【2024年最新版】おすすめヒッチキャリア12選と選び方|キャンプや自転車に!

ヒッチキャリアとは?

※この記事には広告が含まれます

ヒッチキャリアは、キャンプや自転車、バイク、スキーなど、アウトドアが好きな人にとって、あると便利です。

しかし、購入を検討したものの、多種多様な商品からどれを選べば良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。

今回は、現役ファミリーキャンパーの筆者が2024年最新版のおすすめヒッチキャリア12選を紹介します。

ヒッチキャリアの選び方から取り付け方法、注意点まで、幅広く解説し、自身にとって理想のヒッチキャリアを購入できるようにサポートしますので、ぜひ最後までチェックしてください。
Chapter
ヒッチキャリアとは?
ヒッチキャリアの選び方3ステップ
おすすめのヒッチキャリアメーカー
おすすめのヒッチキャリアの一括比較表
おすすめのヒッチキャリア12選
ヒッチキャリアの取り付け方法
ヒッチキャリアの注意点|道路交通法違反に気を付けよう
まとめ|おすすめのヒッチキャリアで、快適なアウトドアライフを!

ヒッチキャリアとは?

ヒッチキャリアは、車の後部に取り付ける荷物を載せて運ぶための装置で、基本的には車に取り付けられた『ヒッチメンバー』と呼ばれる部品に接続して使用します。

ヒッチキャリアを利用することで、キャンプ用品、自転車、バイク、スキーなどの大型の荷物を車内に積むことなく、安全に運搬することが可能です。

メリットは以下のとおりです。
  • 乗車スペースを確保できる
  • 車内の汚れや傷の防止
  • 視界が確保できて安全
  • ルーフキャリアに比べて積み降ろしが楽
ヒッチキャリアは取り外しが容易で、使用しないときは外しておくことができ、さらに商品によっては、折たたんでコンパクトにしておくことも可能です。

アウトドアライフをより快適なものにしてくれる、便利なアイテムです。

ヒッチキャリアの選び方3ステップ

ここからは、ヒッチキャリアの選び方を、初めての方でもわかりやすいよう、3ステップで解説します。

①まずは使用目的で種類を選ぶ

あなたが何のためにヒッチキャリアを使用したいかを明確にすれば、おのずと選ぶべき商品は限られてきます。
  • キャンプなどのアウトドアアクティビティ
  • 自転車
  • バイク
  • スキー・スノーボード
それぞれに合ったヒッチキャリアを紹介します。


キャンプ等|カーゴラック
サイズが大きいかご型のキャリアで、荷物を積みやすいフラットなデザインが特徴です。

しっかりと固定すれば幅広いタイプの荷物を積載できます。

アウトドアであれば、キャンプや釣りなどで大きな荷物を運ぶ際に便利です。

その他、日常においても、車内に入れたくないゴミを置いたり、引っ越しの荷物を運んだりと、さまざまなシーンで活躍してくれる汎用性の非常に高いヒッチキャリアです。


自転車|サイクルキャリア
自転車を運ぶことに特化したキャリアで、一度に1台から複数台まで運ぶことができるものまでさまざまです。

さらに角度調節が可能で、自転車を積んだままリアハッチの開閉が可能な商品もあります。

ロードバイクやマウンテンバイクに対応しており、汚れた自転車を車内に入れずに済み、ルーフキャリアに比べて積載が楽なのが、サイクルハッチキャリアを選ぶ大きなメリットです。

自転車の形状に合わせて固定するため、走行中の安定性はとても高いです。


バイク|バイクキャリア
バイクを車で運ぶためのキャリアで、バイクの重量に耐えられるように頑丈に作られています

モトクロスやサーキットへ行く際に、自走で行きたくない場合や宿泊を伴う移動の際に活躍してくれるでしょう。

固定方法には、フロントホイールを固定するタイプや、フレームを支えるタイプなどがあります。

ヒッチメンバー自体も重く、バイクを載せると相当な重量となるため、ヒッチメンバーや車のフレームが、重さに耐えられるかには十分注意しましょう。


スキー、スノーボード|スキーキャリア
その名のとおり、主にスノーボード、スキーを運ぶためのヒッチキャリアです。

ほとんどの商品が、自転車を複数台固定できる設計となっており、防水性や耐寒性に優れています

雪がついたスキーやスノーボードを車内に入れなくていいので、車中を汚さずに済むことに加え、ルーフキャリアと比較すると積載が楽なのが、リアキャリアを選ぶ大きなメリットと言えるでしょう。

