ルーフラックおすすめ15選【2024年最新版】|選び方も徹底解説!

ルーフラックとは

※この記事には広告が含まれます

キャンプや旅行の際、荷物の収納に困っていませんか?

そこで活躍するのが「ルーフラック」。

しかし、自分に合うものがどんなものなのか、種類が多過ぎて選ぶのに苦労してしまうものです。

この記事では、そんな悩みを持つ方のために、現役ファミリーキャンパーの筆者が2024年最新のルーフラック15選を紹介します。

選び方のポイントから、人気メーカーの特徴、さらには使い方の注意点まで徹底解説します。

この記事を読めば、あなたにピッタリのルーフラックを見つけていただけるはずです。
Chapter
ルーフラックの選び方完全ガイド
おすすめのルーフラックの一括比較表
おすすめルーフラック15選
ルーフラック使用時の注意点
ルーフラックのよくある質問
【まとめ】ルーフラックを取りつけておしゃれで快適なカーライフを!

ルーフラックの選び方完全ガイド

ルーフラックを選ぶ際のポイントは、大きく以下の4つです。
  • あなたの愛車・ベースキャリアに取り付け可能かどうか
  • 『ルーフボックス』との違いを解説
  • 見た目で選ぶ
  • 人気メーカーから選ぶ
それぞれ詳しく解説していきます。

あなたの愛車・ベースキャリアに取り付け可能かどうか調べよう

商品にはそれぞれ適応する車種・年式が限られており、ご自身の車に取りつけ可能な商品を選ぶ必要があります。

せっかく購入したのに取りつけ出来ないなんてことにならないよう、以下のことに注意して商品を選んでください。


公式HPなどで適合車種をチェック

ルーフラックを選ぶ前に、最初に行うべきことは、自分の車に適したルーフラックはどれなのかを確認することです。

メーカーの公式ホームページなどで、適合車種の情報をチェックしましょう。

車のモデルや年式によっては、特定のルーフラックしか取り付けられないこともあるので要注意。

例えば『INNO』というカーキャリアメーカーのホームページでは【車種別適合表】を閲覧でき、そこから愛車の車種、年式に合う商品はどれなのか探すことができます。

適合情報を事前に確認することで、購入したものの取り付けられないというトラブルを避けることができるので、必ずはじめにチェックしておきましょう。


すでにベースがあるなら同じメーカーを選ぼう
あなたの車に、すでにベースキャリア(ルーフラックを取り付けるための基本枠)が取り付けられている場合は、同じメーカーのルーフラックを選ぶことをおすすめします。

理由は、同じメーカーの製品を選ぶことで、取り付けの互換性を確保しやすくなるから。

他メーカーのものを購入しても、取りつけ出来なければ、ベースキャリアを買い直さなくてはならないこともあります。

加えて、同じメーカーなら、ルーフラックをしっかりと固定でき、荷物を安全に運ぶことができます。

よほど商品について知識があったり、ご自身で加工したり出来ない場合は、ベースキャリアと同じメーカーのルーフラックを選ぶのが無難でしょう。

『ルーフボックス』との違いを解説

ルーフラックとよく比較されるのが、箱型で荷物をしっかりと保護できるルーフボックスです。

どちらを選ぶかは、運びたい荷物の種類や量、どこまで安全性を求めるかによって異なります

それぞれのメリット、デメリットは以下のとおりです。

  メリット デメリット
ルーフラック ・多様な荷物サイズや形状に対応
・積み付けの自由度が高い
・雨など天候による荷物の損傷リスクが高い
・しっかりと固縛する必要がある
・盗難リスクが高め
ルーフボックス ・荷物を密閉し、雨や雪から保護してくれる
・鍵付きのモデルなら、盗難の心配がない
・限られたサイズと形状の荷物しか収納できない
・重量があるため、燃費に影響を与えることがある
使用するシーンや運びたい物をイメージして、どちらを選ぶべきか検討してみましょう。

