中国で一番売れている日本車「日産 シルフィ」のEV車が北京で世界初公開

一時期の勢いは沈静化された感があるものの、モータリゼーション真っ只中の中国では、1年間に約2,890万台の新車(4輪車)が販売されています。これは日本の約5倍。そのなかで、もっとも売れている日本車が「日産 シルフィ(東風日産 軒逸)」です。そのシルフィの純電車(中国語で、純粋な電気自動車の意味)が発表され、話題を集めています。

文・加藤久美子

Chapter
日産シルフィEVとはどんな車?
中国では国家政策でEVが急増中?
中国市場でのシルフィ。その人気の理由は?

日産シルフィEVとはどんな車?

北京モーターショーでワールドプレミアとなった日産 シルフィのEVモデルが「シルフィ ゼロ・エミッション」です。

世界でもっとも販売台数の多い電気自動車「日産 リーフ」の技術およびプラットフォームを活用して、中国・花都工場で生産されるシルフィ ゼロ・エミッションは、日産ブランド初の中国市場向け量産EVとして、2018年秋以降の発売が予定されています。

ちなみに、日本で販売されるシルフィは中国工場で生産された部品を輸入して、神奈川県の追浜工場で組み立てるという逆ノックダウン方式で生産されています。

リーフの技術を活用したシルフィ ゼロ・エミッションの、一充電あたりの航続距離(中国基準)は338km。急速充電も可能です。

さらに本来の持ち味である広い室内とプレミアムな快適性、車線逸脱警報(LDW)、インテリジェント エマージェンシーブレーキ、後退時車両検知警報(RCTA)、後側方車両検知警報(BSW)といった、数々の先進技術を採用しています。

シルフィ ゼロ・エミッション 画像ギャラリー

次ページ
中国では国家政策でEVが急増中?