融雪剤のおすすめアイテム9選を徹底比較|選び方やメリット・デメリットを紹介

融雪剤の選び方

※この記事には広告が含まれます

雪が積もってしまって困っているときに、活躍するアイテムが「融雪剤」です。

その名の通り、積もった雪を溶かすことができるものですが、ひとくちに融雪剤と言っても成分や使い勝手によってさまざまな種類があります。

今回は、融雪剤の7つの成分の違いを紹介し、上手な選び方やおすすめアイテムを詳しく解説します。

雪が積もりやすい地域にお住まいの方や、積雪時に慌てずに融雪剤を使用したい方はぜひ最後まで読んでみてください。
Chapter
融雪剤の7つの種類
融雪剤の選び方
おすすめの融雪剤の一括比較表
融雪剤のおすすめアイテム9選
融雪剤とは?
融雪剤と凍結防止剤との違い
融雪剤の使い方
融雪剤を撒くタイミング
融雪剤を使って素早く雪を溶かそう

融雪剤の7つの種類

融雪剤の7つの種類を紹介します。

種類によっては金属が錆びてしまったり人体や環境に影響があったりするため、必ず確認しておきましょう。

スピーディーに雪を溶かす塩化カルシウム

融雪剤の中でも定番の成分が「塩化カルシウム」です。

積雪の上から塩化カルシウムを撒くことで水分と素早く結びつき熱を発生するため、すぐに雪を溶かせます

また、雪が溶けた後の水の凝固点を下げる役割もあるため、その後に凍結しにくくなるのもメリットです。

しかし、塩化カルシウムを使用することで植物が枯れたり肌が荒れたりと、環境や人体への影響が大きいというデメリットがあります。

金属が腐食する特徴もあるため、頻繁に使用してしまうと車が錆びてしまう可能性もあるので使い方には注意が必要です。

長く持続する塩化ナトリウム

塩化カルシウムと並ぶ、定番の融雪剤の成分が塩化ナトリウムです。

塩化ナトリウムの特長は、長い間効果が持続する点にあります。

雪が溶けた後に再凍結しにくくなる時間も長く続くので、夜中から明け方など地面が凍結しやすい時間に効果を発揮します。

しかし、塩化ナトリウムも塩害によって人体や環境に悪影響を及ぼす可能性がある成分なので、撒く場所には注意しましょう。

比較的塩害になりにくい塩化マグネシウム

ここまで紹介した塩化カルシウムや塩化ナトリウムと同じ塩化物の中で、最も環境や人体に影響が少ないのが塩化マグネシウムです。

手が荒れやすかったり近くに植物が植えられていたり、融雪剤を使うことで悪影響が起こりやすい場面で使用する場合は、塩化マグネシウムを使用するとよいでしょう。

金属の腐食も他の塩化物に比べて少ないので、車の周辺でも使用できます。

ただし、他の塩化物系の融雪剤よりも雪が溶けるのに時間がかかるため、スピードを求める場合は塩化カルシウムなどを選ぶのがおすすめです。

環境にやさしい酢酸カルシウム

塩化物系の融雪剤は、人体や環境に影響があります。

それらの影響が気になる方は、環境にやさしい酢酸カルシウムの融雪剤を選ぶのがおすすめです。

酢酸カルシウムの融雪剤は、塩化物系の融雪剤と比べて塩害が起こりづらく、凝固点を下げることで雪を溶かします

肌が荒れやすい方や車の近くで融雪剤を使いたい方、植物が周りに植えられている場所で使いたい方はチェックしてみましょう。

コンクリートに使える酢酸マグネシウム

先ほど紹介した酢酸カルシウムと同じく、環境や人体にやさしい素材の融雪剤を選ぶなら、酢酸マグネシウムもおすすめです。

酢酸マグネシウムの特長の1つに、コンクリートの上にも使いやすい点があります

コンクリートの駐車場などで安心して使用したい方は、酢酸マグネシウムのものをチェックしてみましょう。

金属を錆びさせない尿素

金属への影響に配慮するなら、尿素タイプの融雪剤もおすすめです。

尿素タイプの融雪剤なら、植物のある場所にも使用できるものが多いため、庭の花壇や家庭菜園に積もった雪にも使用できます。

尿素の融雪剤デメリットは、アンモニア臭がする可能性があることです。

嫌な臭いが辺りに漂う場合があるため、近隣住民の迷惑にならないか考えたうえで利用を検討しましょう。

