキ スイフト:42リットル

今回発売される新型イグニス(IGNIS)以外はすべて40リットル台。。。

個人的にはまさかパッソよりもガソリンタンク容量が小さいとは・・・
と、思ってしまいました。

新型イグニス(IGNIS)はマイルドハイブリッドシステムを搭載しており、
燃費は比較的良いクルマですが、ガソリンタンク容量が小さいと
給油に行く回数が増えて面倒なんですよね。

これも燃費を重視した結果だと思いますが、軽自動車なみの
ガソリンタンク容量は、ちょっと不満が残りました。

新型イグニス(IGNIS)は使い勝手が良い小型クロスオーバーという事で
個人的にはかなり期待しているクルマです。

しかし、軽自動車のような薄いボディの板金やガソリンタンク容量は
少し不満に感じてしまいました。

特にボディ剛性はクルマの安全面にも関わります。
もし新型イグニス(IGNIS)の購入を考えている方は、ディーラーさんに
ご質問するなどしっかりと確認した方が良いのかなと思いました。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