見た目で選ぶのもアリ

ルーフラックを選ぶ際、機能性だけでなく、車の外観にマッチするかどうかで決めるのも良いかもしれません。

もちろん愛車に適合するかどうかが大前提ではありますが、さまざまなデザインのルーフラックが存在するので、商品によって装着後の愛車の印象はかなり変わってきます。

全体の見た目を重視する場合は、好みのデザインのルーフラックを選択することも一つの方法です。

人気メーカーから選ぶのもおすすめ

ルーフラック選びに迷ったら、信頼と実績のあるメーカーから選べば間違いはないでしょう。

TERZO、THULE、INNOは、高品質で耐久性のあるルーフラックを提供しており、多くのユーザーに選ばれているメーカーです。

それぞれの特徴を解説していきます。


TERZO(テルッツォ)
東京に本社を置く、日本のカー用品メーカー『PIAA』が手掛けるカーキャリアブランドです。

日本のメーカーということで、日本車への適合は幅広く、軽自動車に適合する商品も充実しています。

加えて、デザイン性の高い商品も数多く取り揃えられているため、若い世代から人気のあるメーカーです。

認知度も抜群で「カーキャリア、ルーフボックスと言えばTERZO」と答える方も多いのではないでしょうか。

日本車への取り付けを検討している方は、まずチェックするべきメーカーと言えます。


THULE(スーリー)
北欧スウェーデンのカーキャリアメーカーです。

最大の特長は、やりすぎというくらいの安全テストをしていることです。

独自の厳しい審査を通過した商品は、安全性と耐久性に優れているため、カーキャリアブランドにしては珍しく、製品保証があります。

それに加え、北欧らしいハイセンスなデザインも人気の理由です。

注意点は、BMWなど輸入車へは幅広く適合するものの、日本車に適合する商品が限られていることです。

特に軽自動車は、日本独自の規格なので注意しましょう。



INNO(イノー)
日本のカーアクセサリーメーカー『カーメイト』が手掛けるカーキャリアブランドです。

価格は比較的リーズナブルながら、品質が高いのが一番の魅力です。

日本のメーカーということで、ちゃんと適合する商品を選べば、ほとんどの日本車に設置できます。

デザインに関して人により評価が別れますが、気に入ればリーズナブルに高品質な商品が手に入るので、初めてのルーフラックを日本車へ設置したい方には、かなりおすすめできるメーカーです。

おすすめのルーフラックの一括比較表

商品名 画像 最安値 スペック
‎サイズ ‎重量 ‎対応車種

テルッツォ(Terzo)

TERZO|ROOF RACK MIDDLE(EA315/EA315B)

TERZO|ROOF RACK MIDDLE(EA315/EA315B)

大型コンテナボックス3つがジャストフィット

130×105×8.6㎝ 7.6㎏ 乗用車

テルッツォ(Terzo)

TERZO|ROOF RACK(EA303/EA303B)

TERZO|ROOF RACK(EA303/EA303B)

コンパクトカー、小型SUVに最適なサイズ感

110×105×8.6㎝ 6.8㎏ 乗用車

テルッツォ(Terzo)

TERZO|ROOF RACK LONG(EA309)232

TERZO|ROOF RACK LONG(EA309)232

スリムなので他のアタッチメントとの併用が可能

150×50×8.6㎝ 5.0㎏ 乗用車

テルッツォ(Terzo)

TERZO|ROOF BASKET RACK SLIM(EA311)243

TERZO|ROOF BASKET  RACK SLIM(EA311)243

スタイリッシュで頑丈なスチールフレーム

120×92.5×15.0㎝ 12㎏ 乗用車、軽自動車

カーメイト(CARMATE)

INNO|エアロラックシェイパー50(INT577BK)249

INNO|エアロラックシェイパー50(INT577BK)249

デュアル積載可能なスリムタイプ

120×92.5×15.0㎝ 12㎏ 乗用車、軽自動車

カーメイト(CARMATE)

INNO|エアロラック120(INT537BK)251

INNO|エアロラック120(INT537BK)251

Mサイズのコンテナボックス8個積載可能な大容量モデル

167×124.5×12㎝ 12.6㎏ 乗用車、軽自動車

カーメイト(CARMATE)

INNO|エアロラックシェイパー110(INT579BK)

