ルパン3世にも登場!フィアット500(チンクエチェント)を振り返る

フィアット500 NUOVA

映画「ルパン3世 カリオストロの城」に登場している旧車の500には魅力がいっぱい!ルパンの愛車でもあるフィアット 500。この500の読み方は「チンクエチェント」です。イタリアの自動車メーカーであるフィアットが、500を発表してからなんと約80年経ちました。今回は、初代500やNUOVAなど愛され続けるフィアット 500の変遷を見ていきます。

チンクエチェントって?

3代目のフィアット 500と言われているのが、このチンクエチェント。これまで表記は500、呼び名はチンクエチェントだったのが、ここに来て統一されました。1991年から1998年まで発売されたチンクエチェントですが、デザインがこれまでと比べて一新されたことで注目を集めました。

フィアットのHPには「500を愛する500の理由」という特設サイトがあって、多くのフィアット 500ドライバーの声を見ることができます。コンパクトカー、またはフィアット 500に興味がある人は見ると楽しめますよ!