事故車バイクのおすすめ買取店5選|高く買取してもらうコツも徹底解説!

バイク
バイクで事故を起こしてしまった時、修理をするより売却を考える方も多いでしょう。

実際、バイクにはパーツに価値があったり、買取業者が修理することで再び高値で販売できたりするため、事故車でも高価買取を目指せます。

本記事では、事故車バイクを高く買い取ってもらうコツやおすすめの買取業車を紹介していきます。

CarMe編集部

新車・自動車ニュースのWEBマガジン「CarMe[カーミー]」を運営。
「カーライフを楽しむ全ての人に」を理念に掲げ、編集に取り組んでいます。

CarMe編集部
Chapter
事故車バイク買取のおすすめ業者5選
事故車バイクを高く買取してもらうコツ9選
事故車バイクを売るときに用意する書類
高価買取してもらえる事故車バイクの特徴
事故車バイクを売るときの注意点
事故車バイクを高く買取してもらうには即座に行動することが大事

事故車バイク買取のおすすめ業者5選

次に、事故車バイクの買取をお願いする際におすすめの業者を、以下の5つ紹介します。
  • バイク王
  • バイク館
  • バイクワン
  • バイクランド
  • バイクブーン

株式会社バイク王&カンパニー

バイク王

ナンバーワンのバイク買取実績

バイク王は、業界でも最大級のシェアを誇り、ナンバーワンの買取実績がある買取業者で、事故車バイクにも対応しています。

全国展開しており広範囲で査定が可能かつ、全国一律の買取基準を持っているため、査定する業者によって価格が変動するリスクも少なくなります。

事故車バイクに対する豊富な査定経験もあり、経験に即した査定をしてもらえることが期待できるでしょう。

自宅への無料出張査定にも対応しており、価格がつかなくても無料で引き取ってくれるのも魅力の1つです。

もし買取価格がついた場合、3万円以内ならその場でスタッフから現金がもらえる即金性も兼ね備えています。

さらに、バイク王では買い取ったバイクを自社で販売しており、買取から販売までの期間も最短3週間です。

そのため、他の業者に売り上げの一部を分ける必要もなく、大幅なコストダウンを実現しています。

株式会社バイク館イエローハット

バイク館

あのイエローハットグループが運営

バイク館は、CMでも有名なイエローハットグループが運営しています。

カー用品やバイク販売だけでなく、買取店も全国展開しており、買取対象エリアも全国に広がっています。

もちろん、事故車バイクにも対応し、実績も多数あって安心です。

バイク館は、日本国内だけでなく、海外輸出部門やオークション提携部門も存在するため、事故車バイクの高価買取にも期待できます。

バイク館(イエローハット)は日本全国に多くの店舗を抱えており、ショップ同士の連携も盛んなので、地域での価格差は少ないと言えます。

バイク館も、バイク王と同じく自社販売が主な業務で、販売店に手数料を支払う必要がなくコストダウンができています。

株式会社バイクワン

バイクワン

カスタムバイクの買取に強い

バイクワンは、独自に事故車買取相場を構築しているため、他業者よりも事故車バイクを買い取ってもらえる可能性が高いと言えます。

そのため、一度買取を断られた経験がある場合、バイクワンで査定をお願いしてみても良いかもしれません。

それでも値段がつかず、廃車するしかなくても、廃車費用を全額負担してくれるのもメリットと言えるでしょう。

また、バイクワンの最大の魅力は、カスタムされたバイク全般の買取に強いことです。

買取した事故車は、車体のオークション出品や店舗販売だけでなく、使える部品の中古販売などパーツのみの販売ルートも所持しています。

もちろん、自宅への出張査定は無料です。バイクワンは、どんな状態の事故車バイクでも一度買取査定をしてみるのにおすすめの業者です。

株式会社アークコア

バイクランド

最短30秒でオンライン査定!