INNO|エアロラックシェイパー110(INT579BK)

ミドルサイズSUVと相性抜群

118.5×111.5×7.5㎝ 8.5㎏ 乗用車、軽自動車

カーメイト(CARMATE)

INNO|スタンダードラック110(INT507BK)

INNO|スタンダードラック110(INT507BK)

リーズナブルなINNOラックの標準モデル

119×110×7cm 5.4kg 乗用車、軽自動車

カーメイト(CARMATE)

INNO|エアロラックシェイパーロング120(IN589)

INNO|エアロラックシェイパーロング120(IN589)

ハイエース、大型SUVに合う120サイズの大容量モデル

175 x 117.5 x 7.5 cm 14.2kg 乗用車

ノーブランド

TUFREQ|Lシリーズ6本脚

TUFREQ|Lシリーズ6本脚

SUZUKIエブリィにピッタリの高コスパモデル

200×90×14㎝ 不明 エブリィ他

ノーブランド

TUFREQ|Hシリーズ10本脚

TUFREQ タフレック ルーフラック ルーフキャリア Hシリーズ 10本脚 TOYOTA対応 ハイエースバン H...

老舗日本メーカーのハイエンドモデル

294×135.5×12cm 不明 ハイエース他

精興工業(Seigoukougyou)

TUFREQ|Pシリーズ6本脚

TUFREQ|Pシリーズ6本脚

ジムニーにも合う普及率ナンバーワンモデル

155×133×10cm 不明 ジムニー、ジムニーシエラ他

ROCKY(横山製作所)

ロッキープラス|ZM333PB

ロッキープラス|ZM333PB

プロボックスなどの中型商用車にオススメ

181×109×25.5cm 不明 プロボックス、サクシード

ROCKY(横山製作所)

ロッキープラス|SA-39

ロッキープラス|SA-39

ハイエースバンにフィットする高品質なルーフラック

306.5×14.4×25cm 不明 ハイエースバン、レジアスエースバン、ボンゴブローニィバン

ROCKY(横山製作所)

ロッキープラス|SB₋11

ロッキープラス|SB₋11

シルバーのボディにブラックのパイプでオシャレ

140×88×14.2cm 15kg 乗用車
全15商品を見る

おすすめルーフラック15選

テルッツォ(Terzo)

TERZO|ROOF RACK MIDDLE(EA315/EA315B)

21,030円〜(税込)

大型コンテナボックス3つがジャストフィット

大型のコンテナボックス3つがぴったりと収まるサイズで、特にSUVに最適。

見た目にもこだわり、シックなブラックとスタイリッシュなシルバーの2色があります。

アルミ製で軽く、腐食にも強いのが特徴です。

また、風切り音を減らすための整流板を標準装備しています。

使いやすさと耐久性を兼ね備えた商品です。

‎サイズ
130×105×8.6㎝
‎重量
7.6㎏
‎対応車種
乗用車

テルッツォ(Terzo)

TERZO|ROOF RACK(EA303/EA303B)

15,980円〜(税込)

コンパクトカー、小型SUVに最適なサイズ感

おおよそ1家族分のキャンプ道具が収まる収納力があり、ファミリーに最適なルーフラックです。

コンパクトカーから小型SUVにフィットしやすいサイズ感です。

スタイリッシュな見た目も好評で、特にブラックタイプは洗練された印象を与えます。

風切り音を抑える整流板を標準装備しています。

アルミ製で軽量な上、表面にアルマイト加工を施すことで、腐食に強いのが特長です。

‎サイズ
110×105×8.6㎝
‎重量
6.8㎏
‎対応車種
乗用車

テルッツォ(Terzo)

TERZO|ROOF RACK LONG(EA309)232

20,216円〜(税込)

スリムなので他のアタッチメントとの併用が可能

長さ150cmという収納力の高さを持ちながら、幅は50cmとスリムに設計されているため、ルーフボックスや他のアタッチメントとの併用が可能です。

また、風切り音を低減する整流板が装備されており、走行中の騒音を抑えることができます。

重量はわずか5kgと非常に軽量で、1人でも簡単に取り外し可能です。

大型のSUVなど大きな車両に最適で、使い勝手の良さと機能性を兼ね備えています。

‎サイズ
150×50×8.6㎝
‎重量
5.0㎏
‎対応車種
乗用車

テルッツォ(Terzo)

