なぜ現在はSOHCエンジンではなくDOHCエンジンなの?

SOHCエンジン L20ET

SOHCエンジンはDOHCエンジンに対して「劣っている」というイメージを抱かれがちです。実際、安価に作らなければならない軽自動車やリッターカーですらDOHCを採用しており、日本におけるSOHCはすっかり過去のものになってしまいました。どうしてSOHCは、淘汰されてしまったのでしょうか?

Chapter
SOHCエンジンとは?
「名ばかりのGT」と言われた時代も
なぜ現在はSOHCではなくDOHC?
SOHCに利点は無いのか?

SOHCエンジンとは?

シングル・オーバー・ヘッド・カムシャフト、それがSOHCの正式な名称です。単にOHCと呼ぶこともあります。

エンジンの吸排気バルブを開閉させる"カムシャフト"が、燃焼室の上に配置されている(=オーバーヘッド)形式で、DOHC(ダブル・オーバー・ヘッド・カムシャフト)になると、燃焼室の上に2本のカムシャフトを備えます。

かつてカムシャフトは、燃焼室の横(シリンダーブロック)に配置されており、長いプッシュロッドによって燃焼室の上にあるバルブを駆動していました。それがOHV(オーバーヘッドバルブ)という形式です。

そのカムシャフトを、燃焼室の上に配置したOHCは、プッシュロッドがなく、バルブ機構の慣性重量を減らすことができるため、1960年代以降の日本車に多く採用されてきました。

「名ばかりのGT」と言われた時代も

SOHCは、1本のカムシャフトで吸排気両方のバルブをロッカーアームを介して動かすため、高回転エンジンには向かないとされていました。そのためスポーツ用途のエンジンには、吸排気バルブそれぞれにカムシャフトが配置されたDOHCが採用されることが多かったのです。

その代表がトヨタで、1967年にデビューしたトヨタ 2000GTに、2.0L DOHCの3M型を搭載して以降、現在までDOHCエンジンを絶やしたことがありません。

1970年代中盤以降の低排出ガス・省燃費時代もDOHCエンジンを死守し、SOHCエンジンを搭載していた日産 スカイラインGTなどを「名ばかりのGTは道を開ける」というキャッチコピーで挑発しました。

それほど高性能エンジンのイメージが強かったDOHCエンジン、近年ではほとんどのエンジンがDOHCを採用していると言っても過言ではありません。

<次のページに続く>
次ページ
なぜ現在はSOHCではなくDOHC?