②車のヒッチメンバーに合うサイズを選ぶ

ヒッチメンバーのサイズと、ヒッチキャリアの取り付け部分のサイズが合わなければ、安全に装着できません。

ヒッチメンバーには、2インチ(5.08cm)角と、1.25インチ(3.175cm)角のものが主流です。

車についているヒッチメンバーのサイズを確認し、適合する商品を選びましょう

取り付けが不安な方は、ヒッチメンバーと同じメーカーの商品を選ぶか、お店で相談することをおすすめします。

③素材で選ぶ|主にアルミ製かスチール製

アルミ製
軽い割に耐久性もあるのが特徴で、取り回ししやすく、長期間の使用に適しています

また、錆びにくいため、海辺や雨の多い地域での使用にも適しています。


スチール製
アルミより強度が高く、重い荷物を運ぶのに適しています。

価格は比較的手頃ですが、錆びやすいため定期的なメンテナンスが必要です。

商品によっては表面に錆びを防止する加工が施してあるものがあります。

おすすめのヒッチキャリアメーカー

ヒッチキャリア選びで困ったら、有名メーカーの商品を選んでおけば間違いないでしょう。

実際、市場にはこれから紹介するメーカーの商品が多く、安全性と品質は高いので、安心して使用できます。

それぞれの特徴について解説します。

YAKIMA(ヤキマ)

北米を中心にカーキャリアの圧倒的なシェアを誇るアメリカのアウトドアギアブランドです。

初心者からヘビーユーザーまで、多くのアウトドア好きに支持されています。

ヒッチキャリアにも強く、自転車、バイク、スキーなどあらゆるニーズに応えるラインアップ。

アメリカらしい無骨なデザインで、SUVやハイエースと相性抜群です。

CURT(カート)

アメリカを代表するヒッチメンバー、ヒッチキャリアブランドです。

商品のほとんどが本社ウィスコンシン工場で製造されており、made in USAにこだわっています。

かっこいい無骨なデザインは、アウトドアシーンに良く映えると好評です。

高品質な割に、比較的リーズナブルな商品も多いので、コスパ重視の方におすすめです。

TERZO(テルッツォ)

日本のカーアクセサリーメーカー『カーメイト』が手掛けるカーキャリアブランドです。

TERZOを選ぶ1番のメリットは、日本車との親和性が非常に高いことです。

ヒッチキャリアのラインナップは、リアドアに取り付けるタイプのサイクルキャリアのみですが、設置の手軽さが高い評価を受けています。

Allen Sports(アレンスポーツ)

1967年にアメリカで創業した、歴史あるサイクルキャリアブランドです。

5台もの自転車を積載できるものから、ヒッチメンバーがなくても自転車を固定できるもの、スペアタイヤに固定する商品まで、さまざまなサイクルキャリアを販売しています。

用途が自転車の運搬に限られているなら、絶対に検討すべきメーカーです。

THULE(スーリー)

北欧スウェーデンのカーキャリアメーカーです。

最大の特長は、やりすぎというくらいの安全テストをしていることです。

独自の厳しい審査を通過した商品は、安全性と耐久性に優れているため、カーキャリアブランドにしては珍しく、ほぼ全ての商品に製品保証があります

それに加え、北欧らしいハイセンスなデザインも人気の理由です。

金額を問わず、最高の品質と安全性を求める方にピッタリのメーカーです。

おすすめのヒッチキャリアの一括比較表

商品名 画像 最安値 特徴 スペック
商品寸法 (長さx幅x高さ) 折りたたみ式 積載量 製品重量

テルッツォ(Terzo)

Terzo テルッツォ (by PIAA) リア サイクルキャリア2台積み

Terzo テルッツォ (by PIAA)  リア サイクルキャリア2台積み

ヒッチメンバーは必要なし!初心者におすすめのサイクルキャリア

56.2 x 40.8 x 21.4cm 30kg 4.0kg

スーリー(Thule)

THULE スーリー イージーフォールドXT 3台用

THULE スーリー イージーフォールドXT 3台用

ロードバイクから電動自転車まであらゆる自転車を積載できる

123 x 83 x 86cm 60kg 23.1kg

スーリー(Thule)

