ブガッティ ヴェイロンの維持費はどれくらい高いのか?

ブガッティ ヴェイロンは発売当初、世界で最も高い車のひとつであり、そのお値段はなんと1億7900万円(2009年11月以降)でした。

購入するだけで莫大なお金が必要なこのクルマ、購入希望者は事前に審査が必要で、維持費までも含めてお金に余裕のある人しか買えないのです。そんなヴェイロンの維持費は一体いくらかかるのでしょうか?

Chapter
ブガッティ ヴェイロンはとてつもなくパワフルで美しいクルマ!
超高級車ブガッティ ヴェイロンの維持費って??
維持費が高い理由① とにかくガソリンを使う!
維持費が高い理由② ホイールの交換が大変すぎる!
超高級車ブガッティ ヴェイロンは苦労の道を走ってきた?
ブガッティ ヴェイロンには特別仕様車も設定された!

ブガッティ ヴェイロンはとてつもなくパワフルで美しいクルマ!

ブガッティ ヴェイロンのパワートレインは、8.0L W16気筒(V型8気筒×2) に4機のターボの組み合わせで、最高出力736kW(1,001PS)/6,000rpm 、最大トルク1,250Nm(127.5kgm)/2,200~5,500rpmを誇り、トランスミッションは7速セミAT(DSG)で4輪駆動(4WD) です。

全長4,462mm×全幅1,998mm×全高1,204mmのボディーサイズで、0~100mを2.5秒、0~200mが7.3秒という加速性能になっています。

ブガッティ ヴェイロンは限定300台を2011年に完売し、生産を終了しました。日本では3台販売され、そのうちの1台は映画監督の北野武 氏(ビートたけし)といわれています。

超高級車ブガッティ ヴェイロンの維持費って??

販売を開始した時点での価格は1億6300万円だったブガッティ ヴェイロンは、その後何度か価格を改定し2009年11月からは1億7900万円で販売されていました。

約2億円の車…とんでもないです!

しかし車は購入した後にもお金がかかるものです。ブガッティヴェイロンの維持費は、なんと…年間で2700万円ほどだそうです!! 維持費だけで車何台買えてしまうのでしょうか?

維持費が高い理由① とにかくガソリンを使う!

ブガッティ ヴェイロンの維持費を高くする原因のひとつは燃費の悪さです。

排気量8L W型16気筒にターボが4つ付いているというとんでもないエンジンが装備されているブガッティ ヴェイロン。最高出力は1001PS、最大トルクは127.5kgmという驚異の走行性能ですが、もちろんその分ガソリンも消費します。

仮に加速を全開にしたとすると、その時の燃費は0.8km/L!100Lの燃料はわずか12分でなくなってしまうんです。ヴェイロンに乗る人は燃費なんて気にしないでしょうが、私たちからすると笑ってしまうくらいの燃費の悪さです。

維持費が高い理由② ホイールの交換が大変すぎる!

次に維持費を押上げているのがホイール交換。

ブガッティ ヴェイロンのホイールは4本セットで350万円の専用のもの。国内での交換はできず、フランスで450万円かけて取り換えなくてはいけないそうです。日本からフランスまで飛行機を使って交換するだけでも大変ですが、さらに追い打ちをかけるのがタイヤ交換の頻度の高さ!

ブガッティは4,000km走行した車にはタイヤの交換、1万6,000km走行するごとにタイヤ・ホイールの交換を推奨しています。毎回そんなお金をかけてホイールを交換しなければいけないなんて、ブガッティ ヴェイロンのオーナーは大変です。

超高級車ブガッティ ヴェイロンは苦労の道を走ってきた?

超高級車のブガッティ ヴェイロン。販売額は1億7900万円で、その維持費も破格の値段です。しかしこのモデルを世に送り出すのに、様々な苦労がありました。

1909年、エットーレ・ブガッティによって当時のドイツ領(現フランス領)に設立され、当時のモータースポーツシーンで素晴らしい活躍を見せますが、彼の後継者とされていた息子のジャンが1939年に試走中に事故死してしまいます。以降業績は悪化の一途をたどり、第二次大戦が始まると工場は破壊されてしまい、会社は買収されてしまいました。

1987年になってイタリア人実業家ロマーノ・アルッティオがブガッティの商標を買い取り、名車といわれるEB110GTを発表。しかし事業に失敗し1995年倒産、短命に終わりました。

1998年になってブガッティの商標権はフォルクルワーゲンが獲得します。フォルクスワーゲンはブガッティ・オトモビル(Bugatti Automobiles SAS)を創立し、フランスに本社を置きます。そして、新生ブガッティは、世界最高を目標に活動を開始しました。

そして、創立から7年、いよいよその時がやってきたのです。

2005年。ブガッティ ヴェイロン(Veyron 16.4)の正式発表です。それまで市販車で超えられなかった時速400kmの壁を打ち破り、最高速度407km/hを達成しました。ブガッティ ヴェイロンの発売には長い苦労の歴史があったのです。

ブガッティ ヴェイロンには特別仕様車も設定された!

ブガッティ ヴェイロンには特別仕様車も製作されました。そのうちのひとつ16.4グランスポーツ(Grand Sport)は、ルーフが開けられるタルガトップ仕様になっていて、150台が製造されました。さらに16.4スーパースポーツはさまざまな改良が加えられ、出力・トルクともアップ、最高速度434.2km/hを記録し、当時ギネス世界記録に認定されています。

ブガッティ社はヴェイロンのあと、2016年から1,500馬力というブガッティ シロン(Chiron)を500台限定で製造を開始。その販売価格は3億円超えと言われています。

この他にも1年に1度行われる整備では150万円~200万円ほどかかるなど、ブガッティ ヴェイロンの維持費は間違いなく世界最高級!さらに新車購入時には、ブガッティが購入希望者に対し調査を行い、購入後も維持が可能かどうかの審査がありました。

この審査をクリアしなければ、ヴェイロンは買えません。宝くじに当たったら買いたい!なんて言える車ではないのです…。

いかがでしたか?超高級車ブガッティ ヴェイロンは維持費もとんでもなく高額なのです。