F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1+ vol.13 マクラーレンと日本の相性

2016年のF1開幕を間近に控えた3月9日、カルソニックカンセイはマクラーレン・ホンダと複数年にわたるオフィシャルサプライヤー契約を結んだと発表した。同社はラジエーターをはじめとする熱交換器のスペシャリストと言ってよく、他に内装やコンプレッサー、空調に電子、排気と自動車部品を幅広く手がけている。日産自動車の連結子会社ではあるが、国内外の主要な自動車メーカーと取り引きがあり、グローバルに活躍するサプライヤーだ。

text:世良耕太 [aheadアーカイブス vol.161 2016年4月号]

Chapter
vol.13 マクラーレンと日本の相性

vol.13 マクラーレンと日本の相性

レンの付き合いは今に始まったわけではない。両者の付き合いは’92年までさかのぼることができる(当時の社名はカルソニック。’00年より現社名)。

’92年といえばホンダの第2期F1参戦活動の最終年にあたり、3.5L・V12エンジンを搭載したマクラーレンMP4/7を、セナとベルガーのコンビが操っていた年だ。カルソニックカンセイは以来25シーズンにわたって、マクラーレンに熱交換器を供給している。

しかし、これまでは供給する側とされる側のドライな関係だった。複数年のオフィシャルサプライヤー契約を結んだ’16年以降は、開発の初期段階からひとつのチームになって、車体に合った高性能な熱交換器を開発していくことになる。より密接な関係になるということだ。

熱交換器というとエンジンの付属品というイメージがあるが、F1では熱交換器の設計は車体側、すなわちチームが担当するのが慣例となっている。

だから、カルソニックカンセイが直接ホンダとやりとりすることはなく、やりとりを行う相手はあくまでもマクラーレンだ。ただし、「ホンダさんとの信頼関係が向上し、量産ビジネスの拡大につながっていくことを期待している」と、森谷弘史社長は述べている。

ところで、マクラーレンは3月8日にJVCケンウッドとのパートナーシップ延長を発表したばかりだ。ケンウッドは’91年からマクラーレンに無線システムを供給しており、両者の関係は25周年を迎える。

ブレーキシステムは曙ブレーキ工業製、ホイールはエンケイ製で、部品製造はヤマザキマザック製精密機械加工機の力を借りている。日本の企業、日本の技術との関係が深い。その理由をマクラーレン・レーシングのJ・クーパー氏は次のように語った。

「日本の技術は素晴らしいが、理由はそれだけではない。日本人の人間性はイギリス人と合っているようで、だから日本人と一緒に仕事をするのが楽しいんだ。そうでなければ、7社もの日本企業と一緒に仕事をすることにはならなかっただろう」

勝つために戦っているのだから、最優先されるのは技術力だ。だが、それだけでマクラーレンと日本の企業が親密になったわけではない。お互いの人間性、あるいは企業姿勢を認め合っているからこそ、高みを目指す開発が継続できるのだ。

--------------------------------------
text:世良耕太/Kota Sera
F1ジャーナリスト/ライター&エディター。出版社勤務後、独立。F1やWEC(世界耐久選手権)を中心としたモータースポーツ、および量産車の技術面を中心に取材・編集・執筆活動を行う。近編著に『F1機械工学大全』『モータースポーツのテクノロジー2016-2017』(ともに三栄書房)、『図解自動車エンジンの技術』(ナツメ社)など。http://serakota.blog.so-net.ne.jp/