Thule イージーフォールドXT 2台用

Thule イージーフォールドXT 2台用

コンパクトに折りたためて持ち運びもしやすい

63 x 123 x 68cm 60kg 17.9kg

CURT

CURT カーゴキャリア 18109

CURT カーゴキャリア 18109

アメリカらしい無骨なデザインがかっこいい

152 × 50 × 7cm 226kg 13.8kg

カーメイト(CARMATE)

inno イノー ルーフデッキ45 INA530

inno イノー ルーフデッキ45 INA530

これ1つでヒッチキャリアにもルーフデッキにもなる2WAY仕様

8 x 43 x 126cm × 40kg 7.1kg

CURT

CURT カーゴキャリア/ヒッチキャリアカーゴ 18153

CURT カーゴキャリア/ヒッチキャリアカーゴ  18153

積載力抜群な深型カーゴラック

152×61×15cm × 226kg 31.8kg

Yakima

YAKIMA ホールドアップEVO

YAKIMA ホールドアップEVO

タイヤの太い自転車もがっちりホールド

33.0 x 42.0 x12.0インチ × 30kg 23kg

Allen

Allen サイクルキャリア イージーロードデラックス

アレンスポーツ(Allen Sports) サイクルキャリア イージーロードデラックス XR200

トレイタイプで安定感抜群なサイクルキャリア

Allen

Allen Sports ヒッチサイクルキャリア 552QR

ALLEN SPORTS ヒッチサイクルキャリア 552QR

一度に最大5台の自転車を運搬可能

78.7 x 8.9 x 35.6cm 75kg 10.6kg

Yakima

YAKIMA ヒッチスキー

YAKIMA ヒッチスキー

スキー6ペア、スノボ4枚を運べるスキーキャリア

61 × 56 × 78.7cm × 13kg 10.7kg

WEIMALL

WEIMALL ヒッチキャリアカーゴ 130cm

WEIMALL ヒッチキャリアカーゴ 130cm

コスパ重視の方におすすめのカーゴラック

130 x 50 x 16cm 220kg 20kg

WEIMALL

WEIMALL バイクヒッチキャリア

WEIMALL バイクヒッチキャリア

気軽にバイクを運べるコスパの高いバイク用ヒッチキャリア

192×20×5cm 226kg 24kg
全12商品を見る

おすすめのヒッチキャリア12選

テルッツォ(Terzo)

Terzo テルッツォ (by PIAA) リア サイクルキャリア2台積み

17,600円〜(税込)

ヒッチメンバーは必要なし!初心者におすすめのサイクルキャリア

自転車を最大2台積載できるサイクルキャリアです。

車のリアドアやトランクに取り付けるタイプのため、ヒッチメンバーがなくても簡単に取り付けることができます。

使わない時はコンパクトになり、スペースを気にせず収納できて便利です。

リーズナブルな価格なので、初めてのサイクルキャリアをお探しの方はぜひ検討してみてください。

商品寸法 (長さx幅x高さ)
56.2 x 40.8 x 21.4cm
折りたたみ式
積載量
30kg
製品重量
4.0kg

スーリー(Thule)

THULE スーリー イージーフォールドXT 3台用

176,000円〜(税込)

ロードバイクから電動自転車まであらゆる自転車を積載できる

自動車用キャリアのトップメーカー『THULE』のサイクルキャリアです。

ロードバイクから電動自転車まで、あらゆる自転車を最大3台まで積載することができます。

コンパクトに折りたためて持ち運びも簡単です。

さらに角度調節が可能で、自転車を積載していてもリアハッチの開閉が可能です。

北欧のメーカーらしく、街乗りでも馴染むスタイリッシュなデザインです。

商品寸法 (長さx幅x高さ)
123 x 83 x 86cm
折りたたみ式
積載量
60kg
製品重量
23.1kg

スーリー(Thule)

Thule イージーフォールドXT 2台用

187,000円〜(税込)

コンパクトに折りたためて持ち運びもしやすい

前述の『THULE|イージーフォールドXT 3台用』の2台用です。

電動自転車から重いマウンテンバイクまで、あらゆる自転車を運搬できます。

チルト機構を採用しており、自転車を積んだままリアハッチの開閉が可能です。

また、通常では考えられないくらいの安全テストをクリアしたTHULE製品なので、品質は間違いなくトップクラスです。

商品寸法 (長さx幅x高さ)
63 x 123 x 68cm
折りたたみ式
積載量
60kg
製品重量
17.9kg

CURT

CURT カーゴキャリア 18109

16,000円〜(税込)

