トヨタ ライズは支払い総額269万9300円!?実際に見積もりを取ってみた!

トヨタ 初代ライズの運転席

トヨタ 初代ライズ(5BA-A200A、5BA-A210A)の見積もりをとってきました。初代ライズは、ダイハツとトヨタが共同で開発し、ダイハツが製造するコンパクトSUVで、2019年11月5日にダイハツ 2代目ロッキーとともに発売されました。

2代目ロッキーと初代ライズのグレードや本体価格をWEBで比較すると、ダイハツの方が上級グレードを用意している、トヨタの方が若干高いなど、微妙な違いがあることに気がつきます。今回は初代ライズと2代目ロッキーの違いに迫りながら、初代ライズの見積もり額を紹介していきます。

Chapter
トヨタ 初代ライズはダイハツ 2代目ロッキーとなにが違う?
トヨタ 初代ライズはコンパクトで軽快な走りを見せる!
トヨタ 初代ライズの郊外モード燃費は最新ハイブリッド車に匹敵!
トヨタ 初代ライズは若者とシニア世代に人気!?
トヨタ 初代ライズの見積価格は269万9300円!

トヨタ 初代ライズはダイハツ 2代目ロッキーとなにが違う?

まず初代ライズと2代目ロッキーの違いから見ていきましょう。初代ライズのグレードは、XX“S”GZの4クラスです。一方で2代目ロッキーはLXGプレミアムの4クラスで、ライズのX“S”がロッキーのLに該当しています。そして、ライズ GがロッキーのX、ライズ Zがロッキー Gと同等グレードです。

さらにライズ Xは、安全支援機能のスマートアシストが付いていないエントリーグレードで、ロッキーには設定されていません。反対にロッキー プレミアムは本革巻ステアリングや本革巻シフトノブ、レザー調シートなどが装備されたプレミアム感たっぷりのグレードで、ライズには設定されていません。

グレード別に比較すると、若干ですがトヨタ ライズの価格が高くなっていまが、一部の装備の違いによります。例えばトヨタ ライズの上級グレードZは、ダイハツ ロッキー Gより5万8000円ほど高くなっていますが、それはライズ Zにロッキーではプレミアムにだけ装着されている本革巻ステアリングと本革巻シフトノブが標準装備されているからです。

トヨタ 初代ライズはコンパクトで軽快な走りを見せる!

初代ライズと2代目ロッキーは、エクステリア(外観)には多少の違いがありますが、パワートレインやインテリア(内装)やシート、ラゲッジルーム、走行性能は同じです。

パワートレインは、水冷直列3気筒12バルブDOHCインタークーラーターボ付きエンジンで、2WDと4WDが設定されています。このエンジンは1.5L自然吸気エンジンに匹敵する出力とトルクがあり、車両重量が980kgに抑えられていることもあって1L車とは思えない加速感が味わえます

サイズは、全長3,995mm×全幅1,695mm×全高1,620mmです。全長が4mを切っているので運転が難しくなく、回転半径が4.9m(Zは5.0m)と軽自動車並みなので小回りもきき、SUVらしい運転の楽しさも存分に味わえます。

全長が4mを切ると、佐渡や伊勢湾、隠岐島、利尻島などのフェリーでは4mで料金が変わるので、トヨタ C-HRやホンダ ヴェゼルよりも安く乗船できるというちょっとうれしいメリットもあります(東京湾フェリーや津軽海峡フェリーなどは軽自動車と普通自動車で分かれています)。

<次のページに続く>
次ページ
トヨタ 初代ライズの郊外モード燃費は最新ハイブリッド車に匹敵!