バイクランドは、業界規模No.2のバイク買取専門業者です。

規模が大きく、日本全国の買取に対応しています。

事故車でも出張査定の費用が完全無料で全国対応のため、レッカーでバイクを店舗に持っていく手間もかかりません。

また、名義変更などの各種手数料も全て無料で行ってくれます。

また、バイクランドの最大の特徴は、最短30秒でオンライン査定を完了できるところです。

オンライン査定後に出張査定も申し込め、最終的に買取に至らなくても手数料がかかりません。

時間がなく、廃車になっても構わないから、スムーズにバイクを買い取って欲しい方は、バイクランドを利用してみましょう。

手数料
無料
入金スピード
最短即日
対応地域
全国
廃車買取
可能

株式会社バイクブーン

バイクブーン

その場で現金支払いしてくれる

バイクブーンも、事故車買取が可能な買取業者の1つです。

査定方法は、オンライン査定と電話問い合わせの2種類から選択でき、なかなかお店に行く時間がない場合でも安心できます。

オンライン自動査定では、たったの3ステップで参考の査定額がわかるのもポイントです。

損傷がひどく、バイクとしては販売できなくても、部品のみ販売するルートも確保されています。

自宅への出張査定も無料で、成約した場合はその場で現金支払いのため、即金性もバッチリです。

手数料
無料
入金スピード
最短即日
対応地域
全国
廃車買取
可能

事故車バイクを高く買取してもらうコツ9選

事故車バイクを高価買取してもらうためには、以下の9点を意識するといいでしょう。
  • 自社工場で修理できる買取業者に査定してもらう
  • 査定を複数の業者にしてもらう
  • バイクの種類やカスタム具合に応じて買取店を使い分ける
  • 売る時期を繁忙期準備の少し前に合わせる
  • 全国展開している会社に査定をお願いする
  • 放置せずできるだけ早く売る
  • まだ使えるパーツと事故で破損したパーツをまとめて査定してもらう
  • 車体の損傷が激しい場合輸出で海外販売できる業者に買取してもらう
  • 故障箇所を正直に伝える

コツ①:自社で修理できる買取業者に査定してもらう

事故車バイクで修理が必要な場合、再び販売するためには修復をしないといけません。

この修理を買取業車ができない場合、販売までに余計な経費や期間のコストが発生することになり、買取価格に大きな影響がでます。

また、修理にかかる時間や費用が明確に推測できない場合も多く、保険のためにあえて買取額を下げることも考えられるため、自社修理できない業者での査定はおすすめできません。

一方、自社修理できる買取業者の場合、コストが抑えられる分をユーザーに還元できるため、満足のいく査定につながる可能性が高いでしょう。

自社で修理できる買取店は全国展開している業者が多いです。

査定してもらう業者を選ぶ際の参考にしてみてください。

コツ②:査定を複数の業者にしてもらう

事故車バイクの買取額は、買取業者によって様々です。

そのため、1つの買取業者の査定額よりも、他の業者の方が大幅に上回ることもあります。

査定額が異なるのは、業者によって買い取った事故車バイクの修復フローや流通経路が異なるからです。

例えば、流通ルートが限られている場合、査定時点で店舗側が欲しい車種でないと高価買取が難しい、もしくは買取してもらえない場合もあります。

一方、海外やオークションなど、多くの販売ルートを持っている業者であれば、車種によって適切な価格で売却ができる可能性が高まります。

事故車バイクの査定をしてもらう際は、1社ではなく複数の業者に頼むと良いでしょう。

複数の業者に依頼する時に頼もしいのが、KATIXなどの一括査定サイトです。

一括査定サイトでは、一気に複数社に査定を依頼できるため、手軽にバイクの高価買取を目指せます。

コツ③:バイクの種類やカスタム具合に応じて買取店を使い分ける

バイクの車種には国産や輸入か、純正パーツかカスタムパーツかなど様々な種類があります。

そのため、買取業者を選ぶときは、自分の車種やカスタム具合に近いバイクの買取実績が多い業者を選ぶようにしましょう。

例えば、ある車種の事故車買取実績が多い業者の場合、修復するための費用をある程度推測しやすくなるメリットがあります。

そのため、より精度の高い査定ができ、ユーザーに還元される買取金額も多く正確に出せる可能性が上がるのは想像に難くありません。

また、カスタムパーツの価値を熟知し、相場の価格で買取をしてくれる業者や、純正パーツもまとめて買い取ってくれる業者も存在します。

自分のバイクの状態を考えて、適切な買取業者を選ぶことが大切です。

コツ④:売る時期を繁忙期準備の少し前に合わせる

バイクは、3~5月の間が1番売れやすい繁忙期と言われています。

なぜなら、引っ越しなどで新しい環境になる人が多かったり、気温が上がってバイクを運転する人が増えたりするからです。

ただ、3月に査定をお願いしようとしても、査定希望者が多く、予約が取れないことも多くなります。

また、販売店からすれば、繁忙期までにできるだけ在庫を増やしておきたいと考えます。事故車バイクは修理にも時間がかかるため、余裕を持って買取、修復しておきたいと考えるでしょう。