アメリカらしい無骨なデザインがかっこいい

アメリカを代表する、ヒッチメンバー、ヒッチキャリアメーカー『CURT』のヒッチカーゴです。

材質にはスチールを使用しており、強度は抜群です。

キャリア自体の積載可能重量は、約226㎏とあらゆる重量物を載せることができるうえ、荷物を積まない時は折りたたむことが可能です。

アメリカらしい無骨なデザインで、アウトドアシーンによく映えること間違いありません。

キャンプ等でたくさん荷物を載せたい方におすすめしたい商品です。

商品寸法 (長さx幅x高さ)
152 × 50 × 7cm
折りたたみ式
積載量
226kg
製品重量
13.8kg

カーメイト(CARMATE)

inno イノー ルーフデッキ45 INA530

24,535円〜(税込)

これ1つでヒッチキャリアにもルーフデッキにもなる2WAY仕様

これ1つでヒッチキャリアとしてもルーフデッキとしても使えます

比較的コンパクトなサイズながら、Mサイズのコンテナボックスを2個収納でき、積載量はまずまずです。

ボディは軽量でサビに強いアルミを使用しており、取り扱いがしやすいのも嬉しいポイントです。

シーンによって使い分けたい方や、コンパクトなヒッチカーゴをお探しの方におすすめです。

商品寸法 (長さx幅x高さ)
8 x 43 x 126cm
折りたたみ式
×
積載量
40kg
製品重量
7.1kg

CURT

CURT カーゴキャリア/ヒッチキャリアカーゴ 18153

24,800円〜(税込)

積載力抜群な深型カーゴラック

先ほど紹介した『CURT|カーゴキャリア(品番:18109) 』の深型タイプです。

より大きな荷物を積むことができ、積載力が高いのが魅力です。

しかも、荷物を積まない時は折りたたむことができるので、運転中は邪魔になりません。

基本的には、本品を取り付けたままでもリアハッチの開閉が可能で、荷物の出し入れも楽です。

荷物が多くなりがちなファミリーキャンプなどで活躍してくれるでしょう。

商品寸法 (長さx幅x高さ)
152×61×15cm
折りたたみ式
×
積載量
226kg
製品重量
31.8kg

Yakima

YAKIMA ホールドアップEVO

76,300円〜(税込)

タイヤの太い自転車もがっちりホールド

アメリカのアウトドアギアメーカー『YAKIMA』の、自転車2台が積載可能なサイクルキャリアです。

ロードバイクはもちろんのこと、マウンテンバイクなどの太いタイヤの自転車にも対応しています。

さらに、簡単な操作で角度調節が可能で、自転車を載せたままリアハッチを開閉できます。

強靭な造りながら、操作は非常にシンプルで、初心者の方でも取り扱いがしやすいのも魅力です。

商品寸法 (長さx幅x高さ)
33.0 x 42.0 x12.0インチ
折りたたみ式
×
積載量
30kg
製品重量
23kg

Allen

Allen サイクルキャリア イージーロードデラックス

49,800円〜(税込)

トレイタイプで安定感抜群なサイクルキャリア

サイクルキャリアを主力商品とする『Allen Sports』のヒッチサイクルキャリアです。

簡単な操作で、2台の自転車を積載することが可能です。

トレイタイプなので、吊り下げ式に比べて安定感が高く、安心して走行できます

2インチ、1.25インチ両方のヒッチメンバーにも対応しているように、汎用性の高さも魅力。

載せる位置が低いので、力のない方や女性でも簡単に積み込むことができ、おすすめです。

67cm
奥行
35cm
高さ
27cm
商品重量
13.6kg
最大積載台数
2台

Allen

Allen Sports ヒッチサイクルキャリア 552QR

24,979円〜(税込)

