お得なクーポンがあるDiDiの使い方|クレジットカード登録方法も解説

タクシー

DiDiは日本でのサービス開始以来注目されているタクシー配車アプリです。

タクシー会社への連絡、目的地や道順の説明といった手間を省いて、スムーズにタクシーを利用できます。

この記事では、DiDiの特徴や使い方についてご紹介します。

Chapter
DiDiはどんなアプリ?
タクシーアプリDiDiの特徴7つ
DiDiアプリのインストール方法8つ
支払い方法の設定
DiDiでタクシーを呼ぶ際のアプリの使い方8つ
DiDiのクーポン使い方手順4つ
DiDiを使う際に気をつけるポイント3つ
おすすめの使いやすいタクシーアプリ4選
1:DiDi
2:GO
3:Japan Taxi
4:S.RIDE
お得なクーポンがあるDiDiの使い方を知っておこう

DiDiはどんなアプリ?

DiDi(ディディ)は、DiDiモビリティジャパン株式会社が提供するタクシー配車プラットフォームサービスです。

中国の大手ハイヤー企業であるDidi Chuxing(滴滴出行/ディディチューシン)の配車プラットフォーム、ソフトバンクの事業基盤とマーケティング力を融合し、タクシー配車における利便性や稼働率向上を実現したアプリです。

AIによりタクシーに乗りたい乗客とタクシーに乗せたいドライバーをマッチングし、配車から決済までをアプリ上で完結させることができます。

タクシーアプリDiDiの特徴7つ

DiDiは中国を中心に全世界で5.5億人のユーザーが登録しているアプリです。日本では配車サービスを開始し、好評を得ています。

ここでは、タクシーアプリDiDiの特徴を7つご紹介します。

出典:5.5億人|DiDiモビリティジャパン株式会社
参照:https://didimobility.co.jp/service/

1:アプリの使い方が簡単

DiDiの使い方はシンプルかつ簡単です。

「呼ぶ」「乗る」「降りる」の3ステップでタクシー配車が完了します。DiDiは操作が簡単なため、スマホに慣れていない人や初めてDiDiを使う人にもおすすめです。

2:スムーズに乗車できる

スムーズにタクシーに乗車できます。

乗車地点と目的地を入力すると、距離や交通状況から早く到着可能なタクシーとマッチングされるため、自分でタクシーを探したりタクシー会社の連絡先を調べたりする手間が省けます。

待ち時間を最小限に抑えられる上、タクシーの現在位置や到着までの所要時間がリアルタイムで把握可能です。

また、車種やナンバーが表示されるため、混雑した場所でも自分が呼んだタクシーを見つけやすいというメリットがあります。

3:運転手に目的地を伝える必要がない

事前にアプリで目的地を入力しているため、運転手に改めて伝える必要がありません。

ドライバーが道を知らない場合、道を間違えたり、乗客が目的地までの道順を説明したりしなければならないケースがあっても、DiDiではその手間が不要です。土地勘のない場所や日本語が不慣れな外国人の方でも安心して乗車できます。

4:配車予約ができる

東京エリアでは配車予約が可能です。

配車予約機能では、最短30分から2日後の現時刻まで10分区切りでタクシー配車を予約できます。この時点では配車予約は確定しておらず、予約完了から予約時刻の20分前までに受付可否が通知されます。

今後、配車予約可能エリアが拡大される予定です。

5:お得なクーポンがある

DiDiでは様々なクーポンが用意されています。

その時開催されているキャンペーンによって内容や金額は異なりますが、初回限定クーポンや友達紹介クーポンなどがもらえます。

これまでにも、DiDi公式ツイッターのフォローをすると抽選で10万円分クーポンが当たるキャンペーン、雨の日の割引クーポンなどが企画されました。

6:PayPayアプリ決済のキャンペーンがある

電子マネー「PayPay」を使えば、DiDiをお得に利用できます。

PayPayは、DiDiの運営に携わるソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁会社「PayPay株式会社」が提供しているサービスです。

