画質・後方視認性が向上!大画面デジタルルームミラー型ドライブレコーダー“ミラレコ”「DRV-EM4800」ケンウッドから新登場!

DRV-EM4800

※この記事には広告が含まれます

JVCケンウッドは2023年8月23日、KENWOODブランドより、ドライブレコーダーの新ラインアップとして、前方・後方の同時撮影に対応するデジタルルームミラー型ドライブレコーダー“ミラレコ”DRV-EM4800」を9月下旬より発売すると発表しました。

価格はオープンプライスで、市場予想価格は5万4100円(税別)前後となります。
Chapter
人気のミラー型!デジタルルームミラー + 2カメラドライブレコーダーの最新型
さらなる高画質化、後方視認性の向上を実現!ドライバーの安心・安全な運転をサポートする機能も充実
価格情報
「DRV-EM4800」 走行動画

人気のミラー型!デジタルルームミラー + 2カメラドライブレコーダーの最新型

DRV-EM4800」は、大画面12V型IPS液晶を採用したデジタルルームミラーを搭載する前後撮影対応2カメラドライブレコーダーです。

ドライブレコーダーとして前方・後方の走行映像の録画を行うとともに、デジタルルームミラーとしてリアカメラで撮影する映像をリアルタイムに高画質で大画面に映し出し、荷物や車体などで生じる死角が少なく、広い視界で後方確認が可能となっています。

後方車との距離感をつかみやすくする「表示画角調整機能※1」や、斜め後方車の接近を警告する新機能を含む「運転支援機能」を搭載し、ドライバーの安心・安全運転をサポート。

また、独自の映像・車載技術でチューニングした「Hi-CLEAR TUNE(ハイクリアチューン)」により総合的に画質を向上させ、自然でクリアな映像表示と録画を実現しているといいます。

※1:「表示画角調整機能」は標準の映像(1.0x)を拡大処理するため、倍率を上げると解像度は下がります。

さらなる高画質化、後方視認性の向上を実現!ドライバーの安心・安全な運転をサポートする機能も充実

「DRV-EM4800」は、「DRV-EM4700」の後継モデルとして、さらなる高画質化、後方視認性の向上など、デジタルルームミラー型としての性能をアップしつつ、ドライバーの安心・安全な運転をサポートする機能も充実させています。

1.リアカメラの高画質映像を大画面12型IPS液晶に映し出し、死角の少ない後方確認が可能

リアカメラで撮影する高画質映像をリアルタイムに大画面12型IPS液晶のデジタルルームミラーに映し出し、荷物や車体などで生じる死角の少ない後方確認が可能です。

2.後方車との距離感をつかみやすいよう、映像を6段階で拡大できる「表示画角調整機能※1」を新搭載

デジタルルームミラーに表示するリアカメラの映像を6段階で拡大できる「表示画角調整機能※1」を新搭載。広角レンズによる遠近感の強調を調整することができ、後方車との距離感をつみやすくすることが可能です。

3.独自の映像・車載技術でチューニングした「Hi-CLEAR TUNE」により、総合的に画質および機能を向上

JVCケンウッドがドライブレコーダーの開発において長年にわたり培ってきた独自の映像技術と車載技術を組み込み、チューニングを行った「Hi-CLEAR TUNE(ハイクリアチューン)」により、総合的に画質や機能を向上させ、映像性能および機能性を強化しています。

デジタルルームミラーの映像表示においても自然でクリアな画質表示を実現しています。

4.明るく低ノイズで色再現性に優れたCMOSセンサー「PureCel®Plus」を新採用

前後2カメラに明るく、低ノイズで、色再現性に優れた裏面照射型CMOSセンサー「PureCel®Plus」を新採用。

夜間やトンネル内など暗いシーンでは明るくノイズの少ない映像で撮影し、明るいシーンでは色再現性に優れた映像の撮影が可能です。

5.前後2カメラにHDR機能を搭載し、トンネルの出入り口など明暗差の大きなシーンで安定した録画が可能

前後2カメラにHDR(ハイダイナミックレンジ)機能を搭載。逆光やトンネルの出入り口、夜間走行時の照明など、明暗差が激しい環境時に起きやすい「白とび」や「黒つぶれ」を抑え、安定した映像表示と録画を実現しています。

6.駐車時などの後方確認をサポートする、リバース連動「画角自動下降機能」を新搭載

リバースに連動し、駐車時などに後方確認をサポートする「画角自動下降機能」を新搭載。本機のリバース検出コードを車両に接続※2することにより、車両後退時、あらかじめ設定した下向きの角度に自動的にアングルが切り替わります。バックカメラの補助的な役割としても利用できます。

