【TAS2020】東京オートサロンの歩き方と自動車メーカーの出展車両を一挙公開!

TAS2020 メーカー オフィシャルチューナー

漠然とクルマを眺めるのも面白いと思いますが、ここだけは押さえてもらいたい点として、自動車メーカーがあります。今回はそんな自動車メーカーを全て紹介。東京モーターショーとの違いなどを含めて楽しんでもらいつつ、混雑な会場をスムーズに巡れるようにまとめました。東京オートサロンをより一層、楽しむためのお供としてご活用ください。

写真・山田 真人

Chapter
北ホール
① シボレー
② TRD MOTORSPORT
③ 三菱自動車
④ 埼玉トヨペットGB
⑤ Modulo
西ホール
① マツダ株式会社
② ルノー・ジャポン
③ 日産自動車株式会社
中ホール
① 無限
② Honda
③ ボルボ・カー・ジャパン
④ McLaren Automotive
⑤ アストンマーティン
⑥ メルセデス・ベンツ
⑦ ダイハツ
東ホール
① スズキ株式会社
② SUBARU/STI
③ TRD/モデリスタ
④ TOYOTA GAZOO Racing
⑤ TOM’S
⑥ LOTUS

北ホール

ホール11→ホール9

① シボレー

新型コルベット(アジアプレミア)
エンジンの作りはドライサンプ化など、細部に変更はありますが、ブロックなどの基本は変えずに、MRにエンジンを搭載。伝統のFRを捨てたのには、深い理由があるとのこと。一般的にはエンジンのハイスペック化と言われておりますが、担当者いわく「約60年前からコルベットのMR化の計画は進んでいた」とのこと。いきなりFRからMRなんかにして大丈夫なのか?との声も聞こえておりますが、開発陣にとっては『悲願のMR化』となります。令和になり、時代の節目として、ひとつの代表的なクルマと言えるのではないでしょうか。

<次のページに続く>
次ページ
② TRD MOTORSPORT