これまでに、PayPayでの支払いでポイント付与といったキャンペーンが開催されています。

7:対応エリアが拡大している

サービスを開始して以来、対応エリアが拡大しています。

2021年7月現在では、北海道から沖縄までの14都道府県内のエリアが対象となっています。

出典:対応エリア|DiDiモビリティジャパン株式会社
参照:https://didimobility.co.jp/service/user/

DiDiアプリのインストール方法8つ

DiDiのタクシー配車サービスを利用するには、アプリのインストールが必要です。DiDiは無料でインストールが可能です。

DiDiアプリのインストール方法と初期設定の流れをご紹介します。

1:アプリをダウンロードする

まず、DiDiアプリをダウンロードします。

iPhoneを利用の方はApp Store、Androidの場合はGoogle Playでダウンロードしましょう。

また、スマホだけでなくPC用アプリもあります。Windows10・8・7およびmacOSに対応しています。

2:アプリを起動し今すぐ許可するをタップする

アプリダウンロード後は初期設定を行います。DiDiを使う際は、位置情報とプッシュ通知の許可が必要です。

アプリを起動し、画面下に表示された「今すぐ許可する」をタップします。

3:位置情報を許可する

「”DiDi”に位置情報の利用を許可しますか?」というメッセージが表示されるので、「許可」を選択します。

位置情報を許可することで、現在位置を表示して正確な乗車位置の設定、タクシーの到着時刻の把握が可能になります。スムーズに乗車するために必要な機能です。

4:プッシュ通知を許可する

「DiDiは通知を送信します。よろしいですか?」というメッセージに対し、「許可」を選択します。

プッシュ通知とは、アプリが自動的にメッセージや速報などの通知を発信・表示する機能です。アプリを起動していなくてもリアルタイムで通知が受けられるメリットがあります。

DiDiでは、タクシー配車の受付完了、ドライバーの到着を知らせる際にプッシュ通知が必要です。

5:電話番号を入力する

SMS認証による本人確認を行うため、携帯の電話番号を入力します。

「次へ」をタップすると、入力した電話番号の携帯にSMS認証メールが届きます。SMSが届かない場合は、入力した電話番号が間違っている、迷惑メール設定により受信拒否されているなどの理由が考えられるでしょう。

6:認証コードを入力する

SMSに記載された認証コードを入力します。

認証コードは4桁または6桁の数字です。

認証コードには有効期限があるため、SMSを受け取ったら速やかに入力しましょう。また、認証コードを他人に教えると悪用される危険性があるため注意が必要です。

7:パスワードを入力する

パスワード設定画面で、任意のパスワードを入力します。

英字・数字・記号のうち2種類以上を使用し、8〜16文字の長さで設定します。パスワードは忘れないように管理しましょう。

パスワードを入力したら「確認」をタップします。

8:ユーザー情報を入力する

ユーザーのアカウント情報を入力します。

姓・名(ひらがな)、メールアドレスを入力し、「次へ」をタップします。乗車時にドライバーから氏名を確認されるため、正確に登録しましょう。

メールアドレスは、メール送信された領収書の受取時に必要です。

この後の操作手順は、次の「支払い方法の設定」に続きます。

支払い方法の設定

乗車料金の支払い方法を設定します。

支払い方法には、「車内決済」と「アプリ決済」があります。車内決済は、タクシー車内で支払う方法です。現金やクレジットカード、電子マネー、QRコードやタクシーチケットなど、対応している支払い方法はタクシー会社によって異なります。

アプリ決済では、クレジットカードやデビットカード、PayPayの登録が可能です。クーポンを使う場合はアプリ決済を選びましょう。クーポンについては後述します。

設定せずにスキップすることもできます。

クレジットカードを登録する方法

クレジットカードまたはデビットカードでアプリ決済する場合は、事前に登録しておきます。

登録可能なカードは、Visa、JCB、MasterCard、American Express、Diners Clubです。

お支払い方法のメニューから「お支払い方法を追加」を選択し、画面下に表示された「クレジット/デビットカード」をタップします。次にカード番号、有効期限、CVVを入力し、「カードを追加」をタップします。

