クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

まだ間に合う冬支度、欧州で鍛えられたピレリの冬タイヤとは?

不意の凍結、週末のリゾート、都市部の冬はこれから!

ピレリ ICE A︎IMME︎IC︎ (アイス・アシンメトリコ) (PR)

すでに冬対策が必要な地域ならともかく、それ以外の地域では、冬タイヤへの交換はこれからという人も少なくないはず。中には、年末年始の歳末セールや初売りやでスタッドレスタイヤの購入を目論んでいる人もいるかもしれません。

そこで、おすすめしたいタイヤが、F1世界選手権のタイヤサプライヤーとしても有名なタイヤメーカー、ピレリのスタッドレス『PIRELLI ICE ASIMMETRICO (ピレリ・アイス・アシンメトリコ)』です。

2014年に発売、以来好評を得ているICE ASIMMETRICOは、今年、適合サイズが拡充されました。

雪道やアイスバーンで不慣れなユーザーが少しでも安全に走れるよう、工夫を凝らした設計をご紹介します。

急な氷雪路面にも対応!「ソフトコアブロック」

PIRELLI ICE ASIMMETRICO

冷え込んだ夜の急な降雪で、翌朝凍り付いた路面は怖いもの。

また昼間に日が差さない場所で、急に氷雪路面(アイスバーン)が出て驚く事もあります。

そこで頼りになるのが、ICE ASIMMETRICOに採用される「ソフトコアブロック」。

凍結路面で均一な接地面を維持することで、滑りやすい路面にしっかり食い込み、ドライ路面から氷雪路面への変化にも対応します!

雪上カーブで接地面積を拡大する「3Dバタフライサイプ」

PIRELLI ICE ASIMMETRICO

まっすぐ走るだけでも怖いのに、積雪路面のカーブなどヒヤヒヤものではありませんか?

そこでタイヤに踏ん張りを利かせてくれるのが「3Dバタフライサイプ」。

3D形状の細溝がブロックの交互作用を増し、タイヤエッジ部の接地圧を高めて接地面積を拡大させる事で、カーブでのコントロール性を高めています。

次のシーズンも性能キープ!「デュラ・フレキシィコンパウンド」

ピレリ ICE A︎IMME︎IC︎ (アイス・アシンメトリコ) (PR)

せっかく買ったスタッドレスですから、できれば次のシーズンも使いたいもの。

スタッドレスタイヤとしての性能保持力は、スタッドレス選びの重要ポイントでもありますが、ピレリ自慢のポイントが「デュラ・フレキシィコンパウンド」です。

極限条件での持続性能を高めたゴムにより柔軟性を保持する事で、タイヤ寿命を通じて氷上性能をキープしてくれます。

ピレリならではの、スポーツ性を保つアシンメトリックパターン

ピレリ ICE A︎IMME︎IC︎ (アイス・アシンメトリコ) (PR)

もちろん、スタッドレスタイヤとしての性能を重視するあまり、ピレリタイヤならではのスポーティさを無視してはいけません。

「アシンメトリックパターン」という非対称パターンにより、ドライとウェット双方の路面で接地を最適化、ハンドリング性能を向上。

必要に応じて接地形状を調整する進化形状「エヴォキャピティ」により、走行時の静粛性と快適性もアップしています。

不意の降雪にも安心な「インスタントグリップ」

ピレリ ICE A︎IMME︎IC︎ (アイス・アシンメトリコ) (PR)

もちろん、ICE ASIMMETRICOに履き替えたからといって、すぐに雪が降るわけではありません。

しかし、その時は突然やってくるものです。

不意の降雪、積雪でも、特別設計の浅溝サイプによる「インスタントグリップ」で使用初期から発揮する強力なエッジ効果は、まだ雪に不慣れなユーザーの強い味方になってくれるでしょう。

PIRELLI ICE ASIMMETRICO

そして3つのエッジポケットが、タイヤと雪の間でラック&ピニオン作用を創出する「スノートラップ」で、雪上での安心感を与えてくれます。

まさにこれから冬支度をする都市部ユーザーに最適!

ピレリ ICE A︎IMME︎IC︎ (アイス・アシンメトリコ) (PR)

雪上・氷上走行に不慣れなユーザーに安心感を与えてくれて、雪道を走る機会が少なくとも長持ちしてくれる最新スタッドレス。

それがピレリの『ICE ASIMMETRICO(アイス・アシンメトリコ)』です。

これからカー用品店に出かける、スタッドレスの購入を考えているという方は、ぜひとも適合サイズ情報など詳細をチェックしてみてください!

この記事をシェアする