日産 フロンティアも日本上陸なるか!? トヨタと日産のピックアップ事情

新型ハイラックスの納期は半年待ち!

トヨタ ハイラックス 2017

2017年9月、トヨタはハイラックスを13年ぶりに日本導入しました。1ナンバーの大型ピックアップでありながら人気は高く、2017年10月現在、東京地区のトヨタ店では納車まで4~5ヶ月待ちとのこと。

納車までを詳しく説明すると、受注後にオーダーをタイの工場に流し、そこから生産、輸出、そして入管手続きを経て、各販社に届けられるまでが4ヶ月。その後、納車準備に入るので、最終的に5ヶ月程度を見込んでいるそうです。いまから頼んでも、今冬には間に合わず、納車は2018年3月末ごろの予定です。

さらに輸入車のため、各都道府県の販社に割当台数がすでに決まっており、比較的納期が速いとされる東京地区で4~5ヶ月待ちなので、地方での納期はさらに長期化することが予想されます。

新型ハイラックスの人気の秘密は?

新型ハイラックスの人気の秘密を、考えてみました。

第1に、個性的な車両であること。ピックアップはレジャー、農林、建築など、用途が限定されます。それでも日本では十年以上途絶えていたピックアップは、個性的です。

第2に、威風堂々たるサイズ。大柄で狭い道路での取り回しには苦労しそうですが、そんな弱点を補って余りあるスタイルに魅了される方も多いでしょう。

第3に、経済性の高さ。1ナンバーなので毎年車検ですが、最大積載量が500kgのため、自動車税が格安です。また毎年車検を受けるということは、故障も深刻になる前に発見しやすく、修理代金も抑えられる可能性があります。さらにディーゼルエンジンなので、燃料費も格安です。

第4に、ピックアップユーザーの代替需要。先代ハイラックスは2004年に販売終了しているので、今年で13年目。ちょうど自動車税が高くなる時期です。そんな絶好のタイミングで再導入された新型ハイラックスに、飛びついたユーザーも多いことでしょう。

この人気市場に、他社が参入しないとは思えません。

次ページまるで双子!トヨタと日産のピックアップ事情

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事