CVV(Card Verification Value)とは、不正使用防止のためのセキュリティコードです。カードの種類によってはCVCと呼ばれています。

Visa、JCB、MasterCard、Diners Clubはカード裏面に記載された3桁の数字です。

American Expressのセキュリティコードは他のカードと違い、4桁の数字から成ります。カード前面に記載されています。

PayPayを登録する方法

PayPayを初めて利用する場合は、あらかじめアプリをインストールしておきましょう。

お支払い方法のメニューから「PayPayを連携」をタップします。

PayPayのログイン画面に移行するため、PayPayに登録している携帯電話番号とパスワードを入力し、「アカウントを連携する」をタップします。ここで入力するパスワードは、DiDiのパスワードではなくPayPayで使用しているものです。

入力した携帯電話にSMSが届いたら、記載されている認証コードを画面に入力します。「認証する」をタップすれば連携完了です。

DiDiアプリ内でPayPayを使用する場合、PayPay残高での支払いとなります。PayPay残高が不足している場合は、チャージが必要です。

DiDiでタクシーを呼ぶ際のアプリの使い方8つ

アプリの初期設定が完了すれば、後はタクシーを呼ぶだけです。タクシーの呼び方もとてもシンプルで簡単です。

ここでは、DiDiでタクシー配車をする際の手順をご紹介します。

1:目的地を検索して指定する

DiDiのメイン画面から目的地を設定します。

画面上部の「どこへ行きますか?」と書かれた検索バーに目的地を入力しましょう。

住所や建物、施設名称から検索可能です。入力すると目的地の候補が表示され、目的地を選択すると地図上にピンアイコンが表示されます。

画面下の「一般タクシーを呼ぶ」をタップし、支払い方法を確認した後「確認して次へ」をタップします。

2:乗車地点を指定する

タクシーを呼ぶ乗車地点を指定します。

地図を動かして、ピンアイコンで乗車地点を設定します。

自分で指定する他、おすすめの乗車ポイントを選択することもできます。ドライバーを見つけやすいポイントをアプリが教えてくれるため、迷った場合は参考にすると良いてしょう。

3:注文するをタップしてマッチングを待つ

乗車地点を指定したら、「注文する」をタップしてドライバーとのマッチングが完了するのを待ちましょう。

距離や交通状況から、アプリがより早く到着可能なドライバーを探します。場所や時間などによってマッチングにかかる時間は異なります。

4:タクシーの到着を待つ

指定した場所へドライバーが向かうため、乗車地点でタクシーが到着するのを待ちましょう。

タクシーの現在位置や到着までの時間がリアルタイムで分かり、画面下にはドライバー名、ナンバープレートの他、電話とチャットのアイコンが表示されます。アイコンをタップするとドライバーと直接やり取りができます。

