ビートルとミニは長い歴史でどう変わった?

多くの大衆車のランドマークとなった“カブト虫”

Volkswagen beetle タイプ1

未だに自動車ファンの心を魅了してやまない、フォルクスワーゲン・ビートル。初代ビートルの正式名は「フォルクスワーゲン・タイプ1」でした。ポルシェの創業者であるフェルディナント・ポルシェ博士が開発した名車です。

このクルマが生まれたドイツは、まだ第一次世界大戦の敗戦を引き摺っていた難しい時代でした。時の治政者であるアドルフ・ヒトラー首相は国民の生活向上をスローガンに掲げ、1家族1台のクルマ生活というのもマニフェストのひとつでした。これにポルシェ博士の大衆車構想が合致し、生まれたのがタイプ1だったのです。フォルクスワーゲンとはドイツ語で“大衆車”。つまり、このクルマは大衆車1号というわけです。

しかし、タイプ1は第二次世界大戦の勃発により、実際にはモータリゼイションに寄与することはありませんでした。一部の特権階級への供給や軍用車に転用されただけで、本当に大衆車になったのは戦後のことです。

1945年にイギリス人主導で大量生産が本格化し、50年代に入ると米国など世界に輸出。瞬く間にタイプ1は成功をおさめ、コンパクトなのに室内は広く、燃費がいいクルマとして世界で愛されました。カタチがカブト虫に似ているということから、“ビートル”の愛称で親しまれまれたのです。

タイプ1は2003年にメキシコで最終車が造られましたが、2,153万台生産という偉業を達成して、そのモデルライフを終えました。名車の誉れ高いこのクルマも、21世紀のクルマに求められる安全性能や環境性能を満たすことができなかったのです。

タイプ1と同じメキシコのVW工場で、1998年に生産を開始されたのが「ニュービートル(2代目)」です。このモデルは、当時のゴルフⅣと同じプラットフォームを使って設計されました。先代のデザインを色濃く残し、現代のデザインヘリテイジのムーヴメントを牽引したクルマでもありました。

ただし、もともとRR(リアエンジンリアドライブ)だったタイプ1のデザインをFF車に無理矢理押し込んでしまったため、様々なところに弊害が出てしまったのです。空力性が悪いのも、ニュービートルの弱点でした。さらに燃費性能や安全性の面で、急激に進む変化に対応しきれず、結局2010年で生産が打ち切られました。

その後を継いだのが2011年に登場した3代目の「ザ・ビートル」です。3代目は先代の様々な弱点を改善すべく、ボディをサイズアップ。一方で空力性能を改善したために全高が低くなり、ビートルでありながらビートルでないというフォルムが賛否両論を呼びました。

ただし中身は「21世紀のビートル」を標榜しただけあって、完成度が高いものでした。まあビートルだし…という割り切りはなく、他のVWラインナップにひけを取らない現代的なドライブフィールを実現しています。

パワーユニットはターボエンジンの他、優れた環境性能のブルーモーション・テクノロジー・エンジンも搭載。安全装備ではVWオールイン・セーフティを採用しており、先代よりも格段に安全性が進化しています。

次ページ英国を救った小さな名車

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives