マツダRX-7はこうして発展した!発売から絶版までの歴史まとめ

1978年「サバンナ」の後継車としてマツダ「RX-7」が登場!

RX-7の初代は、マツダ「サバンナ GT」(輸出名:RX-3)の後継車として登場しました。

海外では「プアマンズ・ポルシェ(お金の無い人がポルシェの代わりに買うクルマ)」と揶揄される事もありましたが、スーパーカー・ブーム真っ最中であった日本国内では大人気!「12A」型のロータリーエンジンを搭載し、最高出力130馬力を発揮。車両重量も1020キロと圧倒的に軽く、スポーツカーの名に恥じない加速をもたらしました。

当時、石油ショックの影響で厳しい排ガス規制がかかっていたのにも関わらず、本格的かつリーゾナブルなスポーツカーとして世に受け入れられました。

リトラクタブル式ヘッドライトの採用

リトラクタブルヘッドライト

RX-7はトヨタ 2000GT以来の、国内量産車初のリトラクタブル式ヘッドライトを採用し、注目を浴びます。

これによってヘッドライトの最低地上高基準を守りながらも、車体前方の高さを下げ空気抵抗を減少させる事ができるので、より軽快な走りを実現させました。

2代目 FC3S型(1985年-1991年)

2代目は1985年に登場!初代と同じ2ドアクーペのボディを維持しながらも、全幅を拡大、全長を縮小。

エンジンがインタークーラーつきターボ13B型になり、フロントブレーキには国産車初の対向4ピストンのアルミキャリパーが採用されました。最高出力は前期型で185馬力、後期型で205馬力にまで高められ、リアルスポーツと呼ぶにふさわしいパフォーマンスに!

それは自動車雑誌等でポルシェ944と比較される程でした。また1987年に、ロータリーエンジン生誕20周年を記念して誕生したカブリオレモデルも有名です。

3代目 FD3S型(1991年-2002年)

そして、最終モデルとなる3代目が1991年に登場!「スポーツカーの原点回帰」を目標に掲げ、100kg以上もの軽量化を実現しました。デザインは「野獣の肢体の美しさ」をコンセプトに設計。生命感のあるグラマラスなデザインへと変わりました。

馬力は50馬力ものパワーアップを実現しマツダの不断の努力の成果を見せつけますが、2002年、新しく制定された排ガス規制等の影響により販売を停止。その歴史に幕を閉じる事となりました。

いかがでしたか?

現在、スカイアクティブ技術や魂動デザインで勢いが止まらないマツダ!RX-7は、販売が中止した今でも、モータースポーツ界では数多くのRX-7が活躍しており、 復活を熱望する声は絶えていません。

これからもその勢いを止めることなく突き進んでいってほしいですね!

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事