乗車地点までの移動が遅れそうな場合は、事前に電話かチャットで連絡しましょう。こちらの電話番号がドライバーに知られることはありません。

5:タクシーが到着する

乗車地点にタクシーが到着します。

あらかじめタクシーの車種やナンバーが分かっているため、迷わずに乗車できます。タクシーが到着したら、車種や色、ナンバープレートを確認しましょう。

6:氏名の確認をして乗車する

ドライバーが氏名を確認してから乗車しましょう。

または、アプリに表示されたナンバープレートをドライバーに提示するという確認方法もあります。これらの確認によって、乗客の乗せ間違えを防止します。

7:目的地まで移動する

目的地まで移動します。

アプリで目的地を設定しているため、改めて目的地を告げたり道順を説明したりする必要がありません。

乗車すると、アプリ画面は目的地までの表示に切り替わります。距離や到着までの残り時間が更新されるため、待ち合わせや急ぎの場合に役立ちます。

8:料金の支払いをする

目的地に到着後、料金を支払います。

車内決済の場合は現金やクレジットカードなどで決済します。アプリ決済は支払い手続きが不要なため、降車がスムーズです。

降車後は、アプリでドライバーの評価を行います。5段階評価で、「綺麗な車両」、「時間厳守」など良かった点を選ぶ形式になっています。

DiDiのクーポン使い方手順4つ

DiDiには様々なクーポンがあり、使い方も簡単です。クーポンを使ってお得にタクシーを利用しましょう。

ここでは、DiDiクーポンの使い方の手順を4段階に分けてご紹介します。

1:画面左上のメニューキーをタップする

クーポンはアプリ決済でのみ適用可能なため、事前準備としてカード登録を行う必要があります。お支払い方法メニューから「クレジット/デビットカード」をタップし、カード情報を登録しておきましょう。

画面左上のメニューキーをタップします。

2:クーポンをタップする

メニューキーをタップすると、「注文一覧」、「お支払い方法」、「お問い合わせ」、「設定」などのメニュー一覧が表示されます。

メニュー一覧の中から「クーポン」をタップします。

3:クーポンコードを入力する

クーポン画面に「クーポンコード」を入力します。

クーポンコード入力欄の下にある「クーポン一覧」で、取得したクーポンを確認できます。

クーポンや各種キャンペーンの情報は、DiDiモビリティジャパン株式会社公式サイトの「新着情報」から確認可能です。その他にも、TwitterやInstagramなどの公式SNSでも発信されています。

4:確認をタップする

クーポンコードを入力したら、「確認」をタップして完了です。

クーポンを所有している場合、アプリ決済・対象地域・有効期限といった条件を満たしている注文に自動的に使われる仕組みとなっています。

クーポンの併用はできません。複数のクーポンがある場合、割引額が大きいものが適用されます。割引額が同じクーポンでは、有効期限が近いものが優先して使われます。

DiDiを使う際に気をつけるポイント3つ

DiDiは操作が簡単で便利なアプリですが、使用する上でいくつかの注意点があります。それらを理解し、正しく使いましょう。

ここでは、DiDiを使う際に気をつけるポイントを3つご紹介します。

1:領収書が必要な場合

1つ目は、領収書が必要な場合です。

領収書はメール送信されるため、アプリ内でメールアドレスを登録しておく必要があります。メールアドレスの登録は、「設定」→「アカウント情報」から行います。

最近では、アプリ決済以外で支払った場合もメールアドレスに領収書が発行されるようになり、それに伴って車内での領収書発行は終了しました。

領収書サービス利用に際し、アプリを最新版にアップデートしておきましょう。

アプリで領収書を発行する場合は、メニューキーから「注文一覧」をタップし、画面右上の「領収書発行」を選択します。過去の注文一覧から領収書を発行したい注文を選び、画面右下の「送信」をタップしましょう。

領収書の宛名、送信するメールアドレスを確認し「送信」すれば、領収書がメール送信されます。

2:キャンセルする場合

注文をキャンセルするとキャンセル料が発生する場合があるため要注意です。

キャンセル料が発生しない場合は、「注文から1分以内にキャンセルした場合」、「注文時にアプリに表示される予想到着時刻より遅くドライバーが到着した場合」です。

キャンセル料が発生する場合は3通りあります。

「注文受付から1分以上経過してキャンセルした場合」、「ドライバーがアプリの予想到着時刻内に到着した後にキャンセルした場合」、「ドライバーが時間内に乗車地点に到着したが、乗客が遅れてドライバー側からキャンセルした場合」です。

これらの場合は、乗客の有責としてキャンセル料720円が発生します。

キャンセルの方法は、注文履歴からキャンセルしたい注文を選び、「注文をキャンセル」をタップしましょう。マッチング中にキャンセルしたい場合は、「タクシードライバーを探しています」の表示を上にスライドさせ、「キャンセル」をタップします。