TERZO|ROOF BASKET RACK SLIM(EA311)243

55,800円〜(税込)

スタイリッシュで頑丈なスチールフレーム

メッシュ状のバスケット形を採用しており、その武骨で洗練された外観が魅力的です。

ジムニー、クロスビー、ハスラーといった小型SUVに最適なサイズ感です。

また、スチールフレームを用いることで、重さはやや増しますが、スタイルが一層引き立ち、耐久性にも優れています。

ただ荷物を収納するだけでなく、ドレスアップアイテムとしても推奨されるこの商品は、機能性とデザイン性を兼ね備えた若者に人気の商品です。

‎サイズ
120×92.5×15.0㎝
‎重量
12㎏
‎対応車種
乗用車、軽自動車

カーメイト(CARMATE)

INNO|エアロラックシェイパー50(INT577BK)249

19,800円〜(税込)

デュアル積載可能なスリムタイプ

ルーフボックスなど、他の装備との併用が可能なスリムタイプです。

とはいえ、収納力は高く、コンテナボックス2つを積載可能です。

また、フレームはアルミ製なのでサビに強く、堅牢性を備えています。

大きな特長は、パネルを縦方向に並べることにより、風切り音を軽減することができ、燃費へ影響を与えにくい設計であることです。

さらに、INNO製のエアロバーおよびスクエアバーどちらにも対応しており、幅広い車種に取り付け可能です。

‎サイズ
120×92.5×15.0㎝
‎重量
12㎏
‎対応車種
乗用車、軽自動車

カーメイト(CARMATE)

INNO|エアロラック120(INT537BK)251

61,655円〜(税込)

Mサイズのコンテナボックス8個積載可能な大容量モデル

ミニバンや軽ハイトワゴンに最適なサイズ感です。

Mサイズのコンテナボックスを最大8個まで積載でき、実用性は文句なしです。

アルミ製でサビに強く、フロアパネルを縦に配置することで、風切り音を軽減しています。

マットブラックのスタイリッシュで落ち着いたデザインは、どんな車にもマッチしやすく、見た目の印象も良いでしょう。

INNO製エアロバー、スクエアバーどちらにも対応しており、取り付けの幅広さも魅力の1つです。

‎サイズ
167×124.5×12㎝
‎重量
12.6㎏
‎対応車種
乗用車、軽自動車

カーメイト(CARMATE)

INNO|エアロラックシェイパー110(INT579BK)

27,291円〜(税込)

ミドルサイズSUVと相性抜群

RAV4やCX₋5など、ミドルサイズSUVとマッチするサイズのルーフラックです。

容量は大きく、Mサイズのコンテナボックスを最大6個積載可能です。

他のINNO製品と同様に、フロアパネルを縦に配置することで風切り音を軽減しています。

加えて、サビに強く堅牢なアルミボディを採用しています。

INNO製のスクエアベース、エアロベースどちらでも取りつけが可能で、サイズが合えば自動車メーカー純正クロスバーのTスロットにも装着可能と、汎用性が非常に高いのも魅力のひとつです。

‎サイズ
118.5×111.5×7.5㎝
‎重量
8.5㎏
‎対応車種
乗用車、軽自動車

カーメイト(CARMATE)

INNO|スタンダードラック110(INT507BK)

12,700円〜(税込)

リーズナブルなINNOラックの標準モデル

シンプルでリーズナブルなので、初めてのルーフラックにうってつけのモデルです。

ミドルサイズSUVやミニバンにちょうど良いサイズで、マットブラックのボディはどんな車にも合います。

フロア面には細いパイプが使用されているので、積載物の固定の自由がききやすく、使い勝手が良いのが特長です。

前後のパイプは上下に動かすことができ、コンテナボックスから長尺物まで幅広い荷物に対応します。

INNOの2種類のベースキャリア(エアロベース・スクエアベース)なら、どちらでも取り付け可能です。

‎サイズ
119×110×7cm
‎重量
5.4kg
‎対応車種
乗用車、軽自動車

カーメイト(CARMATE)

