【車好きインプレ】新型プジョー2008 GT-Lineに乗ってみた

プジョーのコンパクトハッチ208をベースにしたコンパクトSUVが2008です。日本での発売は2014年からで、2016年9月より新型が導入されています。その新型は、直列3気筒の1.2L PureTechターボエンジンに、6速ATの組み合わせ。新しい2008の乗り味は、どんなものでしょうか?

Chapter
【動画】新型プジョー2008 GT-Lineに試乗してみた

【動画】新型プジョー2008 GT-Lineに試乗してみた

無題

プジョー初のコンパクトSUVが一般に初めて公開されたのは2012年のパリモーターショー。本国での発売は2013年で、日本では2014年から販売が開始されました。そして2016年に新型が投入されています。

ベースをコンパクトハッチの208とする2008のエンジンは、1.2Lターボと1.6Lのガソリンと、1.6Lのディーゼルという3種類ですが、それぞれ出力が異なる仕様が用意されています。このうち日本に導入されているのは、最高出力81kW(110ps)/5,500rpmと最大トルク205Nm/1,500rpmをそれぞれ発生する1.2Lターボエンジン。ミッションは、アイシン製の6速ATが組み合わされています。

ボディデザインは、208がベースになっているものの、全長200mmm、全高80mmほど拡大。ステーションワゴンモデルのSWを凌駕する使い勝手を実現しています。また、細部の意匠を変更することで、存在感を際立たせています。

日本国内のグレードは、フル装備のAllure(アリュール)とスポーツグレードのGT Lineの2タイプ。動画では、4シーズンタイヤを装着したGT Lineを試乗しています。さて、乗り心地などはどうなのでしょうか?動画をチェックしてみましょう!