太陽光で雪を溶かすカーボンブラック

比較的新しい素材でできた融雪剤が、カーボンブラックです。

炭酸カルシウムに炭素の微粒子が混ざった成分で、他の融雪剤と違い真っ黒の見た目が特徴です。

太陽の光が届くことで吸収して熱を発し、雪を溶かします。

植物や人体に影響が少ないことがメリットです。

ただし、太陽の光がないと使用できないため、夜や日陰では効果を発揮しづらいことと、また雪を溶かした後も黒が残ってしまうことがデメリットです。

融雪剤の選び方

融雪剤の特徴を踏まえて、選び方のポイントについて詳しく解説します。

使う場所や状況に合わせて種類を選ぶ

スピーディーに溶かせる塩化物系のものから、人体や環境にやさしい酢酸系、尿素、炭素など、効果や使える場所に違いがあるため、使う場所や状況に合わせて選びましょう

周りに悪影響になるものがなく、とにかく早く雪を溶かしたい場合は塩化カルシウムや塩化ナトリウムがおすすめです。

反対に、環境問題に配慮したいなら、酢酸カルシウムや尿素などを選ぶといいでしょう。

太陽が当たる場所ならカーボンブラックも、新しい選択肢として検討してみるといいですね。

自分の使いたい状況にあったものを、上手に選んでみてください。

使い勝手のいい形状を選ぶ

融雪剤は固形タイプ(粒状)のものと液体タイプのものがあります。

広範囲にさっと撒きやすいのは固形タイプですが、速く溶かしたいときは液体タイプに軍配が上がります

また、液体タイプは長く保管しても形状が変わりませんが、固形タイプは開封後に長く保管しておくと固まってしまうデメリットもあるので注意しましょう。

人体や環境への影響を確認する

先ほどから説明しているように、融雪剤は選ぶ成分によって人体や環境へ悪影響を及ぼす可能性があります。

早く雪を溶かしたい場合でなければ、なるべく人体や環境への悪影響の少ない成分のものを選んでおく方が安心して使用できるでしょう。

特に、塩害の起こる成分の融雪剤を撒いた上を車で走行すると、サビが出て大変なことになってしまう場合もあるので、車が走る可能性がある場所では特に注意して選ぶのがおすすめです。

おすすめの融雪剤の一括比較表

商品名 画像 最安値 特徴 スペック
‎成分 形状 内容量

紀陽除虫菊(Kiyoujochuugiku)

融雪剤 アイスバイ

融雪剤 アイスバイ

塩化カルシウムの力で、素早く氷をシャーベット状に!

塩化カルシウム 固形 約680g

エービーシー商会

トーカスSi

トーカスSi

環境にやさしい液状の融雪剤で、あっという間に雪を溶かす!

カリウム系 液状 6kg

トーヤク

無氷地帯

無氷地帯

車が錆びない無塩タイプで、いろいろな場所に使える!

炭酸ナトリウム 固形 1kg

讃岐化成 

ロードクリーン

ロードクリーン

効果が早く出る、固形の塩化カルシウムでできた融雪剤!

塩化カルシウム 固形 4kg

フジオックス

雪当番

雪当番

管しやすく持ち運びやすいペットボトル入り!

塩化カルシウム 固形 1.8kg

長良化学工業

融雪剤 雪とけっ子

融雪剤 雪とけっ子

積雪を素早く溶かし、再凍結もしにくくする!

塩化カルシウム 固形 5kg

トナリの雑貨店

MELT STAR

MELT STAR

両手でしっかり持って散布できるボトルが魅力!

塩化カルシウム・塩化ナトリウム・塩化マグネシウム 固形 約5L

トーヨー産業

雪解け一番手

雪解け一番手

シャワーノズル付きのペットボトル入りで、撒きやすい!

カルボン酸系 液状 2000ml

呉竹(Kuretake)

液体融雪剤

液体融雪剤

光を吸収するカーボンブラックでできた、液状融雪剤!

カーボンブラック 液状 3L

融雪剤のおすすめアイテム9選

ここからは、おすすめの融雪剤を10品ご紹介します。

自分の使い道に合ったものを、探してみてください。

紀陽除虫菊(Kiyoujochuugiku)

融雪剤 アイスバイ

306円〜(税込)

塩化カルシウムの力で、素早く氷をシャーベット状に!

