ピンクと緑の冷却水。色によって違いはあるの?

冷却水

メンテナンスのチェック項目に入っている冷却水。正式名称をロングライフクーラント(LLC)といい、水冷エンジンの冷却に欠かせない重要な部品です。その冷却水には、ピンクや緑など色が付いていますが、色によって違いはあるのでしょうか?

文・赤井福

Chapter
冷却水に色がついている理由
ピンクや緑で違いはあるのか
LLCは水とは違うのか

冷却水に色がついている理由

LLCには「不凍・防錆・放熱」効果があり、いかなる環境でもエンジンを守るよう作られています。

LLCの重要な仕事は、エンジンの熱をラジエターまで運び、冷却するというもので、循環はウォーターポンプで行います。もしLLCが無かったり、ウォーターポンプが止まってしまうと、うまく循環がされず、エンジンはオーバーヒートを起こします。

LLCの減少は、通常経年によるものですが、ホースの亀裂などによっても液漏れを起こします。外部への液漏れは、車両下の液溜まりで発見できます。

その際、色が付いていることでエアコンが排出した水と簡単に区別が付きますし、リザーバータンクの液量チェックも容易にしています。ピンクや緑に着色されているのは、点検をしやすくするための工夫なのです。

ピンクや緑で違いはあるのか

多メーカーの車を乗り継いできた方は、LLCの色が数種類あるということはご存知かもしれません。

着色の理由は前述したとおりで、点検時に見やすければ良いだけであり、色によって冷却性能が変わるわけではありません。

しかしながら、LLCの補充をする場合には、入っているものと同じ色を入れるようにしましょう。ピンクに緑を混ぜると黒っぽい色になり、サビや汚れ、ウォーターポンプの不調、冷却水の劣化などの確認がしにくくなってしまいます。

<次のページに続く>
次ページ
LLCは水とは違うのか