INNO|エアロラックシェイパーロング120(IN589)

29,700円〜(税込)

ハイエース、大型SUVに合う120サイズの大容量モデル

幅が120㎝とワイドなので、たくさん荷物を載せたい人におすすめのモデルです。

ハイエースや大型SUVといった、大きな車に合うサイズ感です。

静粛性にもこだわっており、フロアパネルを縦に配置することで、風切り音を軽減しています。

カラーはスタイリッシュなシルバーで、アウトドアはもちろん、街乗りにもマッチするデザインが魅力といえるでしょう。

荷物の多い、大人数のキャンプなどでの使用におすすめしたい商品です。

‎サイズ
175 x 117.5 x 7.5 cm
‎重量
14.2kg
‎対応車種
乗用車

ノーブランド

TUFREQ|Lシリーズ6本脚

12,444円〜(税込)

SUZUKIエブリィにピッタリの高コスパモデル

TUFREQは、昭和32年創業の日本のルーフラックメーカーであり、実績と信頼は十分です。

車のデザインを邪魔しないスチールにメッキ加工を施してあるスタンダードモデルで、なんといってもリーズナブルな価格が魅力です。

前後のフレームは、ボルトを緩める事によって上下移動が可能となり、長尺物の積載も可能です。

SUZUKIエブリィにピッタリのサイズ感で、お仕事で利用したい人にもおすすめできます。

‎サイズ
200×90×14㎝
‎重量
不明
‎対応車種
エブリィ他

ノーブランド

TUFREQ|Hシリーズ10本脚

54,860円〜(税込)

老舗日本メーカーのハイエンドモデル

昭和32年創業、日本の老舗メーカー精興工業が手掛けるカーキャリアブランドTUFREQのハイエンドモデルです。

材質はアルミを使用し高級感を演出しつつ、サビにくく、タフなボディに仕上げています。

ハイエースにちょうど良いサイズで、キャンプやアウトドアはもちろん、お仕事での使用もおすすめです。

前後のパイプは上下に動かせて、カゴ型にすれば荷物が落ちにくく、フラットなら長尺物を載せることもできます。

‎サイズ
294×135.5×12cm
‎重量
不明
‎対応車種
ハイエース他

精興工業(Seigoukougyou)

TUFREQ|Pシリーズ6本脚

23,525円〜(税込)

ジムニーにも合う普及率ナンバーワンモデル

TUFREQシリーズの中で1番売れているPシリーズです。

リーズナブルながら、安心の日本メーカーだから高品質です。

どんな車にも合いやすいスチールのフレームには、黒塗装仕上げが施されており、高級感があります。

商用車のほか、型式が合えばジムニーやジムニーシエラにも装着可能なことから、アウトドアシーンでも人気のある商品です。

‎サイズ
155×133×10cm
‎重量
不明
‎対応車種
ジムニー、ジムニーシエラ他

ROCKY(横山製作所)

ロッキープラス|ZM333PB

22,440円〜(税込)

プロボックスなどの中型商用車にオススメ

昭和21年創業の日本の老舗メーカー『ロッキープラス』のスタンダードモデルで、こちらの商品は、プロボックスとサクシードにピッタリ合うサイズです。

ZMシリーズは、耐食性に優れた加工が施されており、ユニクロめっき加工に比べ、10~20倍もの耐食性をほこります。

滑り止めのラバーやロープフック、高さ調節など実用性も抜群です。

お仕事はもちろん、アウトドアでも大活躍してくれるルーフラックです。

‎サイズ
181×109×25.5cm
‎重量
不明
‎対応車種
プロボックス、サクシード

ROCKY(横山製作所)

ロッキープラス|SA-39

12,766円〜(税込)

