"贅と能を高次元で融合"…635馬力最高速333km/hの4ドアグランドツアラーであるベントレー新型フライングスパー発表

ベントレーモーターズジャパンは2019年12月4日に超高級4ドアグランドツアラーである第3世代フライングスパーを発表しました。

文/photo・PBKK

Chapter
W12エンジン、635馬力、最高速333km/h…洗練さと圧倒的パワー
伝統を守りながらも現代的な逞しい佇まいのフロントマスク
贅を尽くした快適な車内空間
第3世代フライングスパーは、あらゆる要素を融合させた魔法のようなグランドツアラー

W12エンジン、635馬力、最高速333km/h…洗練さと圧倒的パワー

ベントレー フライングスパー

新型フライングスパーでは最新のエンジン制御技術を採用。

ベントレー特有の6リッターW12ツインターボチャージドTSIエンジンを搭載し、最高出力635PS、最大トルク900Nm、0−100km/h加速3.8秒、最高速度333km/hという高いパワーを誇っています。

また、このエンジンに「8速デュアルトランスミッション」を組み合わせることで、加速やシフトチェンジなどで、高い敏捷性を発揮します。

さらに、ベントレーで初となる「エレクトロニック・オールホイール・ステアリング(AWS)」を採用しており、最小回転直径の改善することで、高いパフォーマンスを持ちながらも小回りの良さも兼ね揃えることを実現。さらにアクティブAWDやベントレーダイナミックライドと組み合わせることで、高いハンドリング性と乗り心地が実現可能となっています。

高いパワーと敏捷性、小回りといったグランドツーリングには欠かせない要素を併せ持った、グランドツアラーの名にふさわしい性能。

伝統を守りながらも現代的な逞しい佇まいのフロントマスク

フライングスパー2

エクステリアは、ベントレーの伝統を継承しながら新たな試みがされており、より逞しく新鮮な印象を与えています。例えば、フロントグリルは8 LITREに採用されているバーチカルベーンが大きく施され、より逞しい顔つきになっています。

全体的な印象としては、先代よりも「彫りの深い」デザインとなっています。ベントレージャパンのPRマネージャーである横倉氏の言葉をお借りすると「男性的な力強さと、女性的な繊細さが同居している」デザインとなっています。

サイドビューでは、新設計の「22インチ専用ホイール」が採用されているほか、ホイールベースが130mm長くなっています。

ベントレー フライングスパー

「フライングB」マスコットは1950年代にフライングスパーが復活して初めて採用されました。また100周年を迎えるベントレーは次の100年を見据えてデザインが一新されました。ウェルカムライトとキーレスエントリーに連動し、自動でせり上がる仕様になっています。

贅を尽くした快適な車内空間

フライングスパー3

インテリアでは、コンチネンタルGTより採用されたベントレーローテーションディスプレイが共通となって導入されています。新型フライングスパーではこれまでと違い、走行中でもウッドパネル面の設定が可能となっています。

ベントレー フライングスパー

また、ドアインサートには自動車業界初の「3Dテクスチャーダイヤモンドキルトレザー」が採用されているほか、新たなウッドパネルデザインやシートデザインが採用されています。

ベントレー フライングスパー

他にも、後席乗員のためのリモートコントロールタッチスクリーンや、パノラミックガラスサンルーフなどが採用されています。

モダンさと革新性が合わさり、ラグジュアリー感が演出されています。

第3世代フライングスパーは、あらゆる要素を融合させた魔法のようなグランドツアラー

フライングスパー1

ベントレーモーターズジャパンの代表であるティム・マッキンレイ氏は、以下のように話します。

「新型フライングスパーを一言で言い表すのであれば、『世界最先端のラグジュアリーグランドツーリングスポーツセダン』です」

高級感と走行性能が両立され、自らハンドルを握っても良し、後席でくつろぐのもよし、才色兼備なクルマとなっています。

メーカー希望小売価格は、税込み26,674,000円、予約は受け付けていますが、日本でのデリバリーは2020年第二四半期を予定しています。