8人乗りソファーシート画像レビュー。エスティマの2列目シート

トヨタ エスティマ 2016

流線型のデザインで人気のトヨタの人気ミニバンのエスティマがビッグマイナーチェンジをして、新発売されましたね。今回も先代モデルと同様に2列目シートが独立したキャプテンシートになっている7人乗りとソファーシートになっている8人乗りを用意。先代モデルと同様にエスティマ(ESTIMA)でも独立キャプテンシートになっている7人乗りの方が相変わらず人気が高いようですが、実際に見てみると8人乗りの2列目ソファーシートも使い勝手が良さそうに感じました。ただその一方、欠点・デメリットもありましたが・・・。そんなエスティマ(ESTIMA)の8人乗り用の2列目ソファーシートの様子やメリット・デメリットを詳しく紹介したいと思います。

2016/8/2

エスティマ 8人乗りソファーシートのメリット

このように子供が多いご家庭には助かりそうなエスティマ(ESTIMA)の8人乗りの2列目ソファーシートですが、7人乗りとは異なるメリットが…。私が実際にビッグマイナーチェンジをしてエスティマの8人乗り2列目シートを確認して気付いたメリットを紹介したいと思います。


メリット1:格納時の荷室・ラゲッジスペースの広さ

エスティマの8人乗りのメリットの一つが、シート格納すると7人乗りよりも荷室・ラゲッジスペースが広くなる事。この8人乗りのソファーシートは先代モデルと同様に2列目シートの座面を跳ね上げるチップアップ機能が装備されています。この8人乗りの座面をチップアップして、前方にスライドすると、2列目シートは、このような状態になります。

そして、この状態での荷室・ラゲッジスペースは、このような感じ。

一方、こちらは7人乗りの2列目シートを一番前までスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの様子。

エスティマ(ESTIMA)の7人乗り・8人乗りどちらのモデルも荷室・ラゲッジスペースの奥行きは十分に広くなっており、画像からでは違いが分かりづらくなっていますが、奥行きの広さは8人乗りの方が明らかに上。実際にディーラーさんに2列目シートを前方にスライドした状態での
荷室・ラゲッジスペースの奥行きの違いを確認してみたところ、8人乗りの方が約200mmほど長くなっているようです。20cmって意外と差がありますよね^^荷室・ラゲッジスペースの広いモデルを求めているのなら、エスティマの7人乗りよりも8人乗りの方が良いのかなと思いました。


<次のページに続く>
次ページ
メリット2:子供の面倒を見るのが便利