上海ベンチャー企業によって作られた世界最速レベルのEVスーパーカー「NIO EP9」とはどんな車?

意外な業種が自動車産業に参入中

NVIDIA トヨタ 提携

2017年5月、トヨタ自動車は、PC用グラフィックチップの開発で有名な米エヌビディア社と提携し、自社製AIの開発に向けて拍車をかけることを発表しました。

AIを搭載する自動車開発の先に見えるものは、自動制御運転であり、動力源はモーターとなる公算が大きいと考えられています。従来なら自動車産業にはさほど縁がなかった産業が、EV車開発には数多く進出しているのです。またEV車開発は既存の巨大自動車メーカーだけでなく、日本のGLM社のようなベンチャー企業も参入しやすい分野でもあります。

この動きは世界中で起きており、お隣中国の上海に本拠地を構えるベンチャー企業NextEV社からは、とてつもなく高性能なEVスーパーカーが発表されています。

次ページ世界最速レベルのEVスーパーカー「NIO EP9」とは?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事