そのため、繁忙期前の2月前半~中盤までに査定をしてもらうと、査定額が高くなる可能性が大きいでしょう。

■無理に時期を合わせる必要はない
一方で、バイクは年月が経つほど価値が下がってしまうのは事実です。

また、査定をしてもらうまで長期間空いていると、メンテナンスや保管環境の維持の必要も出てきて余計なコストがかかってしまいます。

そのため、繁忙期の時期に限らず、できるだけ早く査定をし、自分の事故車バイクの相場を判断するのも1つの手です。

査定時に、時期によって価格が変わるのかを複数の業者に聞いてみるのもいいでしょう。

コツ⑤:全国展開している会社に査定をお願いする

事故車バイクを高く売りたい場合、全国で展開している業者に買い取ってもらうのがおすすめです。

なぜなら、全国展開の業者のほうが買取価格が高い傾向にあるからです。

逆に全国展開していない地域の業者の場合、売れ残るリスクを考えて査定額を減らす可能性があります。

バイクの査定業者を探す際は、全国展開しているかどうかや、販路の状況などを確認して選ぶといいでしょう。

コツ⑥:放置せずできるだけ早く売る

事故車バイクは、放置してしまうと汚れの付着などの悪影響が出てきます。

これらは、査定の評価にも大きく影響し、放置期間が長いとそれだけ高く査定してもらえる可能性も低くなります。

また、先ほど解説したように、バイクは購入から時間が経てば経つほど価値が下落するものです。

もう使わないと決めたならば、まずはすぐに査定をお願いするようにしましょう。

コツ⑦:まだ使えるパーツと事故で破損したパーツをまとめて査定してもらう

買取予定のバイク事故車で、破損したパーツが別である場合、それもまとめて査定してもらうようにしましょう。

例えば、樹脂パーツなら破損していても修復可能なため、新しいパーツを用意する必要がなくなり、査定結果に良い影響を及ぼす可能性が高いです。

また、同じような理由で、事故車になったバイクから使えるパーツを切り離して先に売ることも避けましょう。

事故車バイクは、初め修復を目的として査定されます。

もし、新しくパーツを用意したり、部分的な修理が発生するとその分買取価格は下がってしまうでしょう。

一般的に、パーツ単体よりは、車体とパーツがセットになっていた方が合計額が高くなる可能性が高いです。

バイク事故車は破損したパーツとまだ使えるパーツを一緒に査定してもらうことを心がけましょう。

コツ⑧:車体の損傷が激しい場合、輸出ルートが有る業者に買取してもらう

激しい事故によって、大幅に車体が傷つき、買取額がつかないと考える場合は、輸出に強い業者を選ぶようにしましょう。

日本の基準では値段がつかなくても、海外では値段がつく場合もありますし、パーツにばらして売却できる場合もあるからです。

また、物価が日本より低いところであれば、修理代金もあまりかからないため、プラスの査定になる可能性も期待できるでしょう。

コツ⑨:故障箇所を正直に伝える

買取店にとって、事故車バイクの損傷した部分、不具合のある部分を知ることは、修理コストや修理可能性を知るうえで重要な要素になります。

故障箇所を理解できれば、買取価格もより良い条件で提示しやすくなるため、嘘はつかずに正直に答えましょう。

逆に、故障箇所を全て伝えられない、もしくは不明な部分があると、買取業者側もリスク対策として買取価格を下げる可能性が高いです。

そのため、事故車バイクの売却を考えている場合は、どこに損傷や不具合があるか等をメモしておき、査定業者に正しく伝えられるようにしておくと良いでしょう。

事故車バイクを売るときに用意する書類

事故車バイクを売るときに必要な書類は、通常のバイク買取をする際と同じで、下記の通りです。
  • 身分証明書
  • 印鑑(業者によって異なる)
  • 標識交付書
  • 自賠責保険証
特に、標識交付書や自賠責保険証に記載の車体番号は、売却の際に必須なので覚えておきましょう。

高価買取してもらえる事故車バイクの特徴

続いて、高価買取してもらえる事故車バイクの特徴を、以下の順に解説します。
  • 輸出用にできる車種
  • 価値の高い車種
  • 事故から時間が経っておらず損傷箇所が明確
  • 保管状況が綺麗でパーツが揃っている

輸出用にできる車種

国内4大メーカーのバイクなど、海外で需要があるバイクは、輸出用にできるため比較的高価に買取してもらえる可能性が高くなります。

輸出する際は、バイクをしばらく動かさないことになるので、エンジンがかかりづらくなり、現地で結局メンテナンスが必要になります。

そのため、貿易業者も修理の手間が大掛かりになるものでなければ、気にせず買取を行おうと考えるため、ニーズが多いと考えられます。

価値の高い車種

国内で人気の価値の高い車種は、少し修理代金が高くかかっても元がとれるため、買い取ってもらえる場合も多いです。

特に、エンジンとフレーム以外の損傷であれば、本体が大きく傷ついていても買い取ってもらえる可能性が高くなります。

見た目がひどいからといって廃車を考えるのは少しだけ待ちましょう。価値があるバイクであれば、修理してでも販売したいという買取業者がいるかもしれません。

それぞれの買取業者の得意車種や事故車修理のノウハウがたくさんあるかどうかを基準に、本記事でもおすすめしている幾つかの買取業者に査定してもらうことをおすすめします。