やむを得ない場合を除き、注文後のキャンセルはなるべく避けた方が良いでしょう。

3:クーポンを使う場合

クーポンは、アプリ決済の場合のみ使用可能です。

現金払いをはじめ、アプリ決済以外での支払いでは適用されません。

クーポンを所有している場合、条件に合った注文をすると自動で適用されます。複数のクーポンを同時に使用することはできません。複数のクーポンの中から割引額が大きいもの、割引額が同一の場合は有効期限の近いものから適用されます。

おすすめの使いやすいタクシーアプリ4選

近年では、アプリによる様々なサービスが提供されています。タクシー配車サービスのアプリも数多く存在するため、どれを選べば良いか分からないという人もいるのではないでしょうか。

ここでは、おすすめの使いやすいタクシーアプリを4つご紹介します。

1:DiDi

タクシー配車を最適化

「タクシー配車の最適化を実現して今までにない移動体験を提供する」ことを謳っています。大手企業である滴滴出行とソフトバンクの合弁会社によるサービスということもあり、注目度の高いアプリです。

乗客側にタクシーの現在位置や車両情報が分かるため、迷わずスムーズに乗車できます。アプリ決済なら降車時の支払手続き不要で、様々なクーポンが使えるというメリットがあります。

メールアドレスへの領収書発行サービスもあるため、ビジネスで使用する際もおすすめです。

ios:https://apps.apple.com/jp/app/id1362398401
Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.didiglobal.passenger

2:GO

JapanTaxiとMOVが1つのアプリに

「GO(ゴー)」は、2020年9月にJapanTaxiとMOVが統合して誕生したタクシーアプリです。

MOVとJapanTaxi両方の提携タクシーを配車注文することが可能で、徐々に対応エリアを拡大しており、2021年7月現在20都道府県内で利用することができます。

最短25分後から7日後まで、希望日時を指定して配車予約を行えます。あらかじめ設定した時間に自動で車両を確保するため、余裕をもって予約することが可能です。

支払方法にGO Pay(アプリ決済)を選択した場合、混雑時でも空車車両が見つかり次第自動手配する「優先パス」機能が使えます。

2021年1月より、東京をはじめとする一部エリアにて、スライドドア車両や車いす対応車両の指定ができる「サービス指定」機能が開始されました。

出典:JapanTaxiとMOVが1つのアプリに!|株式会社Mobility Technologies
参照:https://go.mo-t.com/

3:Japan Taxi

一つのアプリですべてを

「JapanTaxi(ジャパンタクシー)」は、株式会社Mobility Technologiesがサービス提供するタクシーアプリです。

アプリ1つでタクシーの予約・配車、支払までの全ての手続きを行えます。

料金検索機能があり、乗車・降車地点を入力して最適なルートと概算料金を調べることができます。また、空港定額送迎サービスでは、成田・羽田他全国7空港と対象エリア間の送迎予約が定額で利用可能です。

JapanTaxiは2020年9月に「MOV」と統合し、新アプリ「GO」が生まれました。GOの公式サイトによれば、一定期間はGOと並行して「JapanTaxi」アプリのサービス提供がされ、終了時期が決定次第ユーザーにお知らせされる予定です。

4:S.RIDE

ワンアクションで配車可能

「S.RIDE(エスライド)」は、S.RIDE株式会社が提供するタクシーアプリです。

S.RIDEは、アプリを起動してスライドするだけで近くのタクシーが迎えにくるため、乗車地点の調整が不要となっています。

日時指定の配車は20分後から6日後まで可能です。事前に運賃が確定するため、混雑時も安心して利用できます。

経費管理クラウドの「コンカー」、会計ソフトの「マネーフォワード」との自動連携により、効率的に経費精算が可能です。

お得なクーポンがあるDiDiの使い方を知っておこう

DiDiの支払い方法をアプリ決済にすることで、スムーズな降車だけでなくクーポンを利用することができます。また、DiDiでは様々なクーポンが配布されているため、要チェックです。

お得なクーポンがあるDiDiの使い方を知っておきましょう。

商品詳細