クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

クラウンやシビックに搭載…ダブルウィッシュボーン式サスペンションは何が良かったのか?

F1では常識のダブルウィッシュボーン

上下二本のサスペンションアームによって構成されているダブルウィッシュボーンサスペンションは、前から見ると平行四辺形を描いていて、上下にストロークするときにタイヤの角度があまり変化しない、路面に対して垂直を保ちやすいという特性がまず挙げられると思います。

多くのレーシングカーやF1マシーンが採用していることでも、この形式のサスペンションが理想に近いものであることは明白です。また、横方向からの入力、Gに強く剛性が保てたり、ダンパーやスプリングはステアリング機構や剛性担保といった要件を必要としなくなるためそのレイアウトの自由度も高まるといわれています。

しかし、そのかわり、部品点数が多くなることは避けられず、また十全にその性能を満たすだけのものを構築しようとするとどうしてもスペースを必要とする傾向があり、こうしたあたりがデメリットでしょうか。

F1のような長い長いサスペンションアームを市販車で、というのは少し難しいものがあります。ただ、性質的にロードホールディングに優れ、しなやかにストロークする傾向のあるこのダブルウィッシュボーンは、市販車においてはやや贅沢な仕組みといっていいはずです。

そんな中でもダブルウィッシュボーンサスペンションを採用した例は数多あり、市販車における実績も充分にあります。今回はそれらいくつかの例を見てみたいと思います。

次ページシビックがダブルウィッシュボーンを使った意外な理由とは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事