ハイエースバンにフィットする高品質なルーフラック

ハイエースバン、レジアスエースバン、ボンゴブローニィバン専用のルーフラックです。

高品質ながら、コストパフォーマンスに優れた商品です。

本体枠には軽くて頑丈なアルミを使用しているため、燃費に影響を与えにくく、ハードな使用にも長期間耐えられます

ハイエースの天井部のほとんどをカバーするほどの長さで、積載力は抜群です。

ハードな使用を想定している方に、とてもオススメの商品です。

‎サイズ
306.5×14.4×25cm
‎重量
不明
‎対応車種
ハイエースバン、レジアスエースバン、ボンゴブローニィバン

ROCKY(横山製作所)

ロッキープラス|SB₋11

26,710円〜(税込)

シルバーのボディにブラックのパイプでオシャレ

最大荷重30kgと、軽量物の運搬に適したルーフラックです。

主にステーションワゴンタイプへ取り付けが可能で、コンパクトながら存在感を発揮します。

シルバーのフレームに、シックな黒のパイプを配置し、とてもおしゃれな印象です。

さらに、前後のパイプを上下に動かすことで、荷物の落下防止や長尺物の運搬も可能にします。

‎サイズ
140×88×14.2cm
‎重量
15kg
‎対応車種
乗用車

ルーフラック使用時の注意点

荷物をたくさん積めて非常に便利なルーフラックですが、正しく使用しないと重大な事故に繋がる可能性があり、注意が必要です。

主な注意点は、以下の2つです。
  • 荷物が落下しないようしっかりと固縛する
  • 荷物積載後の高さを把握しておく
思わぬトラブルを起こさないためにも、注意点をしっかり把握しておきましょう。

荷物が落下しないようしっかりと固縛する

ルーフラックに荷物を積む際は、しっかりと固定され、走行時に絶対に落下しないかどうか確認する必要があります。

理由は、荷物が落下すると後続車に大きな危険をもたらすだけでなく、重大な交通事故につながる可能性もあるからです。

専用のストラップやネットを使用し、荷物が動かないようにしっかりと締め付けて、安全に走行するよう心がけましょう。

荷物積載後の高さを把握しておく

ルーフラックに荷物を積んだ後の、全体の高さを把握することも重要です。

駐車場やトンネルなど、高さ制限がある場所を通過する際、普段問題なく通過できる場所でも、接触や事故のリスクが高まります。

キャンプの帰りに立ち寄ったお店の、立体駐車場でぶつけてしまったなどは、よくある話。

荷物を積んだ後の車の全高を把握し、走行時は常に高さを意識しておくようにしましょう。

ルーフラックのよくある質問

ルーフラックの購入を検討している方から、以下のような質問がよくあります。
  • ルーフラックを取りつけた状態で車検は通る?
  • ルーフラックを取りつけたまま洗車機は利用可能?
初めてルーフラックを取り付ける方は気になる点だと思うので、それぞれ回答します。

ルーフラックを取りつけた状態で車検は通る?

結論、種類や取り付け方法によって異なりますが、一般的に市販されているものなら、ルーフラックを装着したまま車検を通すことは可能です。

ただし、規格以上に大きいものや重いもの、正しく装着されていないもの、車両の照明器具を遮っているものを装着していると、車検に通らない可能性があります。

正しく取りつけさえしていれば、心配しなくても良いでしょう。

ルーフラックを取りつけたまま洗車機は利用可能?

洗車機によっては、取り付け部品でルーフラックを選択していれば洗車可能な場合もありますが、基本的にはやめておいたほうが良いでしょう。

一概にルーフラックといってもさまざまな形、大きさがあるので、洗車機がどこまで認識してくれるかは定かではありません。

洗車機が原因で傷がついたとしても保証されるとは限らず、トラブルに発展する可能性も。

洗車機を利用したいなら、取り外してからの利用をおすすめします。

【まとめ】ルーフラックを取りつけておしゃれで快適なカーライフを!

今回は、ルーフラックについて解説し、おすすめの商品を紹介しました。

初めて取り付けを検討している方にとっては、あまり馴染みがなく、なんだか難しい印象を持っているかもしれません。

しかし、ポイントさえしっかり押さえていれば、意外とシンプルでとても便利なアイテムです。

この記事を参考に、あなたに最適なルーフラックを選び、安全かつ快適なカーライフをお楽しみください!

※楽天市場では価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。
商品詳細