「アイスバイ」は、氷や雪を効果的に溶かす融雪剤です。

こちらの商品は、塩化カルシウムによる凝固点の低下と溶解熱によって、氷がシャーベットのようなざらざらした表面に変わるので滑りやすさが軽減されます

さらにこちらの融雪剤を撒くと、防塵や土壌の安定化にも役立ちます。

人体や環境への影響があるので、使用する際にはゴム製の手袋や保護メガネ、防塵マスクを着用し、皮膚や目との接触を避けてください。

また、植物を枯らす恐れがあるので、植物の近くでは使用しないようにしましょう。

‎成分
塩化カルシウム
形状
固形
内容量
約680g

エービーシー商会

トーカスSi

8,491円〜(税込)

環境にやさしい液状の融雪剤で、あっという間に雪を溶かす!

「トーカスSi」は除雪後の凍結面や圧雪面にジョウロなどで散布するだけで、滑りにくい路面にすることができる液状の融雪剤です。

この融雪剤は非塩素系でカリウム系の成分でできているため、植物や人体に悪影響を及ぼしません。

金属を腐食させないのも、嬉しい特長です。

液状タイプなので、即効性に優れており均一な融雪効果があるのもメリットです。

植物のある庭や車が乗り入れる駐車場、自宅前の道路などどこでもしやすいので万能に使用できる融雪剤となっています。

‎成分
カリウム系
形状
液状
内容量
6kg

トーヤク

無氷地帯

838円〜(税込)

車が錆びない無塩タイプで、いろいろな場所に使える!

「無氷地帯」は環境に配慮した凍結防止・融雪剤です。

アイスバーンが短時間でシャーベット状になり、スリップや転倒などの事故を防ぐのに最適です。

無塩なので錆びにくく、散布箇所が分かりやすい赤粒が入っており、散布後に水と反応すると透明になります。

動植物への影響が少なく、散布後に分解されて害のない成分になるので安心して使用できます。

‎成分
炭酸ナトリウム
形状
固形
内容量
1kg

讃岐化成 

ロードクリーン

1,621円〜(税込)

効果が早く出る、固形の塩化カルシウムでできた融雪剤!

「ロードクリーン」は、塩化カルシウムを主成分とする融雪剤です。

道路や駐車場、玄関周り、階段、坂道などに直接散布できます。

凍結などによる転倒やスリップを防止するために、雪が降った後や凍結後に散布します。

素早く効果を発揮しますが、塩化カルシウムのため環境や人体に配慮しながら使用するのが重要です。

‎成分
塩化カルシウム
形状
固形
内容量
4kg

フジオックス

雪当番

1,980円〜(税込)

保管しやすく持ち運びやすいペットボトル入り!

「雪当番」は、塩化カルシウムでできた固形の融雪剤です。

保管や持ち運びに便利なペットボトルに入っていて、1本(1.8kg)で約20平方メートル散布できます。

雪の状況に合わせて、量や撒き方を調整してみましょう。

水の凍結温度を下げる効果もあるので、溶けた後に道が凍結するのを防げるのも魅力です。

‎成分
塩化カルシウム
形状
固形
内容量
1.8kg

長良化学工業

融雪剤 雪とけっ子

600円〜(税込)

積雪を素早く溶かし、再凍結もしにくくする!

撒くだけで簡単に積もった雪を溶かすことができる、塩化カルシウムでできた融雪剤です。

スピーディーに雪を溶かし、道を滑りにくくしたり再凍結しにくくしたりする効果があります。

塩化カルシウムのため、植物が枯れたり金属をサビさせたりするおそれがあります。

駐車場などにも使用できますが、車の金属部分についてしまった場合は、水などでしっかりと洗い流しましょう。

‎成分
塩化カルシウム
形状
固形
内容量
5kg

トナリの雑貨店

MELT STAR

2,000円〜(税込)

両手でしっかり持って散布できるボトルが魅力!