一度に最大5台の自転車を運搬可能

15kg以内の自転車なら最大5台まで運ぶことができる『Allen Sports』のサイクルキャリアです。

ヒッチ部分には施錠機能があるため、防犯性に優れています

キャリアアームは、色々な自転車のフレームに対応しているので、ロードバイクはもちろん、子供用自転車でもしっかりと固定することが可能です。

さらに、使用しない時は折りたたんでコンパクトになるので、走行の邪魔をしません。

家族や友人など、グループでのサイクリングに頻繁に行く方におすすめしたい商品です。

商品寸法 (長さx幅x高さ)
78.7 x 8.9 x 35.6cm
折りたたみ式
積載量
75kg
製品重量
10.6kg

Yakima

YAKIMA ヒッチスキー

40,800円〜(税込)

スキー6ペア、スノボ4枚を運べるスキーキャリア

ヒッチメンバーに取り付けて、一度にスキーなら6ペア、スノーボードなら4枚まで積載可能な『YAKIMA』のスキーキャリアです。

黒のボディに赤のメーカーロゴというかっこいいデザインが好評です。

ヒッチにロック機構が備わっているため、カギをかけておけば盗難の心配もなく、安心して車を離れることができます。

スキーに接触する部分に、ゴム製のパットをつけて傷がつくのを防ぐなど、細かいところへの気配りはさすが老舗メーカーです。

ルーフキャリアに比べると取り付けが楽なので、天井部に自転車を載せられる自信がない方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

商品寸法 (長さx幅x高さ)
61 × 56 × 78.7cm
折りたたみ式
×
積載量
13kg
製品重量
10.7kg

WEIMALL

WEIMALL ヒッチキャリアカーゴ 130cm

12,500円〜(税込)

コスパ重視の方におすすめのカーゴラック

なんといってもリーズナブルな価格が魅力のカーゴラックです。

安価ではあるものの、大型のサイズで積載力は十分です。

さらに、スチール製のため、最大耐荷重226㎏と優れた強度を持ちます。

使用しない時は折りたたんでおけば、走行を邪魔することはありません。

商品寸法 (長さx幅x高さ)
130 x 50 x 16cm
折りたたみ式
積載量
220kg
製品重量
20kg

WEIMALL

WEIMALL バイクヒッチキャリア

13,850円〜(税込)

気軽にバイクを運べるコスパの高いバイク用ヒッチキャリア

リーズナブルな価格が魅力のバイクヒッチキャリアです。

220kgまでなら、どんなバイクでも積載することができます。

ラダーレール付きで楽に乗降できるので、特に力は必要ありません。

さらにスチール製のボディで、強度は申し分ないでしょう。

サーキットへの運搬、モトクロスから、故障車の運搬まで、バイクを運ぶならこの商品を選んでおけば間違いありません。

商品寸法 (長さx幅x高さ)
192×20×5cm
折りたたみ式
積載量
226kg
製品重量
24kg

ヒッチキャリアの取り付け方法

ここからは、実際にヒッチキャリアを取り付ける方法を解説します。

車にヒッチメンバーを取り付ける

ヒッチキャリアを利用するには、車に『ヒッチメンバー』というヒッチキャリアなどをつなぐアタッチメントを取り付ける必要があります。

そして、車の後部バンパー下やシャーシにボルトで固定します。

専門の知識と工具が必要なため、基本的には専門のショップやディーラーに依頼することをおすすめします。

ヒッチキャリアを取り付ける

取り付けたヒッチメンバーにヒッチキャリアを差し込み、ピンやボルトでしっかりと固定します。

取り付け後は、キャリアがしっかりと固定されているか、荷物を積んだ状態での安定性を確認してください。

ヒッチキャリアの注意点|道路交通法違反に気を付けよう

ヒッチキャリアは、とても便利なアイテムですが、車にあったものを使用しないと道路交通法違反になってしまうケースがあり、注意が必要です。

以下3つのポイントに気をつけて、商品を選びましょう。
  • ナンバープレートを遮らない
  • 灯火類を遮らない
  • 車両の全幅を超えない(横にはみ出さない)
たとえば、ヒッチキャリア自体は問題なくても、荷物を積んだ際にナンバープレートやブレーキランプなどが見えなくなると、違反になります。

まとめ|おすすめのヒッチキャリアで、快適なアウトドアライフを!

今回はヒッチキャリアについて、選び方から注意点まで徹底解説し、有名メーカーとオススメ商品を紹介しました。

ヒッチキャリアは、主にアウトドアアクティビティにおいて、大きな荷物を運ぶ際に非常に便利なアイテムです。

この記事で解説した内容を参考に、自身に合ったお気に入りの商品を見つけてください。

※楽天市場では価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。
商品詳細