事故から時間が経っておらず損傷箇所が明確

事故車バイクは、事故から時間が経つほどに劣化が激しくなり、値がつくバイクでも廃車するしかない状態になることもあります。

なぜなら、バイクはエンジンを作動させないと不具合発生のリスクが上昇するからです。

また、事故車バイクを査定する際、売主が明確に損傷箇所を説明する必要が出てきます。

そのため、事故車になってもできるだけ当時の状況を残しておき、査定士がバイクにどんな衝撃が加わったのか推定できる状態にしておくことも大切です。

もし、事故後に勝手に自分でパーツを外してしまうと、どういった衝撃がバイクに加わったか分かりにくくなり、どう再販するかの想像がしにくくなります。

査定額もその影響で下がってしまうため、良いことがありません。

事故から時間が経っていなければ、当時の状況を詳しく話すことができ、バイクの劣化も進まないため、査定がしやすくなるでしょう。

事故車バイクは、できるだけすぐに査定に出すことが大切です。

保管状況が綺麗でパーツが揃っている

事故車バイクをすぐに査定できず、放ってしまっていた場合は、すぐに保管状況を見直しましょう。

バイクの部品は特に雨に弱く、雨にさらされるところで放置してしまうとすぐに劣化につながってしまうため、事故車になっても保管方法に配慮することをおすすめします。

保管状況が良ければ、純正やカスタムのパーツに限らず、価値のあるパーツがあるだけでも再販できる可能性が高まります。

バイク買取業者の中には、部品の販売に長けているところもあり、たとえバイクとしては機能しなくとも、パーツが綺麗に保管されていれば買取価格がつく場合もあるでしょう。

事故車バイクを売るときの注意点

最後に、事故車バイクを売る時の注意点について解説します。
事故車バイクを売る時の注意点
  • 引き取りの費用が無料かどうか確認する
  • エンジンやフレームの損傷は価値が大きく下がる

注意点①:引き取りの費用が無料かどうか確認する

事故車バイクは、店頭まで持っていけないことがほとんどです。

そのため、買取には自宅査定やレッカーで指定の場所から回収する必要もあります。

追加の手間が多くかかるからこそ、買取や査定にかかる費用が無料かどうかはきちんとチェックしておきましょう。

基本的に、買取にかかる諸費用は、バイクの査定金額を減額することで相殺されています。

相殺されているとはいっても、手続きなどを自社で行っていればコストは微々たるもので済むので、査定金額にあまり影響はありません。

ただし、地域の小規模な事業者や仲介業のような形で買取を行っている一部の事業者の場合、バイクには値をつけず、さらにリサイクル料などの手数料を取られる可能性もあります。

そのため、買取から書類の手続き、引き取りまで手数料はかからないのか、ちゃんと確認しておきましょう。

注意点②:エンジンやフレームの損傷は価値が大きく下がる

事故車バイクの損傷の中でも、特に査定に影響が出るのはエンジンやフレームの損傷です。

事故でフレームが曲がってしまった場合、修理しても修理してもまともに走れないことがあります。

また、フレームが真上がるほどの衝撃を受けると、他の部分の損傷も激しいことが予想されるため、査定が厳しくなってきます。

また、エンジンはバイクの心臓に当たる大事な部分であり、外部や内部総称を起こしていると交換しか対応できない場合もあります。

エンジンが始動できない場合や、ガソリン漏れが止まらない場合は、買取はかなり難しいと考えるべきでしょう。

エンジンやフレームの損傷は、再販するコストが非常に高くなるため、高価買取がしにくいことを理解しておきましょう。

事故車バイクを高く買取してもらうには即座に行動することが大事

事故車バイクを高く買取してもらうコツやおすすめの買取業者について解説しました。

事故車バイクを売る場合は、できるだけ早めに複数の買取業者に連絡して査定してもらうと良いでしょう。

なぜなら、事故から時間が経つほどバイクに不具合が起こりやすくなり、事故当時の状況の記憶も薄れて、査定士に正確な情報を伝えられなくなるからです。

査定をお願いする業者は、全国対応で自社修理に対応しており、販売ルートを多く持っているところがおすすめです。

本記事で紹介した買取業者から、好きな会社を選んで連絡してみましょう。

商品詳細