ホンダ 初代Honda e(ZC7型)の便利なオプションや純正アクセサリーを紹介!

ホンダ 初代Honda e(ZC7型)はホンダ初の量産型EVで、柔軟な発想をもってEVの本質と向き合い、未来をイメージして開発されたクルマです。ホンダ 初代Honda eはシンプルにデザインされており、新しい時代にもなじめるモダンな仕上がりになっています。EVの特徴である環境を考慮したクリーンな走りはもちろん、力強い走行と取り回しの良さも魅力的です。

そんな初代Honda eにはどのようなカスタマイズができるのでしょうか?

ここでは、安全性や利便性を高めてくれるおすすめのオプションや純正アクセサリーを紹介していきます。

Chapter
ホンダ 初代Honda eの室内セキュリティーを高めてより安心安全に!
ホンダ 初代Honda eをよりオシャレに!快適に!
ホンダ初代Honda eに装着できるナビゲーションシステムは?

ホンダ 初代Honda eの室内セキュリティーを高めてより安心安全に!

ホンダ 初代Honda eにはHonda SENSINGを初めとする、パーキングセンサーシステムやシートベルトリマインダーなどの最新の安全機能が標準装備されていますが、セキュリティーや運転サポートの面で役に立つ装備も用意されています。

そのひとつに、ドライブレコーダーがあります。前後同時録画に対応しているだけではなく、高画質でスマートフォンとも連動が可能になっています。駐車時やもしもの時にあると安心できそうです。32GBのSDカードも用意されているのは嬉しいポイントです。

また、アシストグリップも用意されており、助手席ヘッドレスト部に取り付け可能なので、リアシート(後席)の乗員には嬉しいアクセサリーになっています。両手でつかまりやすい形状になっているので、乗車時にも役に立ち、乗り手を選ばない安全なデザインが採用されています。

その他にも、3種類のチャイルドシートやドッグアイテムとして、ペットシートマットやペット車外飛び出し防止リードなどが用意されているので、様々なシーンに対応してくれ、老若男女のユーザーに満足感を与えてくれそうです。

ホンダ 初代Honda eをよりオシャレに!快適に!

ホンダ 初代Honda eは、「ホンダが提案する都市型コミューター」として位置付けられており、初代Honda e特有の未来的なデザインからもその哲学を感じ取ることができます。

そのままでも十分こだわりが見えるデザインが採用されていますが、オプションでより個性を表現することができます。

エクステリア(外装)には、フロントロアスカートが用意されています。見た目に変化をつけるだけではなく、空気の流れを改善し、走行の安定感が増す形状になっているので、ドライビングにも良い影響を与えてくれそうです

また、切削、ガンパウダーブラック塗装が施された、17インチアルミホイールも用意されており、足元を引き締めるスポーティーなデザインが採用されています。

インテリア(内装)には、ダークブロンズ調のインテリアパネルや、フロアカーペットマット、防水シートカバーなどが用意されているので、室内をよりオシャレに、快適にアレンジできるでしょう。

また、サイドステップガーニッシュも装備可能となっており、ドアを開けると車名ロゴが浮かび上がるようになっているので、ドライブへの期待感を高めてくれることでしょう。

ホンダ初代Honda eに装着できるナビゲーションシステムは?

ホンダ 初代Honda eのナビオプションのVICS光ビーコンユニットは、FM-VICS機能に加えて一般道用のビーコンのビーコンの受信ができます。

FM-VICS機能とは渋滞や交通規制などの道路交通情報を、FM多重放送やビーコンを使ってリアルタイムにカーナビに届けるシステムで、VICS情報は24時間365日提供されているので、カーナビによるルート検索や渋滞回避に活用されています。

信号情報活用支援システムは信号からの情報を得て、安全運転や実用燃費の向上をサポートするシステムで、ドライバーにより快適な運転をもたらします。

ちなみに、初代Honda eは、バッテリー低下時など、充電が必要な場合はナビで充電スタンドを簡単に探すことができます。ルート案内はもちろん、リアルタイムの利用状況や最新の営業時間を表示してくれるので、ユーザーにとって有難い機能付きのナビといえるでしょう。

ホンダ 初代Honda eに搭載されている高出力型リチウムイオンバッテリーは、30分程度の急速充電において、満充電量の約80%の充電ができてしまう優れもの。

ホンダが開発した都市型コミューター 初代Honda eは、これまでのクルマにはない魅力が追求されています。

オプションを取り入れ、安全性や利便性を高めることで、より頼もしい存在になってくれるでしょう。

※ 2021年1月現在

PBKK

東京都港区北青山に本社を置く自動車業界を専門としたクリエイティブエージェンシー。複数の自動車メディアへのコンテンツ配信をおこなうほか、
自動車メーカーなどへ向けた動画コンテンツ制作、ウェブサイト制作、デジタルマーケティング支援などを一貫して行う。

PBKK