ホンダ 新型Honda eは支払い総額481万710円!?実際に見積もりを取ってみた!

今回は2020年10月30日に発売される新型Honda e(ZAA-ZC7)の見積もりを取ってきました。

Honda eはホンダ初となる電気自動車(EV)で、ホンダが未来を見据えて作り上げた一台。先進の安全運転支援システムHonda SENSINGを標準搭載していることはもちろん、5面のスクリーンを水平に配置する世界初のワイドビジョンインストルメントパネルを運転席に採用するなど、先進のテクノロジーが踏め込まれています。

2020年8月27日に第一期のオーダー受付が始まりましたが、数日で販売予定台数に達した人気ぶりです。そんな新型Honda eの見積価格はいくらになったのでしょうか。

文・PBKK

Chapter
ホンダ 新型Honda eはどんなクルマ?
ホンダ 新型Honda eは先進テクノロジーに注目すべき!
ホンダ 新型Honda eの室内は居心地の良さが特徴!
ホンダ 新型Honda eの見積価格は481万710円!

ホンダ 新型Honda eはどんなクルマ?

まずは新型Honda eの性能を確認していきましょう。新型Honda eの走行距離は、実際の走りの数値に近いWLTCモードでみると283kmとなっています。普段使いやちょっとした遠出であれば全く問題ありません。

スペックは、最高出力が100kW(136PS)/3,078-11,920rpm、最大トルクが315Nm(32.1kgfm)/0-2,000rpmを誇ります。加えて大トルクモーターをリアに配置したことでアクセルを踏むと感じる力強い加速感を味わうことができます。標準でNORMALとSPORTの2つの走行モードを選択でき、シーンや気分に合わせた走りを実現。

さらにホンダ車初の駐車支援システム「Honda パーキングパイロット」を搭載しており、駐車したい場所を選んでボタンを押すだけで、クルマがアクセルとブレーキ、シフトを操作して駐車をしてくれます。そのため駐車が苦手な方でも安心しクルマを使うことができますね。

ホンダ 新型Honda eは先進テクノロジーに注目すべき!

ホンダ 新型Honda eはホンダ初となる電気自動車(EV)で未来を見据えて作られたことから、まるで未来から来たような先進的なテクノロジーやデザイン、インテリアが魅力の一台です。

数々の先進的なテクノロジーの中でも特に目を引くのが運転席に配置されたワイドビジョンインストルメントパネル。水平に配置された5面のスクリーンでカーナビ操作はもちろん、表示される6つのアイコンからアプリを起動させて使用することが可能です。

5面のスクリーンで運転席側はカーナビを操作して助手席側はアプリからスクリーンで好きな音楽を選択するといったようなマルチタスクも可能。また、運転席側と助手席側の画面を入れ替えての操作もできるので、いつでも好きな機能をどこからでも楽しむことができます。

さらに、5面のスクリーンの両端には車体の後方視界を映し出すサイドカメラミラーシステムを採用。これは量産車としては世界初の試みであることから、まさに新型Honda eが先進的な一台であることを思わせます。

ホンダ 新型Honda eの室内は居心地の良さが特徴!

ホンダが新型Honda eの開発にあたってかけた想いは、「移動体の価値」を超えたクルマ。その想いは上述した先進テクノロジーを含めた車の随所に反映されています。

シートには肌触りの良さが特徴の布素材を採用し、落ち着いた色合いでリラックスできる空間を作り上げています。運転席と助手席には座面と背面が温まるシートヒーター、そしてステアリングには一部ではなく全周が温まるステアリングヒーターを標準装備しているので快適性もバッチリです。

さらに紫外線(UV)と赤外線(IR)をカットするガラスを全ての窓とスカイルーフに採用。日焼けの原因となる紫外線(UV)と暑さを引き起こす赤外線(IR)を削減することで車内をいつでも快適に保ちます。

新型Honda eのグレードは標準モデルのHonda e上位モデルのHonda e Advanceを用意しています。

その2種類の中から今回見積もりをしたのは標準モデルのHonda e。装備の数は上位モデルのHonda e Advanceにやや劣りますが、それでも未来を感じられる充実した装備と機能を備えているモデルです。

ホンダ 新型Honda eの見積価格は481万710円!

メーカー:ホンダ
車種:Honda e
型式:ZAA-ZC7
外装色:プレミアムクリスタルブルーM
内装色:ブラック
駆動:RR
ドア:5
定員:4名
付属品:フロントマットプレミアム(3万9600円)、ETCセットアップ(3300円)、HGGコーティング(10万1200円)

【見積もり内容】
車両本体:457万500円
付属品合計:14万3550円
税金・保険等:9万8570円
預り法定費用等:4万4670
手続き代行費用等:2万7790円
その他:1万4850円
メンテナンス費用:9350円

支払総額:481万710円

ホンダ 新型Honda eに搭載された数々の先進テクノロジーは、一つだけを見てもクルマとしての価値を大きく塗り替えてしまうような強力なものではないでしょうか。操作性と自由度の高いワイドビジョンインストルメントパネルや駐車を自動化したHonda パーキングパイロットはぜひとも注目したい機能です。

2020年8月27日に開始した第一期のオーダー受付で申し込んでも納車は今年11月以降になる見通し。いち早く新型Honda eをを手にしたい方は、もし行われるとしたら第二期のオーダー受付で申し込むことが必須となるでしょう。