ガラスコーティングやポリマーコーティングなど…コーティングにはどんな種類があるの?

ポリマー系コーティング

ポリマーとは高分子の有機化合物のこと。自動車用のコーティングでは、フッ素やシリコンを含む合成樹脂を含む高分子化合物の溶液を塗装表面に塗ることで被膜を形成します。これにより汚れなどから塗装を保護しますが、油で被膜をつくるワックスに比べて撥水性や耐久性に優れているのが特徴です。

また、細かなキズも目立たなくなり、十分な光沢が得られるのもメリット。一方、ワックスには勝りますが、効果の持続期間は半年から1年程度が目安となります。2万円前後から施工が可能となっており、その手軽さから多くのユーザーから支持を集めています。

ガラス系コーティング

ユナイト様 コーティング

最近、よく耳にするガラス系コーティング。プロ施工のコーティングでは、その効果もあって主力メニューになりつつあります。

さて、私たちが目にする普通のガラスといえば、主成分といえばケイ酸(SiO2)で、加熱溶融して製造するのが一般的です。となると、自動車用のガラスコーティングは、名ばかりなの?と思われるかもしれませんが、それは間違いです。

近年ではゾル・ゲル法という、原料を溶液に溶かして化合物を生成する方法が確立されており、セラミックスやガラスの合成や製造にも使われています。このゾル・ゲル法は常温・常圧でもガラスの形成が可能で、自動車用のガラスコーティングはこの応用、というわけです。

ユナイト様 コーティング

ガラスコーティングには水をはじく「撥水」、水になじみゆっくり流れ落ちる「親水」、水が流れ落ちる「滑水」と、様々な特性のものがありますが、これもゾル・ゲル法によるメリット。混ぜ合わせる添加物により異なる特性のガラス被膜を作ることが可能になったからなのです。

ユナイト様 コーティング

また、ガラスコーティングの特徴といえば強固な保護膜だけでなく、ツヤと光沢を備えた輝きでしょう。さらに、3年から5年という効果の持続期間もワックスや従来のコーティングを大きく凌ぎます。

ユナイト様 コーティング

では、デメリットはないのか、と言われれば、施工時間が掛かることや施工料金が割高になることが挙げられます。たしかに4万円前後から15万円を超えるものまでと、安くはありませんが、圧倒的ともいえる保護効果から高級車を中心にユーザーも急速に増えているようです。

ともあれ、クルマの保管環境や利用状況にあわせたコーティングが選べるようになったのは間違いないようです。施工に際しては、こうした特長を踏まえつつ、しっかり相談にのってくれる専門店にお願いしましょう!

『CarMe[カーミー]を見た!』でスペシャルプレゼント!

お問い合わせ時に『CarMe[カーミー]を見た!』とお伝えいただければ、下記の何れか1つプレゼントいたします!
①ウィンドウ撥水コーティング(20,000円相当)
②ホイールコーティング(17,500円相当)
③ヘッドライトコーティング(15,000円相当)

関連キーワード

この記事をシェアする