トヨタ 2代目bBのラゲッジルームはあまり広くない?

bB

今回は、トヨタ 2代目bB(QNC21-BHSGK/QNC20-BHSXK型)のラゲッジルーム(荷室)について、その広さやその使い勝手をご紹介します。

2代目bBはボクシーなエクステリア(外装)が大きな特徴ですが、全長4mに満たないコンパクトなボディの中に、乗用車として要求される様々な要素を満たすための工夫が詰まった一台です。

もちろんラゲッジルームの利便性も高く、フル乗車の状態でも普段使いには不自由しない容量が確保されています。

2代目bBのラゲッジルームをより有効に活用する方法を具体的に掘り下げていきましょう。

Chapter
トヨタ 2代目bBはオーディオ関連のオプションが目立つクルマ
トヨタ 2代目bBのラゲッジルームの広さは限定的
トヨタ 2代目bBはシートアレンジによってラゲッジルームを拡大できる

トヨタ 2代目bBはオーディオ関連のオプションが目立つクルマ

トヨタ bBの車名は、未知の可能性を秘めたブラックボックスの頭文字から命名されました。その2代目は先進的かつ迫力あるデザインや、若者の心を刺激するオリジナリティあふれる装備を大きな特徴として、2005年に誕生しています。

初代bBはトヨタのヴィッツをベース車として開発されましたが、2代目bBはダイハツからのOEM車となり、ベース車がトヨタ パッソ/ダイハツ ブーンに変更されています。

2代目bBはクルマ型Music Playerというコンセプトにもとづき、いつも音楽に囲まれて暮らしたいというライフスタイルをクルマで実現することを目標に開発されました。

そのため装備やオプションも、オーディオ関連のものが目立つモデルです。

2代目bBは年式により様々なグレードが展開されていましたが、2016年モデルには「S」「Z」「S煌 (きらめき)」「Z煌(きらめき)」の4グレードがありました。そのうち「S」と「Z」がベーシックグレード的なモデル、「S煌」「Z煌」はスポーティな雰囲気や高級感が加えられたグレードにあたります。

2代目bBには、ダイハツ クーやスバル デックスといった姉妹車がありました。姉妹車が販売不振により早期に販売を終了する中、2代目bBは2016年まで生産・販売が続けられていました。

トヨタ 2代目bBのラゲッジルームの広さは限定的

全長3,795~3,800mm×全幅1,690mm×全高1,635mmというコンパクトなボディサイズもあってか車内スペースも決して広々としたものではなく、室内長1,935~1,970mm、室内 幅1,420mm、室内高1,330mmという寸法です。

ラゲッジルームの具体的なスペックは公表されていませんが、限られた車内スペースに5人乗車を確保するためそれほど広くはありません。

実際、発売当時のカタログにも、ラゲッジルームについての説明にそれほどスペースが割かれていません。

それでも後述するシートアレンジの機能を使えば、2代目bBのラゲッジルームは用途が広がり、 様々な荷物が積めるようになります。

さらに、ラゲッジルームをより使いやすくする装備もあります。デッキアンダートレイはそのひとつで、トレイに間仕切りスペースを設けることで、小物を収納しても散らばることがありません。

<次のページに続く>
次ページ
トヨタ 2代目bBはシートアレンジによってラゲッジルームを拡大できる