「MELT STAR」は、玄関周りや階段、駐車場など、凍結を未然に防ぎたい場所や積雪・凍結した場所に直接散布して使用する融雪剤です。

粒状の融雪剤が雪や氷の水分と素早く結びつき、化学反応を起こすことで融解します。

塩化カルシウムと塩化ナトリウム、塩化マグネシウムをバランス良く配合することで、即効性と持続性を両立しています。

両手でしっかりと持てるボトルに入っていて、広範囲に撒きやすいのもポイントです。

‎成分
塩化カルシウム・塩化ナトリウム・塩化マグネシウム
形状
固形
内容量
約5L

トーヨー産業

雪解け一番手

2,300円〜(税込)

シャワーノズル付きのペットボトル入りで、撒きやすい!

金属を錆びさせず、環境や人体に優しい液体シャワー凍結防止剤「雪解け一番手」のご紹介です。

環境に優しいのはもちろん、即効性と長期間効果が持続するメリットを両立しています。

1本2Lのペットボトルで、約40平方メートル(普通車約4台分)の面積に散水することができます。

シャワーノズルがついているので、そのままボトルを持って均一に散布できるのもポイントです。

‎成分
カルボン酸系
形状
液状
内容量
2000ml

呉竹(Kuretake)

液体融雪剤

2,488円〜(税込)

光を吸収するカーボンブラックでできた、液状融雪剤!

「SRブラック」は、カーボンブラックを使用した融雪剤で、光を吸収して雪を溶かします。

安全性に優れていて、簡単に使用でき、自然に配慮した性質が魅力です。

農場散布用のドローンを使っても散布することもできるので、広い範囲に撒きたい場合でも、機種によっては無人で散布が可能です。

黒くなるので、どこに撒いているかもわかりやすいのがポイントとなっています。

‎成分
カーボンブラック
形状
液状
内容量
3L

融雪剤とは?