※2:本機のリバース検出コードを付属の中継コネクターを使用し、車両のリバースランプハーネスに接続する必要があります。

7.広範囲を記録できる広視野角レンズを採用

前後2カメラに、水平:約133°/垂直:約69°/対角:約162°の広視野角レンズを採用。前方・後方映像ともに、広い範囲の録画に対応します。

8.リアカメラに「明るさ調整機能」を搭載、リアガラスがスモークガラスでも明るい映像で録画が可能

前後2カメラの明るさをそれぞれ3段階の調整ができる「明るさ調整機能」を搭載。リアガラスがスモークガラスの場合でも、リアカメラの明るさだけを調整して、後方の映像を明るく、鮮明な映像で表示と録画をすることが可能です。

9.斜め後方からの車両接近を警告する新機能をはじめ、ドライブをサポートする「運転支援機能」を搭載

・【新機能】斜め後方障害物警告
死角となる斜め後方に接近する車両を検出すると、画面表示と警告音で知らせます。

・後方急接近警告
後方車両の急接近を検出すると、画面表示と警告音で知らせ、イベント記録を開始します。

・前方衝突警告
走行中に前方車両との距離を検出し、安全な距離が保たれていない場合に警告音を鳴らして画面にアイコンを表示します。

・車線逸脱警告
走行中に車線を逸脱したとき、警告音を鳴らして画面にアイコンを表示します。

・発進遅れ警告
信号などで停車中に前方車両が発進して離れてしまったとき、警告音を鳴らして画面にアイコンを表示します。

10.取り付け位置の自由度を高める、セパレート式フロントカメラを新採用

デジタルルームミラー本体と、フロントカメラが分離しているセパレート式を新採用。車の状況に応じて、運転支援システムや視界を妨げないよう取り付けることができます。

11.さまざまな車両状況を記録できる4つの録画機能を搭載 

・常時録画
エンジンのON/OFFに連動して、本体の電源を手動でON/OFFする手間なく自動で録画がスタート/ストップします。

・イベント記録
Gセンサーの搭載により、突発的な衝撃や急激な速度変化などを検知すると自動的に録画を開始し、常時録画とは違うイベント記録フォルダにデータを記録します。

・音声コマンド/手動録画
常時録画中でも、必要に応じて音声コマンドを発話する、あるいは手動で録画ボタンを押すと、常時録画とは違うイベント記録フォルダにデータが記録されるため、データの呼び出しや保存がしやすくなります。

・駐車録画
車載電源ケーブル「CA-DR550」(別売)を使用することで、エンジンをオフにしても電源の供給が可能になり、最長24時間の駐車録画に対応します。また、衝撃を検知してから録画を開始する「衝撃検知モード」と、1秒間に1フレームずつ録画し、衝撃を検知すると駐車録画を開始する「タイムラプスモード」の2つのモードから選択することができます。

12.その他の主な特長

・走行時の映像を高精細なフルHDで録画が可能

・表示エリアや明るさを画面にタッチして操作できる「タッチパネル液晶」を搭載

・ハンドルから手を放さずに音声で録画開始などの操作ができる「音声コマンド機能」を搭載

・SDカードのエラーを未然に防止する「SDカードメンテナンスフリー機能」を搭載※3

※3:本機で初めて使用するSDカードを挿入する場合(他機で使用した場合も含む)や、録画設定を変更した場合は、フォーマットが必要です。

・専用の固定バンドで幅広い車種のルームミラーに装着可能な「バンド式装着」を採用

・後部座席などの確認時には、電源ボタンを押すことで通常のルームミラーに切り替えが可能

・最大容量128GBまでのmicroSDカードに対応

・録画されたファイルの万が一の破損を防ぐ「スーパーキャパシター」を搭載

・LED信号機の無点灯記録を防止する「LED信号機対応」

・地上デジタル放送への電波干渉を抑制する「地デジ干渉対策」

・Windows/Mac PCで詳細なドライブ情報を確認できる専用ビューアーソフト「KENWOOD MIRA-RECO VIEWER」を用意

・一律4万円の補償金が支払われる交通事故時ドライブレコーダー買替補償金制度に対応※4

※4:支払条件等の詳細はドライブレコーダー協議会のホームページをご確認ください。

価格情報

価格はいずれもオープン価格で、市場推定価格は以下のとおりです。
  • デジタルルームミラー型ドライブレコーダー 「DRV-EM4800 」:54,100円 前後(税込)

「DRV-EM4800」 走行動画

商品詳細