ここからは、融雪剤についての基本的な情報や知っておきたいことをまとめていきます。

どのようなときに融雪剤を使うと便利なのかを、今一度チェックしておきましょう。

積雪を溶かし、除雪しやすくするアイテム

融雪剤は、積もった雪を溶かして除雪をスムーズにする頼もしいアイテムです。

種類や効果、使用するのに適している場面については、先ほど種類や選び方の見出しで解説したとおりです。

成分によって効果の出るスピードや持続性、環境への影響などは異なりますが、いずれにしても何らかの化学反応によって雪を溶かすことができます。

雪が積もることで車が動かせなかったり歩きにくくなったりするため、融雪剤を効果的に使用することでそれらの状況を解消できます。

雪が降る前に撒くことで雪が積もりにくくなる効果も

融雪剤は、積もってしまった雪を溶かす効果はもちろん、雪が降り始める前に散布することで雪が路面に積もりにくくなるというメリットもあります。

気温が下がっているタイミングや、雪が降る予報が出ているときにあらかじめまいておけば、除雪作業の手間を減らすだけでなく交通渋滞や事故のリスクも軽減されます。

雪が心配なエリアに住んでいる方や、冬になると雪が降る可能性のある地域の方は、事前に融雪剤を用意しておくことでいざというときに安心です。

融雪剤と凍結防止剤との違い

融雪剤と同じようなアイテムとして、凍結防止剤というものもあります。

それぞれの特徴や違いを、わかりやすく解説していきます。

融雪剤は積もった雪を溶かす

融雪剤は、ここまでも解説してきた通り積もった雪を効果的に溶かすことができるアイテムです。

積もって硬くなった雪が溶けることで除雪作業が容易になり、安全に歩行したり車の運転ができる状態にできます。

つまり、融雪剤はすでに降り積もった雪を効率よく溶かすアイテムです。

凍結防止剤は地面が凍結しないように予防する

一方凍結防止剤は、地面が凍結するのを予防するためのアイテムです。

寒冷地域では、路面や歩道が凍結することで交通事故や転倒事故が発生しやすくなりますが、凍結防止剤を使用することで、地面の凍結を防ぐことができます。

凍結防止剤は、雪などが降る前の地面に撒いておくことが重要です。

凍結しづらいだけでなく、雪を積もらせにくくするのも特徴の1つです。

それぞれ成分の違いはあれど凝固点を下げる効果は同じ

融雪剤と凍結防止剤は異なる目的に使用されるものの、共通している点もあります。

それは、どちらとも水の凝固点を下げる効果を持っていることです。

融雪剤も凍結防止剤も水の凝固点を下げることで、雪や氷を溶かしたり地面の凍結を防止したりする効果があります。

アイテムの主成分などによってそれぞれ効果は異なりますが、雪を溶かすのか事前に積もりにくくするのかという目的によって効果が異なるということです。

融雪剤の使い方

ここからは、融雪剤効果的に使う方法を紹介します。

成分によっては皮膚を荒れさせてしまうこともありますし、形状によって撒きやすい方法も違うので、事前にチェックしておきましょう。

使用する前に手袋などをして直接肌に触れるのを防ぐ

融雪剤を扱う際には、皮膚への刺激を避けるため、手袋などを着用して直接肌に触れないようにしましょう。

融雪剤は化学物質を含むものも多いため、肌に直接触れてしまうことが原因で皮膚トラブルを引き起こす可能性があるので注意が必要です。

特に、塩化カルシウムや塩化ナトリウムは、人体への影響が他の成分よりも強いと言われているため、より注意して扱いましょう。

人体に影響が少ないタイプのアイテムだとしても、できるだけ直接肌に触れないように使用することが大切です。

1平方メートルあたり50〜100g程度を目安にまく

融雪剤をまく際には、適切な量を目安に散布しましょう。

一般的には、1平方メートルあたり50〜100g程度が推奨されています。

過剰にまくと効果は変わらないのに環境への負荷が増える可能性があるため、適量を守ることが大切です。

とはいえ、商品ごとに適切な量は異なるため、使用前にきちんとパッケージを確認して正しく使用しましょう。

液体タイプは噴霧器などを使用するとまきやすい

液体タイプの融雪剤を使用する場合、噴霧器などを利用すると撒きやすくなります。

液体の融雪剤は粉末よりも均一に広がりやすく、特に細かい場所や凹凸のある場所にも効率よく効果を発揮します。

噴霧器を使うことでより効率的に融雪剤を散布できるので、融雪剤をまくのを大変に感じている方はぜひ使用してみましょう。

広い場所にまきたい場合は噴霧器を使っても大変なこともあるので、状況に合わせて固形タイプと使い分けるのがおすすめです。

融雪剤を撒くタイミング

融雪剤は、雪を溶かす効果が期待できるアイテムです。

どのタイミングでまくと高い効果を発揮するのか、詳しく解説します。

雪が積もった後にまく

融雪剤を効果的に使用するための重要なポイントは、雪が積もった後にまくことです。

積もった雪の上に融雪剤をまくことで、固まった雪が溶け始め、除雪作業を楽にしてくれます。

融雪剤を雪を溶かすために使用するなら、積もった雪を溶かしたいタイミングで積雪の上に均一にまくのが適切な使い方です。

早めにまくと溶けるのも早い

融雪剤をまくタイミングとしてよりピンポイントにお伝えするなら、雪が積もった直後に早めに散布するのがおすすめです。

早めに融雪剤を撒くことで、雪が早く溶けやすくなり除雪作業がより効率的に行えます

雪が降ってしばらく経ってから融雪剤をまくと、雪がカチカチに固まってしまい融雪剤が効くのが遅くなってしまうこともあります。

融雪剤の効果をスピーディーに発揮するなら、雪が積もってすぐのふわふわの状態で使用するのがいいでしょう。

凍結防止剤は雪が降る前にまく

融雪剤と同じような成分で作られている凍結防止剤は、雪が降る前に、まくことが効果的です。

成分自体は融雪剤と大差ありませんが、凍結防止剤を使用する目的は路面を凍結させにくくすることなので、雪が降る前の路面にまいておく必要があります。

雪が降ったり凍ったりする前の路面に事前に撒いておくことで、交通事故や転倒事故を予防することができるでしょう。

凍結防止剤は予防的な対策として活用されるものなので、雪が降る前の準備が大切です。

融雪剤にしても凍結防止剤にしても、どのような目的で使用したいのかによってまくタイミングを考えるのが重要です。

融雪剤を使って素早く雪を溶かそう

今回は、融雪剤の種類や選び方、人気のおすすめアイテムなどを紹介しました。

融雪剤は、雪が降る地域ではなくてはならないアイテムです。

使用する際は、効果だけではなく環境や人体への影響などもチェックしたうえで選びましょう。

融雪剤と似たアイテムに凍結防止剤がありますが、それぞれ目的が異なるものなので、自分の目的にぴったりなものを選んで効果的に使用してみてください。

融雪剤を上手に使うことで、雪が降った後でも、歩く場所を確保したり自動車を動かしたり安全性を高められます。

※楽天市場では価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。
商品詳細